カテゴリー

ゲーム関係  書評アニメ評  思想と学問  二次創作ブツ  ガジェット類
【連載:ローグライト探訪記】「Ember Knights」攻略譚~第一の惑星Scoggfirth踏破編 | ゲヲログ2.0

【連載:ローグライト探訪記】「Ember Knights」攻略譚~第一の惑星Scoggfirth踏破編

[壁]д・)チラッ<ちょっと急いで「Ember Knights」一面攻略してその感想を簡単に述べますね。

Scoggfirth道中奇譚

バイオームの星Scoggfirth.

道中で気を付けたいのは、大ボスの子供みたいな鎌形の腕を持った敵です(体力値が雑魚なのに意外に高い)。ぶっちゃけこれ以外に気を付ける敵キャラはいません。ヒットアンドアウェイの手法になれるまでが大変でしょうけど、慣れ次第でノダメクリアも容易です。あとは遠隔攻撃をしてくる敵・ミミズみたいな小粒な敵キャラを出す巣などとの連携に気を付けてください。ぶっちゃけ慣れりゃ、バフなしでも勝てるステージです。それだけ。

ミニボス Guzzle Wound

蜂のようなミニボス.たぶん亜種がいくつかいます.

色違いの亜種がいて攻撃パターンが微妙に異なるんだと思うんだよなぁ…

突進攻撃はフツーに避ければ良いし、竜巻は逃げ回ってればいいし、ツッツキは三回最大連続するだけでふつーにダッシュで避ければいいので、慣れが肝心です。慣れればほぼほぼ100%勝てるようなります。もちろんノダメも余裕。ということで、ボスいこっか。

ボス Skrixxa Za

デカい甲殻類風のボス.

ボスはコイツです。かなり…でかいです…

まず、最初にこのように繰り出される、近接の腕鎌の攻撃を避けてください。執拗に追ってきますが、押しつぶされるってことはなさそうです。左右に逃げましょう。ヒットアンドアウェイを徹底しませう。

足を踏み出してきます。比較的ドッジで避けやすいので、寸前に避けましょう。手鎌と連続して来るので確実にドッジしたいところ。タイミングつかめば、簡単に避けられます。さらに、周辺に突起物を出してくることもあります。その後、膠着状態が若干あるので3Hitsぐらいかましてやってくれ!問題なのはゲージを削りだした中盤から終盤にかけての攻防です。このあたりが慣れないと負けが込む要因になります。ということで、以下、そこを解説する。

毒の液体を撒いてくることもあります。なんだかんだ言ってこれが一番避けにくいかな。モーションが短く、攻撃自体が速いので、機敏に察知しないといつのまにかヒットしてます。次に雷撃を後半に頻繁に出してきます。バリアみたいなのが外れたらチャンスですが、3ヒットもかましている余裕はないと思います。ここでもヒットアンドアウェイを繰り返すことで勝率が挙がる。雷撃攻撃は体力のバーの三つの仕切りごとに熾烈になっていくようです。んで、仕切りに達すると、小敵をバラ撒いてきます。特に最後のゲージになると、厄介な鎌の子敵が多数出てくるんで、氷の能力かなんかを使って、早急に撃退したいところです。その後本体を叩く…というかんじ。

大ジャンプからの圧死攻撃.これも毒液と並んで避けにくいです.

最後に大ジャンプ圧死攻撃のよけ方をば。これは二回ドッジしないと避けにくいはずです。なので赤いジャンプのエリアが表示されたらすぐに一回目のドッジを行い、その後間を置かず二回目のドッジを行う。これで避けられるはずです。んでまぁ、終わるころには撃退ってかんじっすね。

Scoggfirthクリア後の感想

やはりドッジ回避が前提条件となっていて、ヒットアンドアウェイに徹しないと負ける、というゲーム設計なようです。初期装備が一番使いやすいと思うんだが、ハンマーとか弓使ってこれ勝てるのか?って思いました。アンロックされていくんだけどね。体力は50のままでも、一面はクリアはできます。んで、二面は雪の星なんですけど、良く作られてて、ドッジと敵の攻撃バリエーションがかなり多彩なんだよね。だからドッジで避けるのが主意といっても、それだけでは済まないほどタイミングをうまく推し量る必要がある。敵の攻撃を頭に叩き込んで、ロールプレイしていけるかたには本ゲーム、かなりお勧めできます!一般的にはゲーム「Hades」の非クォーター見下ろし版という評なようですね(^ω)…

んじゃ、二面いこっか…

※画像:ゲーム「Ember Knights」(Steam)より引用.

