期待の2DローグライトACTSTG「Critadel」~ 「クリタデル:機械仕掛けの塔」足りない脳みそ捻って頑張って概要紹介・レビューしてみる | ゲヲログ2.0

期待の2DローグライトACTSTG「Critadel」~ 「クリタデル:機械仕掛けの塔」足りない脳みそ捻って頑張って概要紹介・レビューしてみる

既にSteam版(日本語有)や海外向けSwitchストアにポーティングされているタイトルだが、足りない頭を捻り頑張りに頑張りつくしてレビューしてみよう。特にどこを工夫してきたのか?どこが独創的なのか?について紙面を割く。なお、12月になれば邦語版としてDL配信されるらしい。邦語化名は「クリタデル:機械仕掛けの塔」

すとーりー

なんか”バベル”とかいう塔に占拠した新興宗教団体が兵士を支配して周辺を蹂躙してるらしい。その支配から仲間たちを救うため、今、三人の少女たち、ノックス/アリーシュ/アリスが銃を持ち、立ち上がった…

しすてむ

オーソドックスな2DローグライトACTSTG。「Enter the Gungeon」の亜種「Exit the Gungeon」のやりたかったことをすべてやりつくしたゲームとの評有。ほかにもローグライト系「Metal Slug」との評も有りなようで、まさしくその通りだとレビューさせていただく。リプレイ性の高いローグライト版メタスラと言ってしまえば、システムの全容はこれだけで明確である。ゲームデヴェロッピングでやりたかったこともプレイヤーにやらせたいこともかなりクッキリとしたコントラストで描かれているのが特徴。

基本、武器拾って集めていくっていう形なんだけど。その武器に備え付けられる”パーツ”があって、さらに基本ステータス上昇のための”アーティファクト”がある。双方ともにローグライトゲーおなじみのとおり、バフっていく形なので、身長に吟味して装備していくことが求められる。んで、武器には耐久性というステータスがある。このステータス残高が0(ゼロ)になるとその装備は修理するまで使えない。マップ上特定のポイントで修理したり、上述のバフ系システムをうまく加味したりして、やりくりしていく。はじめはこのシステムダメに思えるけど、ちょっとプレイしてると、やっぱ必要なアクセントやと思ったわし。

システムの根幹はこんなもんかな。

くふうしてきたところ

ローグライトって言ってもまぁ工夫してきたところがいっぱいあるわね。まず、ドッジロールが出来る点。タイミング良く敵弾に”合わせる”とバレットタイムみたいになって、エフェクトが出る。これが簡単で、単に広く設定されたタイミング期間に合わせるだけでできるので、俺つえーみたいなエフェクトの効果有。ステージを進めば進むほど苛烈になる敵弾幕を上手い具合かいくぐるのに必要なシステムだね。また、これがでかい当たり判定のキャラを上手い具合に活かす重要な役割を担っているといえる。

あと壁とか障害物を使って、うまく敵弾から避ける要素もあると見た。オブジェクトを上手く使って、上下左右に比較的広めに広がっているフィールドをこなしていき、部屋部屋の敵を全滅させる。すると、次のエリアが開かれるんだけど…(これまたローグライトにおなじみな光景)そのエリアの攻略法にいろいろある。例えば、途中のショップのマーク・表札が掲げられてるところに入ればそのとおりショップに入れるし、いろんな特殊オブジェクトやアンロック条件のある要素要素にアクセスできるって感じかな。んで本拠地でそれらをうまくマネジメントしていって、攻略の段取りをつけていくっていう風になっている。

オブジェクトは、100種(ぐらいか?)以上ある武器にと組み合って補完し合う関係。例えば、持ってる武器を解体したり、あるいは融合させたりってことも、オブジェクトをアンロックしたうえでできるみたい。ファストトラベルみたいな要素(なお、エレベーター移動という設定)もある。サーカス団員みたいなランダムバフの部屋まである。これらはクリスタルを集めることや特定の宝石みたいなグリーンのオブジェを集め、使用することでアンロックもしくは使用できるようなる…といった感じ。

さらに、手りゅう弾もあったな。こいつはけっこう強烈な武器になってくれるがあまり多くは持てない(マップ上で補給可能)。んで、プレイアブルキャラクターは冒頭に書いたように三人。でも最初は一人しか使えない。アンロックの要素はここまで多彩にあるんで、お値段相当にしっかりやりこみができる風味に仕上がったといえよう。

ぐらふぃっくす

ドット絵で描かれたグラフィックスはガチで素晴らしいの一言。粗がない。神の領域、もうそれだけですべてが表されている。兵士の描き方とかロボットの描きこみとか…ドット絵担当職人は神、マジで神…。もう二の語はない。

ろーからいず

残念だけどちょいおかしい日本語がSteam版ではある。例えば、”Full”アイテムが”フール”になってたり、もうちょいここら解決すべき課題かな。でもNicalisがバックについてて、Switch国内版配信が12月にされるらしいから、このあたりのローカライズは劇的に今後改善するだろうね。

まとめ

総評すると、完成度は極めて高い。メインの軸にいくつも斬新な要素を付け足したとはいえ、全体としてコンパクトにまとまってて、プレイしたすいやりやすいと来たもんだ。グラが最強クラスのドット絵なのもシステム統合の味覚として貢献度が高いと思った。

「Exit the Gungeon」がポシャッたから、そっち方面の横スクロールローグライトACTSTGを探しているのであれば、これが現段階で最強最良の選択肢だと思われる。賛否両論ある武器の損傷システムだが前述したように必要な要素だとあたしは思った。んで意外にも言及してるメディアがほぼなかったけど「Metal Slug」ファンにも太鼓判を持ってお勧めできる作品になってるよ。ミスなしで進めれば、リワードがゲーム内であるし、当たり判定がらみのところもメタスラに似ている面がある。メタスラ新作まで待てない!&ローグライトが嫌いじゃない!&きれいなドット絵が大好物!というプレイヤーにはかなりお勧めできると思う。

『忘れ物を取りに来た、2DローグライトACTSTGといった感じかな。マストバイ!☆ミ

※アイキャッチ画像はIGNより引用させていただきました。