fame | ゲヲログ2.0

fame一覧

書評「マンガ・アニメで論文・レポートを書く」

どっちかっていうとケーススタディーよりの研究論文をまとめたもので、著者である山田先生も、『そこらを参考にして若干真似でもいいので自分で書いてみてね☆』ってつってる。たしかにこの観点から見れば本著はかなり有効なものだ。ケースバイケースで様々な観点から切り口を見つけ、『この研究分野ならばこのかた・あるいはこのかた』といったように全体うまくまとめてある。著者曰く『自分でも書けるんじゃね?って思...

記事を読む

雑誌「CUT」2022年2月号~アニメ特集だったのでつまみながら読んでみた。

記事の要約:雑誌本来のありかたが問われる一号に過ぎない。アニメ特集としても新規性に欠ける号だった。残念です... まぁ、先だってスパファミの特集をしたのは評価ができるけんども、肝心の内容が声優インタビューだけなんだよね。もっと肝心の評論の中身だって、走り書きですべて書かれていて、主人公のひとりであるロイドが『完全なスパイ☞不完全な形の人間』...もっといえば、いわば”父”になるって...

記事を読む

今、現実のサッカーを知るためFIFAFUTをやるべき3つの理由

純が言っている通り、今けっこうFIFAFUTにはまってます...今回はFUTをやることで得られるメリットをまとめてみます。現実のサッカーの話も含めて。 選手に詳しくなれる これが一番でしょうね。たしかにあくまでゲームの中のこと、ということで、選手能力を示す数値に賛否両論あれども比較的現実に即したかたちでサッカーの選手に詳しくなれます。どこのリーグにどの選手がいて、どれぐらい有力でどの...

記事を読む

書評「SPY×FAMILY 家族の肖像」【現代版サリンジャー?】

本書の内容 面白いです。帯にあるようなフォージャー家の秘密...というより、ザ・サーガのような、あるいは、ザ・サードとでもいうべきような、本筋の漫画ストーリーの”外伝”と”補完”を兼ね備えた、稀有な書だと思います。原作がもちろん遠藤先生(押絵もそう)、小説本文の担当は矢島綾先生によるものです。内容としては、ダミアンとアーニャ(エピソード1)・ユーリとアーニャ(エピソード2)、加えて...

記事を読む

20連敗した真性のヘタレがFIFAFUTで気が付いたFUTで初心者が勝つようになる方法

これは純と様々な試行錯誤を繰り返して得たおそらくなことなのですが...あくまで真性のヘタレが、負けが込んでからなんとか気付いた内容ということで、間違いもあるかとは思います。俺なりのまとめです。DIV8.真性のヘタレがFIFAFUTで気が付いたFUTで初心者が勝つようになる方法。 1・初心者はまずディフェンスからカウンターをしかけることに集中する ありがちなのがあせってボールを奪いに行...

記事を読む

「FIFA」シリーズクロスプレイ対応から読み解くサッカーゲームの権利・開発環境の交絡化

AUTOMATONによれば、現在「FIFA 22」のクロスプレイ対応が試験的に為されているらしい(AUTOMATON)。クロスプレイ対応プラットフォームはEAの解説サイトにある通り、PS5・XB Series X|S、そしてStadia版のみに限る(EA)。 今回、Stadia版「FIFA 22」がクロスプレイ対応されているところを見ると、今後、Steam版やOrigin版も含めたPC向け...

記事を読む

【連載:サルでもわかる漫画レビュー】「SPY×FAMILY」【縮約の平和と仮初の家族の物語】

『孤児院にいた経緯は分からんが、こいつの実の親はおそらくもう...』大粒の涙を流すアーニャの心に揺さぶられたとき、ロイドは”父”になるのだ。『ちち、と、はは...いちゃいちゃ...』そのアーニャのことばにこそ、本来の純なる家族の見識を取り戻すための、偉大な子供の力があるのだと俺自身は思えてなりません。~本文より~※画像はNetflixより引用させていただきました。 「SPY×FAM...

記事を読む

【ゲヲログ傑作劇場】桜川 ~DIRTY OLD MEN 歌詞考察

【Acoustic ver.】桜川 / MAGIC OF LiFE (ex Dirty Old Men) - YouTube ・深い眠りから覚めても君はいない ☞長いスパンを経ても、当然君は戻ってこない ☞生まれた子供と手をつないでも、あなたは帰ってこない ・空から見る景色は何色に見えますか? ☞あなたは今どこにいますか? ・亡くなった妻の『特...

記事を読む

【連載:VR探報記】VR人狼ゲームの決定版「Among Us VR」 ~IPヒットの軌跡を俺流(笑)で振り返る

2022ホリデーシーズンに向けたVR版も開発中のIP「Among Us」.ヒットの理由は後付けだからこそできる不確実な世の中を象徴しているタイトル. 「Among Us」ヒットの軌跡 てかさ、そもそもこのゲームって超マイナーなブツだったわけよ。PvPのゲーム、しかもインディーの産物なんてうまく成功することそのものがめっちゃむずくて、ユーザ数なんてゴミ屑みたい数値しか残せない...

記事を読む