カテゴリー

ゲーム関係  書評アニメ評  思想と学問  二次創作ブツ  ガジェット類

新着記事

fame | ゲヲログ2.0

fame一覧

Steam(など)で日本語対応(の兆候のあるものも含め)ゲーム一覧をチョー簡単に調べる方法

これを調べるのはめっちゃくちゃ簡単です。なぜかというと独自のキュレーターがもう既にタイトル一覧として情報をタイトルごとにまとめているからです。ですからSteamへのリンクをたどればそれだけで日本語対応ゲームが一覧表示されます。 リンク☞Steamキュレーター:日本語化情報 他にも雑多のものはありますが、このキュレーションが一番メジャーでしょう。では、今後、日本語化されるであろうと推測...

記事を読む

Win/Steamで野球ゲームが流通しない理由【リテイク】

Steamで野球ゲーをやりたいのであれば、唯一の選択肢となるIPがコレ。「Super Mega Baseball」シリーズ。 たぶんしっかりとした理由があると思うんですよ。高評価を得ているのは、ドイツ製「Out of the Park Baseball」ぐらいで、これは本格的な野球シミュレーター。だけれども、同じスポーツシミュレーターとして有名なサッカー方面のタイトル「Football M...

記事を読む

バイオハザード RE:2 SS「第四の生存者」

合衆国の静寂の街Racoonにて... いつもそうだ。あいつが帰ってくるときはいつでもあいつひとりだけだ。 発煙筒を焚いて建屋屋上にて待つ、ガスマスクをつけたジャケット姿の男。ショットガンを小脇に抱えた孤独に佇むその男を見て、ヘリを操縦するUmbrellaのαチーム救援航空部隊の操縦士は思う。 その男”だけ”は生き残る。いつでもだ。 仲間を無理に助けることなく、一人淡...

記事を読む

バイオハザード RE:2 SS「背後・そして少女とその父の婚約指輪」

「あなたもゾンビ?」 少女は一人の女性に呼びかけるとその女性は答えた。 「私は人間よ。安心して。」 「ほんとに?そういうのがうじゃうじゃいるの...」 「本当に本当よ、ご両親は?」 ひとことふたことのやり取りのあと、少女は質問に答える。「あたしの両親はUmbrellaの科学者よ。お母さんはお父さんを探しに行ったの…」女性―Claireという名の―強い瞳をした女性...

記事を読む

Metascoreや大手レビューサイトの何が問題か?

レビューの実存の何が問題か? この類の話は純とよくしますが、問題は簡潔です。いまやSteamゲームなどの情報材はアップデートという語が非常にマーケティングの立場から言っても重要な要素となっていることは皆さんご承知の通りですよね。今回はこのアプデとそのアプデに対応するレビューという側面から、Metascoreや大手レビューサイトの問題を輪切りにしてみようと思います。 アプデに沿ってレビ...

記事を読む

SONYのVR機器参入からマクルーハン的拡張現実まで

SONY「PS VR2」でVR覇権を狙い本気モード 先月7月末時点でゲムスパが報じているが、SONYが新型VR機器「PS VR2」に本腰入れている(関連リンク:Game*Spark)。ただ、苦言を呈しておくと、SONYがVR機器に再び取り組むにあたりライバルの存在はかなり大きいだろう。既に知られている通り、Oculus新型を手掛けるFBや新機種開発に積極的なValveが、当然のように主なラ...

記事を読む

本家WoT挫折者にもおすすめ!初心者がセコセコ稼ぐ「World of Tanks Blitz」【Kをできる限り重ねる方法】

ポイントはいくつかある、まずこのゲームは本家WoTに挫折した方にこそプレイしてほしいゲームということを忘れないでほしい。本家とはかなり色彩違ったタンクゲームになってる。違いを解説のうえ、その後、できる限りせこい手を使ってもK(nockdown)を稼げるようになる方法の解説をする。 自走砲がない(もしくは兵科に主に掲載されてない) これでっかいんですよ...自動砲の役割がないっ...

記事を読む

続・ファンサブは死にゆくのか?

昔、「妖精現実」っていうサイトがあって(今もあるけど)、そこでファンサブの文化としての側面を論じたもの「ファンサブは死にゆくのか?」という記事があった(ミラーサイト:)。ファンサブっつのは、アニメの字幕を翻訳したものを海賊版に載っけてようつべとかに投稿してたもんが起源なんだが(ちょー簡単に言えば)、それに対してファンダブってのもあって、これは英語圏の人がそれらの翻訳字幕を元に演技して載っけたやつ...

記事を読む

ゲーム開発者はどこまで配信を許可すればよいのか?

記事の要約:ネタバレ/スポイラー含む”ゲーム配信時代”が到来した今、それを超える魅力あるコンテンツ性持つタイトルを世に出すのは極めて難しい。RPG「OMORI」はそれを達成したが、VN「月姫」リメイクバージョンでさえそれは達成できなかった。ゆえに今後、VNの分野でそれ(『”ゲーム配信時代”を踏まえたより魅力あるエンターテインメントコンテンツ』)を達成するタイトルが現れたならば、それは画期的なイノ...

記事を読む