カテゴリー

ゲーム関係  書評アニメ評  思想と学問  二次創作ブツ  ガジェット類

新着記事

ゲームパブリッシャとしてのHumble Games~既往作で徹底タイトル攻勢に出る. | ゲヲログ2.0

ゲームパブリッシャとしてのHumble Games~既往作で徹底タイトル攻勢に出る.

最近、Steamでゲームパブリッシング名の欄でHumble Gamesという表記があるのをよく見ないだろうか? ぶっちゃけこの本家家元のHumble Bundleに関しては批判もでかい. だが、派生したHumble Gamesの営利動向を見る限り、あたしはかなりゲーマとして歓迎できるような空気感は感じる. こういうのでいいんだよこういうので.

A small team based largely out of foggy San Francisco, Humble Games is the result of a shared passion to support indie developers, deliver top-quality content to gamers around the world, and continue the Humble mission to be a force for good in the industry and across the globe. With a dedication to gamers and developers alike, Humble Games is a publisher willing to challenge the norm that has been expected of its predecessors. More Games. Better Games. Fairer Deals. All while prioritizing social impact and social good.

Who We Are – Humble Games

どうやら、このpub Humble Gamesは、大方が想像する通り、買い切りチャリティーバンドルサービスでPCゲーマに広く知られるHumble Bundleから始まった、その非公開会社の系譜に属する、小規模なインディータイトルの運営サポート部のことらしい(Wikipedia)。そんなHumble Gamesが、彼らのミッションで血気盛んにアピールするように、今ちょうどHotなゲームIPを多く持っている。確かに、そのうちどのゲームも必見に値する傑作になるポテンシャルがあるとあたしは思ってる…(ちょっとでも紹介したいので、こういう記事書いてます☆

ちゅーことで、次に具体的なタイトルを挙げてみよう…