Steamゲームレビュー「Orbital Bullet」~周回型2.5Dシューター | ゲヲログ2.0

Steamゲームレビュー「Orbital Bullet」~周回型2.5Dシューター

Orbital Bullet is a fast-paced 360° action platformer where all actions take place in a circular pattern. Kill – Die – Modify. Snipe enemies in ways you haven’t experienced before but be aware that you can blow yourself up!

360°回遊型ファストペース2.5Dアクションプラットフォーマー「Orbital Bullet」。未だ到達していないゲームプレイの境地において相手を射撃し…

―戦い、勝ち、改造せよ。

※アイキャッチ画像・文章IGNより
特殊な次元設計

本作、「Orbital Bullet」は2.5Dローグライトシューターである。このゲーム、横に移動・縦にジャンプできるほか周回の軸が横軸と重なり合っていて、2.5Dという特殊な次元のシューターになっている。どういうこっちゃ?というかたに、一番いい解説となるのは、ずばり”動画☆ミ”だ。というわけで、オフィシャルゲームプレイをご覧ください。

Doom/Quakeに近めのスピード性

どちらかといえば「Orbital Bullet」は、Doom/Quakeに似ているスピードシューターといった感じに仕上がっている。フィールドを行き来して、敵の攻撃を避けながらスピードに乗ってガンガン撃ちまくる…ゲームプレイの中で、武器をそろえ、多層に実装されている種々の能力をアップグレードする、基本に忠実なローグライトといえる。だが、上手い具合に特殊な2.5Dフィールドが実装されているので、スピード感あるシューターにありがちな単調さってものがなきなき。もちろん、ローグライトだから、基本的にやられたらおしまい。だけれども、アップグレード要素がかなり強く色濃くあり、周回プレイが苦にならない設計。ちょっとこの辺りは込み入っているが、参考までに解説しよう。

ローグライト要素

まず、クラスが4つ(以上あるのかな?)。それぞれがバランス・攻撃などに特化していて、長所を生かして戦うローグライトにありがちなおなじみのシステム。けんども、本作の場合これだけじゃない。ゲーム内でスキルツリーの感覚で能力を割り振っていくステータス強化要素があるほか、それとは別にゲーム開始時に割り振れる基礎能力のステータス強化要素もある(実はクラスごとに割り振れるステータス強化要素もある)。つまりステータス強化要素のツリーは主に二重三重に実装されているといっていい。また、ゲーム内ではショップもあり、このショップで得た通貨を使用して、武器買ったりアイテム買ったりできる。どっこい、まだこれだけで終わらない。本作には武器のアンロックやアップグレードシステムもこれらとは別個にあるのだ。

まとめ

まとめると、基盤システムが多重に気を利かせているのに加えて、周回型の2.5Dという特殊なシューターであることが最大ん肝だろうな。ボスも十種類ぐらい実装されてるかな?手軽にできて本格派なゲームだが、同時にやりこみ要素強いローグライト、という特徴を持っているイイトコドリのタイトルだ。工夫が随所に仕込まれているので、飽きるのはかなり遅め。今現在のところ、EA中であり、まだまだコンテンツが増えるようなので、買ってどうぞ。