カテゴリー

ゲーム関係  書評アニメ評  思想と学問  二次創作ブツ  ガジェット類

新着記事

ゲーム関係 | ページ 36 | ゲヲログ2.0

ゲーム関係一覧

Steamにおける『職場での閲覧は適さない(Not Safe For Work)ゲーム』の統計量調査

あたし自身はSteam上でも18禁もの・とくにそういったゲームにはあまり興味がなく、やる機会もほぼない大昔にカグラだけは買った覚えがあるwのだけれども、統計上の問題は気になった。 というわけで、データセットをKaggleから拝借し、その統計量を確認してみたいと思う。これらのゲームは『職場での閲覧に適さない(Not Safe For...

記事を読む

RTSが”オワコン”化した単純な理由

ここ数年間RTSが日の目を見てない。 「Company of Heroes」シリーズの最新作”2”がリリースされたが、かのシリーズの評判、むしろ悪くなったり、日本人の間での定期大会が開かれなくなったりしてる。名作「StarCraft」の開発元Blizzard Entertainmentですら、評判は最近になり決して高いもの...

記事を読む

傑作デジボ冒険型ローグライト「Curious Expedition 2」日本語対応へ

そもそも、前作「Curious Expedition」はかなり評価の高いゲームだった。探検・探知・協力・裏切り・SAN値、様々なボドゲストーリー要素をまとめ、ローグライトのエッセンスに工夫を凝らし続け、磨きに磨きをかけた、新しいジャンルのゲームといっても過言じゃなかった。その最たる完成度を誇るテクストは、まるでひとつの小説を追っ...

記事を読む

続:ゲームの進化は止まるか?

綾野純がゲヲログ2.0で言うように、ゲームの進化が止まるかどうかがシュンペーター的な論理に当てはまるかどうかは俺にはわからん。『逆説』の通り、レトリックで新規参入を認めればイノベーションが起こりやすくなるとも思えん。思うにこの「ゲームの進化が止まった論」っていうのはいくつかの事例が考えられると思う...そのうちで一番近い比喩・た...

記事を読む

伝説のフリゲ「奇譚イワナガ」の制作者、様々な試みを念頭にサークル「虚ろ船」をリブート(再起動)!

伝説のフリゲ作者である、ばすたー氏(現:蓮田氏)がComebackしてるぞ! 「奇譚イワナガ」といえば、日本のフリゲ業界が良作群雄割拠だった時代、名作フリゲ中伝説級ともいえるカルト的な人気を誇ったゲーム。最近、ばすたー氏は”蓮田”と名前を変えリブート、新作ゲームを制作していると聞いた。同作といえば、フリゲ厨で知らないならモ...

記事を読む

Civ6 EpicGamesStore(EGS)版でSteam版MODを使う方法

Gamerantがこの度、EGSでCiv6がフリー配布された様子をたどりながら「ESGにおけるCiv6にどのようにSteam版MODを対応させるか?」その方法を解説している。この記事を参考にしながら、EGSプラットフォーム上のCiv6において、同ゲームSteam向けのMODを適用する方法を解説しよう。 まず... ①...

記事を読む

ゲームのサーバー運営でLinuxの操作を学ぶ

ゲームのサーバーを運営することはそれなり勉強になる。このケースだと、すでに周知のとおり、Windows ServerかLinuxのディストリビューションどちらかをとることになるだろう。前者でも後者でも、サーバーの勉強になる。特にLinuxはUNIXベースのCUIであり、「Linuxを本格的に学びたい」のであれば、GUI付きのデスクトップL...

記事を読む

ExcelだけでSteamハードウェア統計分析を行う【使用言語編】

例によって、ここ五年間分のデータを分析してみた。これからわかること(※なお、スペイン語は地域別に分類されてることがあったのでそれは考慮してない、中国語における簡体字と繫体字とのつながりも簡体字しか考慮してないのでご注意ください...)。 ・Steam最大の世界共通の言語は大概いつの時代でも「英語」 ・次いで、ロシア語・中国語(簡体...

記事を読む

ExcelだけでSteamハードウェア統計分析を行う【RAM量編】

上図は、Steam Surveyの過去データからSteamerのRAM量推移をプロットしたものだ。これをみてわかったことがある。 ・RAM量は時代とともに増加の傾向にある ・4GBの時代は五年前にすでに終わっていた ・そのころから12GB以上が増加傾向にあり、近年、パワフルマシンを駆使するプレイヤーが多くなっていることが推定され...

記事を読む

1 33 34 35 36 37