fame

Steamクライアント

似ているゲームタイトルをSteam含め対象となるプラットフォームも踏まえ一発で調べる方法

Steamやってっと思うんです。『これと似ている、でもちょっと切り口の変わったゲームを探したいなぁ...』と。そういうレコメンドサービスがあるのか?というと実はあります!二つだけ今回ご紹介しますが、この手のアイデアはビジネスがらみのサイト運営に直結するものであり、いくらでも同じようなサイトはあると思われます。ではまず一つ目から。これは超簡単です。てかこんな当たり前なこと言ってどうなるって感じのレベルですがw 次ページ~ひとつめの手法
二次創作ブツ

The Binding of Isaac SS ~盲目のアイザック~

僕の家は僕と母とで暮らしたいい思い出のあるうちだ。ただ、ある日、天から降ってきた悪魔に母が供されたことで、その思い出に終止符が打たれた。 その日以来、僕は母に家に閉じこもるように言いつけられた。次の日、僕は母に大きなハサミカッターで脅されて部屋に軟禁された。 その次の週になると僕は僕の周囲の異変に気が付いた。僕は僕の家の僕の部屋の窓から周囲を見渡したけど、道路に車走っていなければ、人一人すら通らない。 次の次の週になると、母は悪魔の声に毒されるようになった。すべて僕が僕の部屋の鍵穴からリビングルームをみたことだ。母はこういつていた。 「神よ!息子を、息子の命を捧げます!神の祝福に歓迎あれ!」母はこういうと、僕の部屋に入り込んできた。僕はとっさに南京錠をかけて部屋を密室にした。だが、母は僕の部屋に無理に押し入ろうとして、ドアごと錠を壊し始めた。 僕は戦慄し、逃げ道を探したけど、窓は閉じられ空くことがない。そこで、僕は部屋のカーペットをめくると、信じられないことに出くわした。僕の部屋のカーペットの下にはダストシュートが作られていて、そこが得体のしれ...
評論

「持続可能な開発(SD)」はホンマに可能なのか?

EVは世間一般ではあたかも環境問題の解決策、というように思われている。仮にEVが実用化され、かなり普及したとする。まず問題とされるのは、EVの電力源の問題だろう。EVの電力源が火力のままでも環境にとってはいままでよりも良いとする算出もあるが、トヨタの社長はカーボンニュートラルを実現するには原発が10器必要だ、と述べている(火力に換算すると20器必要だという)。火力発電でカーボンニュートラルを実現するのはかなり難しい(もっとも火力発電のエロエミッション化も進んでいるが)。このように、様々な技術革新がある、ということは理解できるし、いくつもの課題を克服するべくして多くの人が頑張ってくれてる。多くの派生した課題ある道に様々な解決策を提示・実現しなければならない、と言う意味で豊田社長は妥当なことを言っているように思う。そもそもEVの中核を為す磁性体モータにも希少金属(レアメタル)が使われている。このようにEV化はその電力源の問題・資源問題も含め、課題山積なわけである。本当に持続可能な開発が可能かどうか?という問題はかなりムズカシイ交絡している問題である。 むかしむかし、ある科学...
評論

我が子が声優になりたいと告白してきたときそれを説得する方法

これは極めて簡単です。条件を述べたうえで論理的に提案していけばいいのです。 「声優」という職業の現状を示す 例えば、声優になりたいといったのであればそれを真っ先に否定はしないことが重要です。ただし極めて極小的な職業であるということを示したうえで納得させればいい。専門学校を出ても夢を握れるのは一握りだけ。そういうことを言っておく。まあこれだけでは納得しないでしょうから、さらに条件を追加していく。声優学校ではダンスや演劇の授業もあります。これに耐えられるのか?という提起は親としてあっていいと思います。大変厳しい授業があるということも事実です。夭折なさるかたも事実多い。大変きっびし~~~い現実です。 学歴を含めた条件はないのか? 例えば残念ですがすでに亡くなられた松木さんは慶応のSFC卒でしたし、最近では早稲田出身の声優も多い。学習院卒というかたもいれば、中には阪大卒というかたまでいる。こういう本業の声優業がだめなっても「つぶし」が効くのかどうかということを提案し、そこから「これこれこういう大学には入れれば~」云々という条件を示すのもいいでしょう。別の事例を見てみて...
書評アニメ評

