研究:TYPE-MOON

研究:TYPE-MOON

奈須・武内「ファミ通」(2022年8月18・25日合併号)で「FGO」及びTYPE-MOON内部の動きを語る

「FGO」7周年インタビューということもあってか、半分は「FGO」の実装に関するものになっとる. 「ファミ通」(2022年8月18・25日合併号)で”TYPE-MOONのふたり”が「FGO」7周年インタビューに答えている。速報レビュー的な意味合いの強いインタビューで、その前半はほぼほぼマネジメントがらみの内容になっているが、後半半分は「FGO」本編の実装要素にまつわる小話のような内容となっている。このうち前半部、つまりTYPE-MOONとしてはどう動いたか?ということに関してまとめてみると以下のようになる。 ・奈須は「FGO」関連業務で忙殺される一年間だった. ・2月末から3月初頭にかけ「エルデンリング」休暇(笑)はもらった. ・「月姫」関連業務もあったので”燃え尽きた一年間だった”というのは武内も同じ. ・ラセングル移管によって開発体制を見直し組織の効率化を図った. ・特に構造的問題(マンパワーの局在化)をラセングル移管によって解決した. ・「FGO」改変の一環として実装されたNPCに注目が浴びるのはうれしい. 言及されている流動性の...
研究:TYPE-MOON

ゲーム開発者はどこまで配信を許可すればよいのか?

記事の要約:ネタバレ/スポイラー含む”ゲーム配信時代”が到来した今、それを超える魅力あるコンテンツ性持つタイトルを世に出すのは極めて難しい。RPG「OMORI」はそれを達成したが、VN「月姫」リメイクバージョンでさえそれは達成できなかった。ゆえに今後、VNの分野でそれ(『”ゲーム配信時代”を踏まえたより魅力あるエンターテインメントコンテンツ』)を達成するタイトルが現れたならば、それは画期的なイノベーションを達成したタイトルになるだろう。ただし、そのために突破すべき壁はとてつもなく厚いといわざるを得ない。 これねぇ...とってつもなく難しいんですよ。こういうゲーム作るのは。 というのもね、理論的な背景もある。アメリカではなおのことなんだけど、法的にゲームって配信して活用していいっていうユースの原則があって、チョー端折って言うと、あちらではオリジナリティをいくつか加えれば、著作を自由に活用していいってことなんすよ。だからNDAすなわち秘密保持契約ってのがおざなりになってるんすよ。もちろん、契約上はダメなんだけど、結局秘密保持契約ってのはユースの原則によれば、それを克服できる法...
ガンホー

ガンホー、なんだかんだ言って嫌いになれないゲーム会社

記事の要約:なんだかんだいってガンホーは良いゲームメーカだと思う...。 もともと、主力製品が「ラグナロクオンライン(RO)」一辺倒だったのは否めない会社の印象が昔からのゲーマにとっては強いはずだ。また、その正当な続編RO2がとん挫してから「ラグナロク」のタイトルを冠したシリーズはしばらく音沙汰なしだった。ひょっこりと去年末あたり出てきたのが「ラグナロクマスターズ」というスマホ向けタイトルであり、さらに直近で出てきた目ん玉が「ラグナロクオリジン」という、これまたスマホ向けのタイトルである。両作ともに相も変わらず、正当なROの系譜・エンドレスプレイの伝統性を受け継いでいる感想を俺は抱いたが、ガンホーの伝統的なタイトルの続編が正式にリリースされており、続作への野望も捨ててはいない(と勝手に思っているがw)ことは素直に歓迎したい。このうち後者のほうは4Gamer.net などでも記者によるレビュー記事がついていて、要所を抑えたいい記事になっていると思う。 ROの大成功およびシリーズの継承に大失敗した印象の強いRO2...と前段で書いたが、実はこの間ガンホーも手をこまねいていた...
研究:TYPE-MOON

続:「TYPE-MOON」ブランドで知られるノーツはなぜ有限会社なのか?【情報材の側面から観る】

コトの単純な問題-IT業の利点- まず、念頭に置いておいてほしいのは、ノーツはIT業が主であるということです。その経緯に至るまでこれはあたしのかつて書いた記事で逐一解説しているので、そのあたりは以下の記事を参照してください。わざわざその記事を見るのはめんどい方に向けて、要点だけ絞って言うと、ノーツでさえ、はじめはIT業ではなかった⇒ゲーム化するのをアイデアにIT業に名乗り出てきた...というだけのことです。 ではIT業の利点って何でしょうか?まず、覚えておいてほしいのは、IT業は情報材に属する製品を扱える業種である、という重要な点です。ITとひとえに言っても、単に純粋な情報材を取り扱う産業でありません。例えば、自動車やエアコンなどに組み込まれているソフトウェアを作り実装したりと昨今のIT業界の戦略はかなり巧妙を極めています(Googleがハードウェア産業に乗り出し始めたのは有名ですし、AppleがMacの売り方でもとよりこの分野で先達なのは自明のとおりです)。 だから、これ!と決まり切って現代経済社会の中でITはこうだ!と断定し、言い切れるものではありません...
研究:TYPE-MOON

「TYPE-MOON」ブランドで知られるノーツはなぜ有限会社なのか?

