【Steamゲームレビュー】「Young Souls」~単なるソウルライクにとどまらず工夫趣向に富んだオリジナリティのあるベルトスクロールACTゲーム | ゲヲログ2.0

【Steamゲームレビュー】「Young Souls」~単なるソウルライクにとどまらず工夫趣向に富んだオリジナリティのあるベルトスクロールACTゲーム

今日リリースされたゲーム「Young Souls」のレビュー。どうも、肝心な根幹の部分はすごく他のメディアが解説してくれているので、はしょって自分の感じれたところをレビューする。


Winストア版はなぜか現状”日本語サポートがない”と表記されているが、起動すりゃわかる通り、日本語ローカライズに『バリバリ対応しています』(w)。☟ごらんのとおり、敵キャラの発言に至るまでしっかり日本語で楽しめてます!(画像はWinストア版ですが、とりま同じものがSteam配信されてるちゅことで、Steamゲームレビューと銘うっておきますw)

初章のボス(?)であるディンコイひとつとっても、ヒット&アウェイのみでは対応できない。敵の攻撃パターンが豊富で、けっこう高度な戦術による対応力が冒頭からギッチリ求められる…

ゲームは章立て(具体的にいうと本タイトルではそれを”ゾーン”式というらしい)で進行する。プレイ感覚はソウルライク系ベルトスクロールACTといった感じ。かなり異色を放つ独特なゲームであり、これまでプレイしたことがないような感触を受けた。というのも、ソウルライクのように相手との間合いを取って、うまく立ち回りながらドッジ&ロールで攻撃を受け流していくというお決まりのルールが求められつつ、それがベルトスクロールACT系のシステムと融合している。『ソウルライク』という言葉では表現が足りず、+α、つまりベアナックルのような”融通の利く”戦闘システムを用意しているのがわかる。このあたりかなり工夫したな、良く考え抜いたうえで作られているなといった印象を受ける。隅々まで微調整が為されていて、ゲームバランス面で優れている。ゲームデベロッパとして、俯瞰的な対応力を見せたといった感じ。戦闘シーンの基盤は、ふたごの主人公キャラを入れ替えながら戦う、一騎当千方式に蘇生の概念を取り入れたものになっている。蘇生行動は章ごとにその上限が回復するという回数条件付きのアクションになってる。いずれにしたって、バッシュヘッジやロールをうまく駆使しないと切り抜けられないという戦闘システムが採用されている。蘇生には時間がかかり、ふたりともやられると章=ゾーンは巻き戻されやり直しになる。金策やレベルアップと習得技術の兼合い、およびアイテムのやりくりもゲーム後半になっていくに従い重要になるようだ。

立体感のある、演出面で優れているゲームというのが始まってすぐ感じた第一印象。特にアニメーションで描かれるキャラの生き生きとした描画やカメラワークに優れている。冒頭、主人公らを乗っけたバスが道路を走りながら、ロゴが画面上部に表示される開幕シーンには率直に感動したよ。

時折挟まれるシナリオシーンも非常によく考えて作られている。というのも、シーンの合間合間に3D視点の動画がはさまれたりと、まるでひとつのアニメーション作品を見ているような演出効果に溢れている。だからこういったゲームにありがちな『シナリオ退屈~…』っていう感じになりにくい。しかもそれらを早回しにして送れるという設計上の配慮もあって、速読しながらシナリオを大局的に把握・理解しながら、速攻でそういった”余計な部分”を省くこともできる。そういう意味では、世界観の風呂敷を敷いてしまって表現している「ダークソウル」や「エルデンリング」といったフロムゲーの話の追い筋をよくかみ砕いて表現ができてるなと思う。決して『なにかが第一作としてあってそれに影響を多大に受けたゲームタイトル』という枠に留まらないゲームになっているのがようわかる。

シナリオパートは複数用意された発言の選択肢によっても左右されるみたいだ。

どうやら博士がシナリオのキーワードになるみたい。博士は主人公らの育ての父親である科学者で、偉い教授らしい。ポータルとかいうワールドテレポートシステムでどっかに失踪したようで、その”父親”を探しに旅に出て、ダンジョンに繰り出しながらも、時折自宅や街に戻っていろいろと物資調達をするっていう感じの一連の進行スキームかなぁ…。街パートでは上に書いた通り、ダンジョンで稼いだカネでアイテムゲッツすることなど、マネジメントの側面も求められる。この辺りはアップグレードなどのシステムも含め、AUTOMATONの記事に簡潔に書かれているので参照してほしい。

例えば、自宅のベッドで寝ると、貯めた経験値によるレベルアップの恩恵を受けられる。

devはフランスの小規模のスタジオ1P2Pとかいうとこらし。仏のdevらしく、デザイン面では粗がなくて、シームレスかつ滑らかにアニメ調のキャラがトコロ狭しと躍動する。なんつかフランス人っていわゆる日本式の「萌え」は理解している上、それ以上にオリジナリティある表現に優れてるよな…矛盾あるところ・批判すべきところがほとんどない、それぐらいグラフィカルな面でもデザインが精緻でセンス・バランス感覚に優れている。カリグラフィーに至るまでハイセンスで日本語表記まで(厳密な邦語表現も含め)極めて的確。ゲームに対する理解力が高いから、こういうことができるんだろうね。逆を言えば、これほどまでに作りこまないと売れるゲームにはならない、という鉄則も見せ付けられた感じ。

Steamページにおいても見受けられる通り、デザイン面ですごく際立ってハイセンスさを感じる出来です。

Metacriticのスコアも大体80ぐらいか、かなり評価は高いよ。買ってみて正解だと思います・率直にそう思う。久々にアタリのタイトルに出会ったね!日本人のコアゲーマでも2500イェンぐらいのフルプライスで買ってみても後悔はしないと思うな。

※画像はアイキャッチ画像も含め、公式プレスキット・Steamページおよびゲーム内より引用