関連記事

  • 【連載:ローグライト探訪記】「Spellmasons」~ローグライク式”スペルのビルド”
    2023/1末にリリースされる”小粒な”ローグライクゲームに「Spellmasons」というブツがある。この手のゲームは例のごとく”小粒すぎて”埋もれてしまいがちで、調べた限り、やはり日本語sourceで本作について報じているところはまったくなかった(おそらくどのゲームメディアもゲーム系ブログも邦語sourceでは報じていない)。だがパッと見、興味深いシステムを持ち合わせた、面白そうなタイトルだ。 …
  • 【連載:ローグライト探訪記】「EMPTY SHELL」~見下ろし型白黒ホラーローグライトSTGという特異点
    ゲーム「EMPTY SHELL」のリリースが2023年、Steamにて予定されている。『製品版が楽しみ』として本IPを伝えている日本語ソースの企業はゲムスパぐらいか(随分と突っ込んで長くレビューしてるので、かなり参考になる記事だ)。プレイヤーは、日本国内のとある秘密施設を舞台に、【ボランティア】として派遣されたキャラクターを操作し、【回収作業】を遂行することになる。果たして施設に秘められた謎、とは何なのだろうか。ゲームの特徴性を翻案し、箇条書きで書き出してみよう。 ・トップダウン(見下ろし型)STG ・白黒のコントラストで表現される独特なホラー要素 ・プロシージャル生成ダンジョン ・武器や弾薬といったリソースの活用 ・ローグライト特有のアップグレードシステム …
  • 【連載:ローグライト探訪記】「ENDLESS Dungeon」~予約販売スタート!
    ジャンルクロスオーバーなゲームENDLESSシリーズの最新IP「ENDLESS Dungeon」の予約販売が20日始まった。4Gamer.net doope!などが報じている。なお、本発売日は5月18日になるという。対応プラットフォームPC/PS/Switch/Xbox。だが、海外向けSwitchのソフトストアでは、本記事執筆時点で販売は始まっていないようだ(現時点ではPC/PS/Xbox各ストアで予約販売が始まっている)。 上述の4Gamer.netの記事では、本作の簡単なゲームプレイが動画と共に、コイツが「Endless Space」 「Endless …
  • 【連載:ローグライト探訪記】「Breachway」~[FTL meets Slay the Spire]を名打つ有力ゲーム
    [FTL meets Slay the Spire]を名打つゲームで、Steamerの間で知名度があるのは良作「For the Warp」(Steam)だろう。ただ、このゲームに難点があって、そのうち間違く多くの日本人Steamerに共通する点があるとすれば,,,”日本語化されていない”という点だろうナ。日常会話程度の英語力だけでこの手のゲームのプレイをしようとすると、状況は難しくなる。ローグライトデッキ系はやり直しが効かない勇み足が必要なゲームで、カード能力の把握を適宜しっかりとしなければならないからだ。 …
  • 【連載:ローグライト探訪記】「Mahokenshi」~へクススタイルのターン制戦術系ローグライトカードゲーム
    特殊なローグライトカードゲー「Mahokenshi」のリリースが2023/1/25に迫ってきている。4Gamer.net(2022/8/26の記事)・AUTOMATON(2022/12/1の記事)・ゲムスパ(2022/12/1の記事)が既に報じている。開発はフランスのデヴェロッパGame Source Studioが担当し、パブリッシングにはインディーゲーの世界で良く見聞きするオランダのIceberg Interactiveが就いている。マルチランゲージ対応で、日本語にも対応する見込み。刀と魔法の能力を持ったデッキを構築・それらを駆使して、島々からその腐敗の源となっている敵を倒すことが、ゲームの目的となるらしい。『刀』と『魔法』だからこそ、タイトルは『魔法剣士』(のローマ字表記)というわけだ。なぜ、日本語ローマ字表記なのか?は謎だけど…ひょっとして、作っているのがフランスの知日本派のかただからかもしれない。 …