The・一般論 現在、有限会社ってのは会社法の改正により作れなくなっている。ノーツの設立は2001年...(Wikipedia には2003年あるいは2004年とあるが厳密な一時ソースがないので詳細は不明)。2006年の法改正で有限会社が設立できなくなって、当時の有限会社は特例有限会社として機能を存置している。となると、代表作「月姫」で知られるゲーム会社ノーツも特例有限会社だ(厳密に言えば法改正を受けて株式会社に転化してもよかったがそうはしなかった)。 法改正後も特例有限会社は有限会社と名乗っていいので、現状のノーツは有限会社ということを標榜して全く問題ない。では、なぜノーツは有限会社なのだろうか?それは有限会社の設立要件から考えられるメリットを考えればよくわかる。 ☆有限会社の設立要件(現在は設立不可)・資本金300万円以上・社員数50人以下・役員:任期無制限・決算公告:義務なし つまり当時、有限会社は株式会社の設立要件と比べて設立しやすかった。ただし、今後の競争性のある会社環境を構築し、会社のガバナンス(企業統治)の高さを担保するためにこの会社法の改正...
研究:TYPE-MOON

なぜ、奈須きのこ氏の命名した社名で”ラセングル”は独立したのか?

記事の要約:結論から言うと、新会社の人事や情報発信をつぶさに見る限り、関連各社の経緯を巡るガバナンス・内部統制の問題だと思われる。 ファミ通.comの記事によれば、ディライトワークスから「Fate/Grand Order」の開発・運営チームもとい同社ゲーム事業が、ラセングルに移管され独立、その上で、アニプレックスがその株式を100%買い子会社になった、と確かにある(ファミ通.com)。この複雑な社立経緯はなぜ起きたのか?というと...いわゆるそこには”大人の事情”に近いもんがあるようだ。 そもそも新会社ラセングルの代表取締役社長は元カプコンの小野Pが付くという人事になっとる。これには小野Pの力量故に期待されている面があるんだろう。もちろん小野Pが社長役員に就くことで、ファンとのコミュニケーションを密にはかる姿勢があるのは当然だと想定される。我々、Fater(笑)としてもそりゃわかることだし、そもそも新会社の命名は奈須きのこ氏によるものという面でも通じるところがある(上記ファミ通.comのリンク記事でもその確認が取れる)のは常識的に考えれば腑に落ちるところ。小野Pはe-Sp...
研究:TYPE-MOON

Wikipediaで奈須きのこ氏の同人初期時代の解説がないので勝手に書いてみた。

ハナシの始まり 少年時代からずっとSF・ミステリーファンだったという奈須氏。Wikipediaのこのおかたの記事は趣味嗜好・好きな小説の傾向とかばかりで、その来歴に関して、特に同人時代初期の頃の解説がほとんどない(Wikipedia)。だから勝手にインタビュー記事をまとめ、あたしなりの解説を試みる。原著はこれ☟。 要約 子供の頃は漫画とか映画とかにふれる日常、兄弟にオタクが多かったらしい。出来立てのビデオデッキで邦画を見る機会が多くあったという。本業ともいえる小説は、学生時代武内に出会ってから書き始めた。当時武内は漫画化志望・奈須は小説家志望。ただ、武内の家はこういった趣味には厳しかったらしく、隠れて漫画を描いていたという。10~20代のころは、D&D伝記物を作っては遊ぶ毎日(いわゆるゲームマスターが奈須、シナリオ担当)。Wikipediaにも書いてある通り、素晴らしい作家たちに出会っては影響を受けていた、という。大学卒業と同時に就職、小説もまだ書き続けていた。「TYPE-MOON」のHPを立ち上げたのが、1997年の5月・6月あたり。武内の依頼で(...
研究:TYPE-MOON

なぜ「TYPE-MOON」ブランドはコンテンツだけで売り上げを伸ばすか?【「月姫」に見る戦略】

TYPE-MOONの”御触れ” 「TYPE-MOON」ブランド下で発売されたコンシューマ用伝奇アドベンチャーゲーム「月姫 -A piece of blue glass moon-」の出荷本数が24万本を超したという。これはADVゲームとしては異例の大ヒットと言える快挙だ。月姫公式Twitterでは、奈須氏のお礼メッセージと共にその旨を伝えている。 【#月姫 累計セールス24万本突破】『月姫 -A piece of blue glass moon-』(PlayStation 4・Nintendo Switch)の出荷・ダウンロード販売の累計本数が24万本を突破しました。手に取っていただいた皆様へ、御礼申し上げます。奈須きのこさんより、皆様への御礼メッセージをお届けいたします。#TYPEMOON pic.twitter.com/itAPrXGNhf— 【公式】月姫 (@TM_TSUKIHIME) September 24, 2021 このゲームソフトは、実はプレイ動画配信は一切禁止であり、ネタバレ部分も発売後二週間は伏せてもらうという”御触れ”がしっかりと出ている(T...