連載:ローグライト探訪記 | ゲヲログ2.0

連載:ローグライト探訪記一覧

【連載:ローグライト探訪記】「魔物娘と不思議な冒険2~2人の王と紡がれし約束~」”近年まれにみる、国産ゲームで中毒性高き傑作”

【お知らせ】「魔物娘と不思議な冒険2」のアーリーアクセス版の配信が開始しました!ぜひプレイしてみてください!◆Steam◆DLSiteローグライク #まもけん2 #魔物娘と不思議な冒険 #魔物娘 pic.twitter.com/qrKZTts1dF— ねことかげ@ゲーム開発中 (@nekotokage9653) April 9, 2022 とうとう発売された「魔物娘と不思議な冒険2」。ロ...

記事を読む

【連載:ローグライト探訪記】横スクロール式ローグライトACT「Skul: The Hero Slayer」詳解プレイレポート『骸の章』

ゲーム「Skul: The Hero Slayer」は、間違いなくローグライクより横視点2DACTのお手本だ! ストーリー 人間に捕まった魔王を助けるため、魔王軍専属・ちびっこ門番『スカル』が勇者たち帝国軍に向かって立ち上がる! システムの基礎 ゲームの基礎システムはローグライト横スクロールACTに分類されるもの。 主人公スカルは、ふたつの骸骨の”頭”を所持...

記事を読む

【連載:ローグライト探訪記】デッキ構築型ゲームに新たなダイナミズムをもたらした傑作「Vault of the Void」

化学調味料?「Slay the Spire」フォロワー作るときはガンガン使うよwだってうめえもんw ゲームの話だろ?何が言いたいんだ、お前は。 前から言っていることだけど...確かに傑作「StS」から伸びてきたデッキ構築型ローグライトというジャンルは、最近インディー系が主となり、その再設計が盛んに為されてきたゲームである。だが、YouTuber LayerQ氏も動画内で言うようん、「...

記事を読む

【連載:ローグライト探訪記】「20 Minutes Till Dawn」~「Vampire Survivors」の一貫した耽美版

おそらくはSteamで最も有名な『非進展型ローグライクアクション』のパイオニア・白眉「Vampire Survivors」にリスペクトをしたうえで、オリジナリティを折り込んだゲームタイトル、それが今回ピックアップする「20 Minutes Till Dawn」だ。 【ゲームの特徴】 本タイトルの特徴としては、この類のローグライクアクションのグラフィックス含むデザインに一貫性を...

記事を読む

【連載:ローグライト探訪記】ローグライトゲーム「Star Renegades」は他のゲームと比べて何が画期的なのか?

記事の要約:ゲーム「Star Renegades」は、ローグライトゲームのジャンルの枠にはまるのみならずあらゆるゲームが目指すべきゲーム設計配慮に優れている。その優秀さは、リプレイ性・難易度設計・世界観・長期サポートの各点において最高峰の出来である。マジで神ゲー。 Hello! We have an update for you regarding the roadmap, please ...

記事を読む

【連載:ローグライト探報記】ゲーム「Chrono Ark」~コンソール展開は”予定されている”

記事の要約:IGNの記事によれば、CS展開も予定されている。ただEAが長引いている点は懸念すべき点。一方、CS向けのインタフェース対応をどうすりゃいいかも課題。良ゲーであることには間違いない。 ゲーム「Chrono Ark」のコンソール展開は、IGNの記事によれば、あくまで”予定されている”ことだ、という(IGN)。邦語対応は”既に来ている”ので、あとJK期待できるのはコンソール展開という...

記事を読む

【連載:ローグライト探報記】期待のインディータイトル「Dome Romantik」~pubにRaw Furyがつき強化作「Dome Keeper」に進展

ハナシの始まり 期待のインディータイトル「Dome Romantik」がパワーアップしてリリースされるようだ。強化作のタイトルは「Dome Keeper」となり、このゲームのパブリッシングにインディー登龍の名門Raw Furyがバックにつくという。この経緯については同タイトルのSteamニュースページにかなり詳しく書いてある(Steam)。この『Dome gets a Publis...

記事を読む

【連載:ローグライト探訪記】攻略「ロスト イン ファンタランド」~ファーストステージをソウルオーブ(周回強化)無くしてクリアする【ツリーマン編】

ガイヨー 前回の続きです。今回は大樹のボス、ツリーマン編です。今回もスタンダードに戦士でいきます。やはりこの時点ではソウルオーブによる周回強化要素がないために、狂戦士は使いにくく、戦士のほうが使いやすいです。回復アイテムは+10HPが一回使い切りぽっきりしかありませんが、一つのミスが結果を左右するので、この回復アイテムもギリ重宝します。 その他、道中の注意事項は☝の記事と...

記事を読む

【連載:ローグライト探訪記】攻略「ロスト イン ファンタランド」~ファーストステージをソウルオーブ(周回強化)無くしてクリアする【大熊カートス編】

ガイヨー 死んでコツをつかむのが一番いい方法ではある. デモ版クリアということで、コツをつらつらと。ソウルオーブ(周回強化)無くして十分戦えます。ちなみにボスは大熊カートスを相手に倒せました...(というご報告)。ジョブはデフォルトの戦士でいいです。狂戦士は使いにくいです。 道中の注意点 休憩エリアやカード強化エリアをタイミングよく使う 一番に思いつくのは、休憩エ...

記事を読む