伊藤潤二・ラヴクラフトの影響を受け制作されたホラー/怪奇小説系ADV「World of Horror(恐怖の世界)」【日本語実装の動向まとめ】 | ゲヲログ2.0

伊藤潤二・ラヴクラフトの影響を受け制作されたホラー/怪奇小説系ADV「World of Horror(恐怖の世界)」【日本語実装の動向まとめ】

この記事はSteam/PS4/Switchで配信予定のホラー/怪奇小説系ADVゲーム「World of Horror(恐怖の世界)」(Steam)の日本語ローカライズに関する情報をまとめたものです。ファミ通.com/ゲムスパ/itch.io/GAME Watch/Steam/公式ツイッターの各種メディア媒体にリンクを貼ってまとめています。和文で確認できる情報を時系列順に網羅しているはずです。

2018年9月のファミ通.comの記事では、日本語が実装予定とのことが確かに書かれている(ファミ通.com)

2018年10月のゲムスパの記事では、TGS2018にて公開されていたプレイアブル版には日本語が実装されていて、日本語も実装予定とのことが確かに書かれている(Game*Spark)。なお、中国語/イタリア語も実装予定とのことが確かに書かれている。

2019年6月のゲムスパの記事では、その時点で公開されたデモ版では日本語が実装されているとのことである(Game*Spark)。なお、このデモ版はitch.ioにて今でもDL可能である(itch.io)。

2019年9月のゲムスパの記事では、TGS2019にて公開されていたプレイアブル版には日本語が実装されていたようである(Game*Spark)。

2020年2月のファミ通.comの記事では、日本語はアップデートに従い、実装される予定との旨が確かに書かれている(ファミ通.com)。

2020年2月のGAME Watchの記事では、日本語(を含む多言語)は正式版リリースまでに実装される予定とのことが確かに書かれている(GAME Watch)。

2020年3月のSteam掲示板では、『日本語は実装されるか?』という問が出されているが、それに対する答えは『日本語実装されるかどうかは否定できない.肯定もできない.』という非公式の返信以外公式返信は確認できない(Steam)。

2020年6月のSteam掲示板では、『日本語は実装されるか?』という問が出されているが、それに対する答えは『現時点で実装は確認できない.期待して待とう.』という非公式の返信以外公式返信は確認できない(Steam)。

2021年12月のゲムスパの記事では、一年ぶりに大幅にアップデートされた旨が伝えられている(Game*Spark)。この時点では日本語が実装されていない、とのことである。

※ここまで、報道各社ともに、”アップデートに従い”だとか”正式リリースまでに”だとかの文言がローカライズとのからみで報じられている。また、その時期は”2020年後半までに”だとか、報道記事ごとに表記にブレがあるのが事実。なお、2021年12月の現時点でまだ本作は正式リリースには至っていない。

2021年12月公式ツイッターにおいては”2018”という文言とともに日本語実装されたSSが掲載されている。ただし、『日本語は実装されるのか?』という問がツイートされていて、それに対する公式の答えは返っていない(Twitter)。

☆私見では正式リリース、またはそれから若干遅れて日本語実装だと思っています。

※アイキャッチ画像はWORLD OF HORROR announcement trailer – YouTubeから
引用させていただきました。