【連載:クマでも読めるブックレビュー】「ネパールのビール」吉田直哉~それは懺悔と涙の物語

本書「アンソロジー ビール」の中で珠玉の完成度を誇るのが「ネパールのビール」だ。吉田直哉というNHKのキャリアディレクターが書いたもので、こいつはたしかに相当感動ものだった。内容はどのようなものだっただろうか?ちょっと要約してみよう。 吉田をはじめとして彼らはディレクターとして取材活動にネパールを訪れていた。だが山岳歩行ルートのことを考えていくとビールは持っていけない(重いから)。だから少年に頼んでビールを買ってきてもらうことにした。彼にビールを買ってきてもらうことを頼むと、きちんとビールを買って持ってきてくれた。その後、また買ってくるよといってくれたので、かなりの量を頼んで買ってきてもらうことにした。だが、二度目は待てども待てどもはだしの少年は帰ってこない...。 学校の先生やその周りの人に相談すると、「ビールダースの大金を少年に与えたのだからそれを持って逃げたのだ」という。 吉田はこう思った。「不慮の事故かもしれない...あるいは少年にだましの悪行を働かせてしまったかもしれない...」と。そう思ってずっと待って二日後、彼(少年)は戻ってきた。なんと隣の山を越えて、ビ...
書評アニメ評

【連載:クマでも読めるブックレビュー】「現代ロシアの軍事戦略」「ウクライナ戦争と米中対立」

新書二冊のレビュー。「現代ロシアの軍事戦略」と「ウクライナ戦争と米中対立」どっちとも東大先端研の小泉悠先生が関わっているということで読んでみた。まず、「現代ロシアの軍事戦略」から。勘違いしないでほしい点だけは押さえておく。 「現代ロシアの軍事戦略」 「現代ロシアの軍事戦略」,,,本書を紐解くうえで忘れてはならないのが”戦争”が仕掛けられたのが、2022年の2月だということ。本書は2021年の本ということもあって、若干時事性に疎いところは仕方がない。だから、結果論でしか言えないけど、ぶっちゃけ小泉先生はこの時点でウクライナの力を侮っていて(という表現が正確なのかはわからんが)どちらかというとロシアが『中興の大国』としてどのように戦略の性質を持ちえたか、というロシアの現代解説に近い立場の新書になっているのは忘れちゃならん。ロシアなりの価値観をどのようにプーチンが司り、どういった形でハイブリッドな戦争史観を持ち寄ってロシアを一致団結させたか?というロシア現代軍事戦略史の解説の面で今役立つ新書であって、間違って、ウクライナ紛争(2014年)~ウクライナ危機(2021年)~...
思索と学問

森茉莉~鴎外最愛の娘~

父の帽子 | 森 茉莉 | Amazon 森茉莉 (1903-1987)とは日本を代表する大文豪、森鴎外の長女である。なぜこのような当時として変わった名前(いわゆる「キラキラネーム」)がつけられたかというと、鴎外のドイツ留学経験が強く影響していると言われる(ついでに言っておくと、これは鴎外は帝大医学専科に年齢を偽って、事実上の飛び入学するなど、明治期特有のゆるーい文化が生きていた時代のことである)。 茉莉はぶっちゃけファザコンのダメ人間で、子供をそのまま大人にした性格、とまで言われ、家事はほぼ全くできず、鴎外がその人生の行く末を案じて、茉莉と帝大卒のエリートとの縁談をもちかけたほどであった。この縁談による結婚は茉莉が16歳のころだったという。結婚生活は案の定、長続きせず、茉莉と山田(その縁談相手の姓)はすぐに離縁となった。だが、これは茉莉の一面を見込んだに過ぎない、単純すぎる評論である。 例えば、茉莉は「家事はだめ」とは言っても、ある種の特殊な形であり、料理の腕前”だけ”は一流すぎるほど一流だった。また、鴎外の子孫は例外なく、ほぼ文学者や随筆家・実業家や医者となって...
思索と学問

