スタジオコロリド/Netflixが協業で放映するアニメーション映画「好きでも嫌いなあまのじゃく」~その公開日5/24が迫る | ゲヲログ2.0

スタジオコロリド/Netflixが協業で放映するアニメーション映画「好きでも嫌いなあまのじゃく」~その公開日5/24が迫る



スタジオコロリドがNetflixと協業で放映するアニメーション映画「好きでも嫌いなあまのじゃく」の公開日が迫ってきている。公開日は2024年5月24日で同日Netflixで配信されるほか、日本国内で劇場公開も予定している。監督は「泣きたい私は猫をかぶる」で監督デビューをした柴山智隆(元スタジオジブリ所属の作画担当者)が務める。スタジオコロリドの劇場アニメ作品としては、「雨を告げる漂流団地」に続くタイトルとなる。公開される映画では、人間の少年である八ッ瀬柊(CV:小野賢章)と、鬼の少女であるツムギ(CV:富田美憂)との交流の様子を描く、という。

スタジオコロリドはNetflixの日本法人(Netflix合同会社)と複数年間にわたって新作映画3作を共同制作するという、アニメスタジオとしては、映像ストリーミング世界大手と異例の契約を締結しており、今回の作品「好きでも嫌いなあまのじゃく」がその2作目となる(つまり、もう一作は少なくとも作られNetflixと協業で配信する見込み)。スタジオコロリドは、コロナ禍でその公開延期がされたりと、紆余曲折あった「泣きたい私は猫をかぶる」を巡って、Netflixサイドと同作配信の接点を見出した経緯があるアニメーションスタジオ。高品質なアニメーション映画制作で知られる国内の有力スタジオだ。

本作「好きでも嫌いなあまのじゃく」の制作にあたっては、山形県内の自治体や自治団体・教育機関がロケハンやイベント開催などに協力しバックアップしている。実は5月初から中旬にかけて、そのノベライズ版は既に2作品発売されていて、ストーリーのプロットはアニメーション映画そのものが公開される前から、大筋で把握できる状況にある。ノベライズ版を手掛けたのは、岩佐まもる(角川文庫版)と三國月々子(角川つばさ文庫版)。