カテゴリー

ゲーム関係  書評アニメ評  思想と学問  二次創作ブツ  ガジェット類

新着記事

レビュー | ゲヲログ2.0

レビュー一覧

ゲーム関係者にとって「英語圏」とは何か?【人口減社会でメディア媒体を基軸に戦う方法についての考察】

記事の要約:人口減社会において、持続可能な発展的利益をもたらすには、本来自身が持つ生産性そのものを上げるか・ブルーオーシャンに繰り出すかの選択肢しかない。そのブルーオーシャンは英語圏に繰り出すか、新しいイノベーション(技術革新)を試みるか、この点に限られる。 ゲーム関係者にとって「英語圏」とは何か?今回このYouTubeチャンネルの紹介動画を見て着想を得たことをつらつらと。 二者択一...

記事を読む

ゲームがらみのプレゼント企画を当選させる方法

これはめっちゃくちゃ簡素な発想で、だれもが実行可能な方法です。誰でもできます。まず、念頭に入れておいておきたいのはプレゼント企画には二種類大別できる...ということを忘れないでおいてほしいです。 まず、一つ目は、 ・投稿文章を見てくれるプレゼント企画(選別型) 二つ目は、 ・投稿文章を見てくれないプレゼント企画(確率型) です。 ではこのふたつは何ぞや?と思う...

記事を読む

ゲーム「大学院生TRPG」から推測できる大学院生活のキツさを元修士院生が院時代を振り返りながら紐解く

たぶんリアリティあるタイトルになる...と思う。 修士課程で優秀な院生の特徴 一様修士課程の経験ありますがw、かなりきついです...。トントン拍子で進む人は、先行研究当たるのが上手かったり(そもそもいい論文を多く読んでフォーマットの形を保持している方が優秀なのには多い)、学会発表の経験が何回もあったり...つまり『優秀な人は、院入る前から優秀』ということがままある。大学院では、優秀な...

記事を読む

ガチャ規制はどうあるべきか?【ガンホーの事例にみる】

記事の要約:ガチャ規制は難しい。それは、端折って言えば、ガチャそのものが未来への選択肢だからである。ガンホーの提示するガチャポリシーは企業のCSR上の問題でもありながら、社内外政治の一環でもあるはずだ。 ”ガチャ騒動”の前提 WIREDが昨年2021年3月にガチャ規制について報じている。題は『ソーシャルゲームのガチャは規制されるべきなのか?海外の最新事情は?』というものだ(関連リンク...

記事を読む

『令和のアストロノーカ』は作られるか?

勝手に検証シリーズホニャララ。 モリカトロンの立ち位置 モリカトロンは、ゲーム「アストロノーカ」の開発会社ムームー代表の森川氏が設立したAI専業のゲーム関連会社。公式のTwitterアカウントもYouTubeアカウントも開設されているが(騙る人がわざわざ出てくるとは思えんのでおそらく公式)、ムームーが有限会社のころから、開発にサブとして接する、マネジメント・アナライズ・コンサルテーシ...

記事を読む

SukeraSparoニッチな百合ゲー”押しラブ”で攻める~ボイスドラマクラファン企画進行中【百合こそ宇宙、宇宙は平和】

既に4Gamer.netが報じているが、百合ものADVとして国際的に有名なIP「推しのラブより恋のラブ」のボイスドラマ版を作ろうと、ゲームdev SukeraSparoがクラウドファンディング企画を旗揚げした。8/1付けで4Gamer.netが記事で伝えている(参考リンク:「推しのラブより恋のラブ」,新作ボイスドラマのクラウドファンディング実施中)。 今回のファンディングはクラ...

記事を読む

今格ゲー界で多用されている「ロールバックネットコード」とは何か?をIT低能が低能なりに懸命に調べ解説してみた

ハナシの始まり 「ロールバックネットコード」という技術を最近多く聞く。特にアーク製の格闘ゲームで実装されていることを発端に知られることになった。ではこれは何か?ということを、ITパスポート初級技術者レベルの低能なあたしが、低能なりに懸命に調べ解説してみるという記事です。 ガイヨーセツメー これね、ぶっちゃけ英語版Wikipediaの「GGPO」の記事がかなりわかりやすい(Wi...

記事を読む

【激論】「ヘブンバーンズレッド」でヴィジュアルアーツは難局を打開できるか?

思うにVAも工夫はしてきてると感じてるんですよ。そもそも、ヘブバン(ゲーム「へブンバーンズレッド」のことネ)はもとより今、このご時世でゲームを作り続けるってのはかなり難しい領域に入っていると思います。 例えば、フロムのゲーム「エルデンリング」でさえ同じことが言えます。このゲーム「エルデンリング」はソウルライクというジャンルの最後尾に位置するようなポジショニングのタイトルで、やは...

記事を読む

高校時代、SteamやPCゲームのハナシをすると友人たちは驚いた【ハイスクール・オブ・スチーム物語】

高校時代、Steamの話をすると、周囲のゲーム仲間はみな驚いた。彼らはいったい何に驚いたのだろうか? セールがあること タイトルの大型セールがあることを知らない友人が多かった。大型セールでは、90%オフが軒並み出そろうSteam登録ゲームのことを言うと、驚かれた。ご存じの通り、その他、種々のジャンルに沿ったものなどセールは多々ある。高校時代は、そもそもSteamの存在自体知らない、つ...

記事を読む