カテゴリー

ゲーム関係  書評アニメ評  思想と学問  二次創作ブツ  ガジェット類

新着記事

ゲヲログ2.0

「FIFA」シリーズに絶望したあなたにオヌヌメできる、2022Q4~2023リリース予定の期待できるスポーツゲームタイトル3選

ちょっくらひとつづつ解説すっぞ! 今回のオハナシの発端 思うんですけど、「FIFA」シリーズですら不評を買っている今、別なスポーツタイトルに期待を寄せるってのは当たり前のことだと思うんですよ。 なんだかんだ言って「FIFA」は重課金ゲームですし、タイトルそのものの値段の高さもさることながら、サムズアップorサムズダウン、つまり賛否とその乖離も熾烈な様相を呈している。ここ最近にな...

記事を読む

【連載:ローグライト探訪記】「湮滅ライン」は「Dead Cells」同様傑作になれるか?

確かに、ゲーム「Dead Cells」が近年傑出したローグライトタイトルであることには間違いがない。ただ「Dead Cells」ができないことを「湮滅ライン」はしようとしているとあたしは思う。「Dead Cells」に何が足りないか?ということを考えれば、「湮滅ライン」のヤリクチも良く分かると思う。だから、ローグライトとしてどこが変わっているのか両タイトルを比較してみよう...という記事...

記事を読む

レーシングゲーム・レーシングスポーツにおけるラリーとオフロードの違い

どうやらコトの説明はいたって簡単で、ゲームを含むレーシングシーンにおけるラリーとオフロードの違いは簡単な言葉の定義の違いらしい。端的に結論から言うと、オフロード(オフロードレ―ス)の中にラリー(ラリーレイド)も含まれる...というのが真実なようだ。 これについては、Wikipediaが詳しかったので、そこから引用して解説を試みる。 次ページ~ラリーとオフロードの違い

記事を読む

回転寿司チェーン業界はデータサイエンスの”踊り場”か?

思ったんですけど、寿司屋とか外食チェーン店ってのはおそらくデータサイエンスのちょうどいいところを突いている業種だと思うんですよ。おそらく今回の騒動はなにか社内外の政治的な活動、つまり民間企業政治の典型的な事例になる可能性があると、あたしは思います。 例えば、仕入れ値・売値・売り方・およびそのノウハウ...典型的な回帰直線系のデータサイエンスがすごく合理性を持つ業種だと思うのです。いわば野球...

記事を読む

【連載:ローグライト探報記】期待のインディータイトル「Dome Romantik」~pubにRaw Furyがつき強化作「Dome Keeper」に進展

ハナシの始まり 期待のインディータイトル「Dome Romantik」がパワーアップしてリリースされるようだ。強化作のタイトルは「Dome Keeper」となり、このゲームのパブリッシングにインディー登龍の名門Raw Furyがバックにつくという。この経緯については同タイトルのSteamニュースページにかなり詳しく書いてある(Steam)。この『Dome gets a Publis...

記事を読む

【連載:ローグライト探訪記】攻略「ロスト イン ファンタランド」~ファーストステージをソウルオーブ(周回強化)無くしてクリアする【ツリーマン編】

ガイヨー 前回の続きです。今回は大樹のボス、ツリーマン編です。今回もスタンダードに戦士でいきます。やはりこの時点ではソウルオーブによる周回強化要素がないために、狂戦士は使いにくく、戦士のほうが使いやすいです。回復アイテムは+10HPが一回使い切りぽっきりしかありませんが、一つのミスが結果を左右するので、この回復アイテムもギリ重宝します。 その他、道中の注意事項は☝の記事と...

記事を読む

【連載:ローグライト探訪記】攻略「ロスト イン ファンタランド」~ファーストステージをソウルオーブ(周回強化)無くしてクリアする【大熊カートス編】

ガイヨー 死んでコツをつかむのが一番いい方法ではある. デモ版クリアということで、コツをつらつらと。ソウルオーブ(周回強化)無くして十分戦えます。ちなみにボスは大熊カートスを相手に倒せました...(というご報告)。ジョブはデフォルトの戦士でいいです。狂戦士は使いにくいです。 道中の注意点 休憩エリアやカード強化エリアをタイミングよく使う 一番に思いつくのは、休憩エ...

記事を読む

【連載:ローグライト探訪記】SRPG要素を加味した上その完成度極めて高し「ロスト イン ファンタランド」

序「Lost In Fantaland」 たしかに、ローグライトとその他のゲーム要素を組み合わせた事例は多い。問題なのは、そもそも”ローグライト”という言葉はあくまで、大局的なゲームデザインのこと・幅広いゲームデザインの成果を指すものでしかないということだ。(どのジャンルにおいてもそうかもしれないが...)ゲームそのものの詳細な設計に寄与する発想・およびその着想の自由を重要視したコ...

記事を読む

【連載:ローグライト探訪記】「Shovel Knight Dig」~IPの展開にファンの不満募る”やや好評”

いいタイトルだと思うんですがねぇ…これが”やや好評”(一時的に”賛否両論”にさえなっていた)というのはあたしはどうも納得できないw。どこがダメだったのか?ということが分かりにくい作風になっている(むしろそこが酷評している方たちの原因になっているのかも)。評価できる点と、疑問な点を少々...列挙していきます。 ショベルナイト+ローグライトとしてのゲーム全体のバランス シリーズお...

記事を読む