連載:クマでも読めるブックレビュー | ゲヲログ2.0

連載:クマでも読めるブックレビュー一覧

書評「マンガ・アニメで論文・レポートを書く」

どっちかっていうとケーススタディーよりの研究論文をまとめたもので、著者である山田先生も、『そこらを参考にして若干真似でもいいので自分で書いてみてね☆』ってつってる。たしかにこの観点から見れば本著はかなり有効なものだ。ケースバイケースで様々な観点から切り口を見つけ、『この研究分野ならばこのかた・あるいはこのかた』といったように全体うまくまとめてある。著者曰く『自分でも書けるんじゃね?って思...

記事を読む

雑誌「CUT」2022年2月号~アニメ特集だったのでつまみながら読んでみた。

記事の要約:雑誌本来のありかたが問われる一号に過ぎない。アニメ特集としても新規性に欠ける号だった。残念です... まぁ、先だってスパファミの特集をしたのは評価ができるけんども、肝心の内容が声優インタビューだけなんだよね。もっと肝心の評論の中身だって、走り書きですべて書かれていて、主人公のひとりであるロイドが『完全なスパイ☞不完全な形の人間』...もっといえば、いわば”父”になるって...

記事を読む

書評「eスポーツ選手はなぜ勉強ができるのか」すいのこ著

本書は普通にいい出来です。内容は単純.というわけであたしがそれをまとめます。 本書の内容 第一章では、ゲームが出来るのに勉強もできる、というPの”ありえた形”をありのまま事実に即して冷徹に書いている。事実として高学歴ゲーマを多く紹介し、考える力と研究力との差異はあまりない、ゲームにおける応用性もまた重要だ、といういわば広範なゲーミフィケーション的なスタイルをかたどった筆致です...

記事を読む

書評「SPY×FAMILY 家族の肖像」【現代版サリンジャー?】

本書の内容 面白いです。帯にあるようなフォージャー家の秘密...というより、ザ・サーガのような、あるいは、ザ・サードとでもいうべきような、本筋の漫画ストーリーの”外伝”と”補完”を兼ね備えた、稀有な書だと思います。原作がもちろん遠藤先生(押絵もそう)、小説本文の担当は矢島綾先生によるものです。内容としては、ダミアンとアーニャ(エピソード1)・ユーリとアーニャ(エピソード2)、加えて...

記事を読む

テキストマイニング教本はこれ二冊で決まり!

まず一冊目、これです。これが基礎です。めっちゃくちゃわかりやすくて言語学初歩にも使えます。意外でしょうけどこれを推します... 教師データの集め方 まず、第一に教師データの集め方から書かれている。クレンジングがらみで学ぶことは多いと思う。ここで先んじて、教師あり学習と教師なし学習の兼ね合いを整理しておこう。 学習の種別 予測するもの 正解あり(教師データあり)かど...

記事を読む

ギルティギアシリーズのメイグッズが届いたので、いまさら「動物化するポストモダン」(データベース消費)を批判する

ようやっと届きました...大川ぶくぶ先生デザインのメイクッションです. たしかに面白い論だ。例えば、このグッズについていえば、データベース消費でカバーリングできない範疇に商品があるのは簡単に誰でもわかる。具体的に言えば、GGシリーズのメイをデザインしたのは、間違いなく”大川ぶくぶ”という漫画家ではない。GGの企画・制作スタッフであって、大川先生ではない。つまり鏡の言うように...

記事を読む

書評「日本人は論理的でなくていい」山本尚

前項(山本尚先生が学術会議を批判できるのは(その賛否とは別の意味・次元で)先生のご専門が化学であることに起因する | ゲヲログ2.0)に引き続き、山本尚先生のご意見を詳しく見聞きするために借りてきました(図書館でw)。というわけで、内容を章ごとに箇条書きでまとめてみて、そのうえでひとつひとつ解析していきます!大局的にはわかりやすく、論理のつじつまはちょい複雑な面があっても、平易な文章で綴...

記事を読む

書籍レビュー「ゲーマーが本気で薦めるインディーゲーム200選」~酷評させていただく一方で、賞賛させてもいただく。

なんかねぇ...小粒なものが多いんだよね。インディータイトルとして有名どころは押さえておらず、かなりニッチなタイトルが数多く上る。だから、まず、目につく悪いところを具体的に挙げていって、最後に良いところ・および賞賛すべき点までをも挙げて〆ようと思いマッスル。 悪かったところ ・”本気で薦める”にしては、タイトルがニッチ過ぎる 本書のタイトルは、「ゲーマが本気で薦めるイン...

記事を読む

ドット絵教本はこれ二冊で決まり!

というわけです。どっちとも中古だけど、これ二冊で決まりや! まずは一冊目!だれでも「ペイント」だけでドット絵職人になる! ★書誌情報★ 『ドット絵職人―すべてのパソコンに入っている「ペイント」ツールでつくる』 出版社:エムディエヌコーポレーション 出版年:2007年 ページ数:155ページ 価格:Amazonマケプレで500円程度 お勧めす...

記事を読む