この世を忍ぶ電波系美少女バーチャルインターネッツアイドル文野純がメッタメタ遊んでメッタメタ考えて勉強するゲヲログ姉妹サイト...

2020年12月よりゲヲログ管理人ファメを寄稿者として迎え入れ、ゲヲログ2.0と部分的統合に至る。同時期に広告を全廃。

連絡は渉外課ファメのツイッターまでどうぞ

傑作デジボ冒険型ローグライト「Curious Expedition 2」日本語対応へ

傑作デジボ冒険型ローグライト「Curious Expedition 2」日本語対応へ

そもそも、前作「Curious Expedition」はかなり評価の高いゲームだった。探検・探知・協力・裏切り・SAN値、様々なボドゲストーリー要素をまとめ、ローグライトのエッセンスに工夫を凝らし続け、磨きに磨きをかけた、新しいジャンルのゲームといっても過言じゃなかった。その最たる完成度を誇るテクストは、まるでひとつの小説を追っているかのようだった。

時は19世紀、冒険家を選び、未知のルートを自らの意思決定をもとに辿り、秘宝を探し、サバイブする…はまるやつはとことんはまり、時間融解が約束されちゃったゲームだった。と、そこにきて『Rivals』というオンライン上で多くのプレイヤーがワールドを共有したりできるMMOの要素が加わって、ベータテストを経て、本編に搭載されたときたもんだ。

さらには、今作”2”の情報も飛び、日本の熱狂的なゲームユーザが待ちに待ち続けた正当進化版の日本語化が実現…これにはおもわず、感涙したってもんだよ…このワールドをローカライズしてくれたdevに感謝。ただただ、感謝だよ。

そのうち”1”と同じようにMMO版も付属し、よりパワーアップ・アプデさせてくるだろう。グラフィック面でも貧相なものじゃなくなおうてる。反面、システムに盛りすぎっていう批判もあるみたいだし、”1”のほうが好きだった・良かったっていう意見もあるんだけど…安心して日本語で遊べる環境が整ったのは間違いない。

人によってはローグライト史上最高傑作とも評されるゲームの続編、gamescom2020のインディー部門のウィナー…栄冠に恥じない超ド級の大傑作が日本人の言葉で、ついに楽しめるんだ!