カテゴリー

ゲーム関係  書評アニメ評  思想と学問  二次創作ブツ  ガジェット類

新着記事

統計 | ゲヲログ2.0

統計一覧

TOPIX構成銘柄から小型株(TOPIX Small 1 & 2)を絞り込んで抽出する方法

これはめっちゃくちゃ簡単です。東証上場基準改変は骨抜きだそうですがw。まぁとりあえず、改変に従って、いろいろと見直されるようなので、そのあたりは日本取引所のサイトを参照してくらさい(日本取引所グループ)。あと小型株・中型株・大型株の解説は大和アセットマネジメントのサイトがかなりわかりやすいです(大和アセットマネジメント株式会社)。 ではどう抽出するか?これはExcelで提供されてい...

記事を読む

2020[Q1]~2021[Q3]までの主要e-SportsタイトルランキングTop10推移(PCゲーム)を折れ線グラフにまとめその動向を考察してみた。

【今回のお題】 主要e-SportsタイトルTOP10ランキング(PCゲーム)推移をまとめその動向を考察する回です。ソースはこの分野で一番有力とされている、TEO(The Esports Observer)によるランキング付けを参考にしています。このランキングは、タイトルの持つパワーを示す指標indexを公開していることで有名で、そのindexは種々の評価割合で算出されています。 【...

記事を読む

【馬鹿企画】漫画「ハイスコアガール」第5巻~矢口なみえvs業田先生の回を言語統計的に分析する

【序論】 漫画「ハイスコアガール」の勘所は、少なくとも部分的にはゲームをめぐって大人たちがどのようにゲーマである若者に接するかという点にある。そこが押切蓮介の有能なところなのだが、これを客観的に指標化出来たら素晴らしい企画になるのでは?と思ったことがこの記事のハシリである。 【解析手法】 主にユーザーローカルのウェブサイト解析ツールから定量的に分析できればと思い行った。ハイスコ...

記事を読む

にじさんじ総本山ANYCOLOR上場から一週間内での時価総額推移を観察する

※本記事は、YouTubeライバー支援および開発を主業にしている、にじさんじ運営・総本山ANYCOLOR社(ANYCOLOR Inc.)の6/9からの上場後一週間での時価総額推移を表・グラフにまとめてみて各種メディア報道との内容の比較考察を行う...という企画記事です。 プロの投機家のかたからは杜撰に見えるだろうけど、どうか寛大な目で見てね(^_-)-☆ 【ANYCOLOR時価総額推...

記事を読む

バイオインフォマティック研究について思いついた素朴な疑問

あたしが課題に取り組んできてこの分野でわかったことはいくつかある。 ①ドライ系本流のバイオインフォマティクスで得られる知見には限界性がある 一番に挙げておきたいのは、バイオインフォマティクスの主流派であるドライ系の研究は、統計的手法に終始していて応用性に乏しいことがままある、ということだ。例えば、実験を伴う研究にバイオインフォマティクスを応用する研究者と生データは拝借するだけの研究者...

記事を読む

ここ15年でMSの時価総額はどれぐらい伸びたのか?

時価総額の計算は簡単で、掛け算ができれば誰でも計算できる。今、 時価総額 = 株式単価 × 発行済株式数 という方程式が成立する。MSがXbox20周年記念ということで注目を浴びているので、これを例にとってみよう。 ここでは、年単位で発行済株式数が出算されていたので(YCHARTS)、通常、市場終株単価を利用するところを、大まかに幅をとって年単位での株単価をとり(MacroTr...

記事を読む

「BattleField」vs「Call of Duty」【シリーズ売り上げ解析編】

BFのデータもCoDのデータも一元化したところからのほうがいい比較になると思ったので、Video Game Sales Wikiからデータを借用した(Video Game Sales Wiki )。このグラフを見る前に注意しておきたいのは、三点ある。 ・BFとCoDとでシリーズ違いを色分けで判断していること。これが第一の注意点。 ・次に、ふたつのシリーズ種ごとに上に行くほど最新作...

記事を読む

ウイイレvsFIFA 世界市場での売上推移グラフ(~2019改訂最新版)

ここを参考にして作ってみました。前のファメの企画記事と同じように”それなり”だけれども信用できる値なようです。おそらく、VGChartzを情報元としたSports Kingのページで示されているものと同じ値なんですけど... FIFAはやっぱ強いですね~。でも、これだけのデータ示されても売上面で ・2009年以降FIFAがPESの追随を許していない ・同じく20...

記事を読む

2016年~2020年までの四半期ベースで全世界Nintendo Switchの売上を観察する

別のアナリストのかたがまとめたものですが、ご紹介します。 PSの記事と比較してみると面白いと思います。左軸に対応する青がSwitch、同じく左軸に対応するオレンジがSwitch Lite、そして右軸に対応する灰色が累計出荷台数ということですね。公式サイトをみるとわかりますが、任天堂社はSwitchと単に呼称したとき、それはLiteも含む定義なようです。若干このツイートをしたアナリストのかた...

記事を読む