横スクロール式ローグライトACT「Skul: The Hero Slayer」 【強いスカルTierリスト】 | ゲヲログ2.0

横スクロール式ローグライトACT「Skul: The Hero Slayer」 【強いスカルTierリスト】

TierMakerで作られた12ものリストを累計した結果が同サイトで公開されている。主要なものを日本語表記で並べてみた(TierMaker)。なお、かっこ内はそれぞれ B:バランス S:スピード P:パワー それぞれのタイプを表すのに加え、 逆\( / ) 後のふたつめの表記はそれぞれ L:レジェンダリー U:ユニーク R:レア C:コモン N:ノーマル を表す。

【ランクS】グリムリーパー(B/L)・アークリッチ(B/L)・囚人(S/U)・ロックスター(S/R)

【ランクA】大魔導士(B/U)・バーサーカー(P/U)・氷河のスカル(B/R)・ダークパラディン(B/U)・略奪者(P/U)・サムライ(S/U)・リトルボーン(B/N)・錬金術師(B/R)・忍者(S/U)・ライダー(S/R)・ファイター(S/L)・ウェアウルフ(S/C)・こそ泥(S/C)

【ランクB】リビングアーマー(P/U)・スケルトン槍(S/C)・ピエロ(S/R)・スケルトン剣(B/C)・ジン(P/R)・ミイラ(B/C)・アクアスカル(P/R)

【ランクC】カーリアン新兵(B/C)・夜叉(P/L)・グール(P/R)・ハンター(B/R)・エントスカル(P/C)・ガーゴイル(B/C)・スケルトン盾(B/C)

【ランクD】スケルトン爆弾兵(S/R)・ミノタウロス(P/R)・ウォーリアー(P/R)

【個人的な考え方】

上位に L U R の高級なものが軒並み並んでいて、C のこそ泥/ウェアウルフなどは納得がいく強さ。俯瞰してトントンふつーにプレイしている感覚で見るとゲーム内でも見にくいランクの L U R のスカルが上位に並んでいる。半面、こそ泥/ウェアウルフは C ゆえに攻略序盤の定番っぽいってこと。

心得ておきたいのは C のブツは全体的にグレードアップしていかないと攻撃力のインフレが損なわれるのでなるべく早めにアラクネに頼んでおきたい点か。攻略に当たっては扱いにくさの点で手に余る R ライダーもよく見られるスカルだと感じる(これも強いTierに分類されている)。

一方で、疑問も当然ある。C 槍/盾などはその代表格ではないだろうか?人によっては R 爆弾兵を特別扱いする見方もあったりするって聞いたぞゾ。C 石猿がどこに位置するかも(追加で…)気になる点だ。
【Tier表を見るにあたって必ず注意すべき点】

くれぐれも注意しておきたいのは、このTierが決定稿ではないどころか、それぞれのプレイスタイルとの相性の問題もあるということだ。つまり、あなたに合ったプレイスタイルのスカルを選ばなければクリアまでは至らないだろう、ということにはくれぐれも注意されたい。

さらに、度重なるアプデによってけっこう表記が変わってる/変わっていく可能性もあると思われるのであくまでご参考に。このTierが集計されたのは9/29のことで、CS機でのリリースが10/21なので…

すんません、この点ちょっと時間がとれんので、
後日しっかり攻略の上確認できたものから修正および追記していきます。

※アイキャッチ画像はIGNより引用させていただきました。