一生を植物学に委ねたある男の生涯

牧野富太郎(1862-1957)とは独学で世界的な植物学の権威となった実在の人物である。 牧野は「雑草という名の草はない」という名言により広く知られ、この言葉は、「分類できない植物はこの世にひとつとして存在しない」という意味として、今日受け止められている。いわゆる”ムジナモ”の植物分類研究により、ロシアの学識者(当時最先端の植物学国家圏であった)に認められ、世界的な植物学権威となった、とされる。その他にも様々な植物分類を行い、新種の発見とその記録の面であらゆる他を寄せ付けない業績により名を馳せ、今日の日本の植物学において、また、世界の植物学において、必ず考慮しなければならないひとり、とされる偉大な人物である。 彼の筆致は筆の使い方・墨の使い方からなにからなにまでが機敏に富んでおり、極めて精密・正確である(筆致は馬の毛を使った筆によるものであり、当時、この先端分野において必須だが、極めて高価なものであった)。NHK放送資料館での牧野の人物紹介映像では、この牧野の筆致、現代の最先端の精密映像技術でもってしても、なかなか到達できないレベルであるとされている。「植物分類学の祖」と...
思索と学問

人生で大切なことは目に見えない…ある免疫学者夫妻の歩いてきた道

我々の歩いて来た道―ある免疫学者の回想 | 石坂 公成 | Amazon 石坂公成(1925-2018)とは日本の免疫学者。妻であり共同研究者であった照子との業績である、IgEというアレルギー物質の発見が、公成の主要なそれ(業績)とされる。晩年まで、哺乳類に存在する主要アレルギー物質IgEを発見した功績により、ノーベル賞候補と言われ続けた。周囲に「そろそろ、ノーベル賞を...」と言われるたびに、公成はこう答え盛大に笑ったという、「もう時効でしょう...!」と。 公成と照子の共同研究はユニークなものであった。患者の血清からIgEを発見するに至るまで、人体の免疫作用を確認するために、お互いの体を化学物質で浸した針で刺しあったというのである。ユーモア溢れる、優秀な共同研究者であった照子はこういってこの様子を度々振り返ったらしい。「(アレルギー研究においても、まるで蚊のように)刺しつ刺されつね」公成と照子はそうして”現代のキューリー夫妻”と呼ばれるに至った。 公成は教育者としても偉大な足跡を残している。研究を継承する後輩に、複数の研究手法を組み合わせ、何回も実験と失敗を繰り...
評論

カナル型とイヤーパッド型のイヤホン~そのメリット/デメリット

JVC HA-AL102BT カナル型ってねぇ、イヤーピースを耳に突っ込むじゃないですか。するとどーしても自分の場合汚れがイヤーピースとかその周りに吸着しちゃうんですよ。んで、無理して掃除しようとすると、軽く付着させてるだけの原機の横表面を崩してしまう、つまり壊れっちゃうんですよね。 んでも、本機のようなイヤーパッド式は反面そういうことがない。でも音漏れがちょっと気になるっていう。つまり一長一短なんですよね。どれも万能、というわけにはいかない。 んで、このJVCのはカナル型つまり密閉型が流行る一方、廃れていってて、機種数自体があまりないっていうニーズの問題があると思うんす。んで、安価なものを調達するか、それとも高価なものを調達するか、という問題でもある。寿命の問題ですから。 一年使って、2000円ぐらいで済めばいいやっていうんだったら本機はオヌヌメ。むしろこの価格帯でイヤーパッド式はそうそうない。音もまずまず。高価なものはセンシティブに取り扱わねばならないという面もある。得体のしれない中華製メーカは怪しい商品になってしまうこともある。 そういう意味でJV...