カテゴリー

ゲーム関係  書評アニメ評  思想と学問  二次創作ブツ  ガジェット類

新着記事

【未だ衝撃と熱が冷めない!】「サイバーパンク: エッジランナーズ」ルーシーの幼少期について海外Wikiの記事から、足りない英語力と脳力を全力で駆使して抄訳・解説してみる。 | ゲヲログ2.0

【未だ衝撃と熱が冷めない!】「サイバーパンク: エッジランナーズ」ルーシーの幼少期について海外Wikiの記事から、足りない英語力と脳力を全力で駆使して抄訳・解説してみる。

未だに、その放映から衝撃と熱が冷めない「サイバーパンク: エッジランナーズ」ですが、個人的には、ちょっとルーシーの話が読み取れなかったので(特に幼少期の部分)、復習がてら、抄訳をしてみます。英語の勉強を兼ねてですが、TOEIC550~600という最高のヘタレであるがゆえ、甘い点・間違いもあるとは思いますが、足りない頭を捻って全力で訳してみます。オナシャス!

※ソース:Cyberpunk: Edgerunners | Cyberpunk Wiki | Fandom

Hiroyuki Imaishi (Gurren Lagann, Kill la Kill, Promare) directed the series along with assistant director Masahiko Otsuka (Gurren Lagann, Promare), creative director Hiromi Wakabayashi (Kill la Kill), character designers Yoh Yoshinari (Little Witch Academia, BNA: Brand New Animal) and Yuto Kaneko (Little Witch Academia), and the adapted screenplay by Yoshiki Usa (SSSS.GRIDMAN, Promare) and Masahiko Otsuka (Gurren Lagann, Kill la Kill, Promare). The original score was composed by Akira Yamaoka (Silent Hill series).

本作「サイバーパンクエッジランナーズ」は、代表作として「天元突破グレンラガン」「キルラキル」「プロメア」で広く知られる今石洋之をディレクターに、大塚雅彦をアシスタントディレクターに、若林広海をクリエイティブディレクターに、吉成曜・金子雄人(代表作「リトルウィッチアカデミア」)をキャラクターデザイナーに、宇佐義大・大塚雅彦を脚色職に、山岡晃(代表作「サイレントヒル」)をコンポーザに、それぞれ据えて作られた『ゲーム本編を知らない人でも楽しめる』Netflixオリジナルアニメーションである。周知のごとく、傑作として名高いシリーズになった。

次、ルーシーの容姿と幼少期についてのあらすじの再確認になるちゃ。