日本語化

ゲーム関係

「Frail Hearts: Versicorae Domlion」~日本語化予定はあるとの返答有

去る昨年8月にリリースされたラヴクロフト系JRPG「Frail Hearts: Versicorae Domlion」。そのローカライズ予定に日本語も含まれる見込みであることが判明しますた。ソースはfameが開発公式Discord上で質問したことに答えられたものです。 fameによれば、「日本語化して友達とSwitchとかPSで遊びたいんすけど...日本人にも受けが良いと思いまするから、実装されたら絶対にフルバージョンを買うよ!素晴らしいタイトルだからね☆」とサーバで言及したところ、モデレータのFiore氏から次のような答えが返ってきたとのこと。 こんにちは!fame、ホリデーシーズンを楽しく過ごしているかな。おっしゃる通り、FHの日本語翻訳には大変興味があるよ。現在、適切な翻訳者を見つけるためにベストを尽くしているよ。 ゲーム「Frail Hearts: Versicorae Domlion」は、四つのストーリーを追っていく形で構成されるオールドスクールのJRPG。現時点で「Frail Hearts: Versicorae Domlion」は英語と伊語...
ゲーム関係

”2D版「Fable」”こと「Kynseed」~日本語ローカライズは公式Discord情報筋によれば『ありうる』

Lionhead Studiosの元スタッフによる”2D版「Fable」”こと「Kynseed」...その日本語ローカライズは公式Discord情報筋によれば『ありうる』ことらしい。本作のローカライズを巡っては、公式サイトのF&Qに回答があり、その声明では日本語が優先される、ということは少なくとも確認できない。ただ、文言としてあるのは... ・EA期間中はあまりローカライズに力入れられんポ. ・開発が進んだら多言語ローカライズもしたいと考えておるヨ. ということだけだ。だが、公式のDiscrod鯖で、ブラジルポルトガル語に関する質問に、鯖モデレータ兼開発者であるLionbum氏による回答がしかとある。関連する質疑の中で曰くところによれば、ドイツ語/中国語/日本語/スペイン語については実装したいとのこと(it's one I think we should do sooner than later with german, chinese, japanese, spanishとの発言有)。多言語ローカリゼーションは決して”約束はできないが(not g...
日本語化

ゲーム「Across the Obelisk」~日本語実装は”期待できる”【一次ソース有】

一言でいえば、共闘版StSフォロワーといったところか。カードデッキを組んで、協力パーティを運用するタイプのカードデッキ構築型ローグライトシミュレーションゲー、それが「Across the Obelisk」。優れたゲーム性はSteamで好評を博している時点で折り紙付きだが、邦語対応の情報はどのゲーム系メディアでもいまだに公開されていない。だが、タイトル「Across the Obelisk」には日本語含むマルチランゲージ対応の見込みがあるという。一次ソースは開発者であり公式Discord鯖ブーターであるHans氏による回答である。 次ページ~日本語化情報一次ソース
日本語化

「Don’t Starve」「Don’t Starve Together」両タイトルの日本語化方法【2022/8最新版】

スタンドアローン版としてリリースされた、ドンスタCo-op版「Don't Starve Together」. 実はシングルプレイも可能で、これ一本でオフライン起動も可能なので、いまさら同IPの無印版過去作を買う意味はないっちゃない. 2DサバイバルACTADV「Don't Starve」はCo-op版が待望されていた時代があって、Kleiもけっこう渋ってた印象があたしなりに感じるところです。かなり個性的なゲームばかり作る良いdevですから、こだわりがあったのかな?って思います。 んで、今のところ、ドンスタのトゥゲザー(後者)を買ってしまえば、こいつ単体でも無印版ドンスタを買わず、シングルプレイもできてしまいますから、ぶっちゃけ無印版を買う意味はないっちゃないです。ですが、無印版ドンスタなりの良さがあるといえばあるみたいなので、そのあたりはSteamレビューなりなんなりを参考にしてください。 これに比べて、イサックがCo-op版でないのはなぜなのだ...ちなみに、Switch版のトゥゲザーがふつーに邦語対応されて発売されていますから、Steam版も日本語化がいまさらな...
日本語化

GamePass(ゲーパス)版「Hearts of Iron Ⅳ」の日本語化方法を超簡単かつ丁寧に解説してみる【最適版】

6段階で解説・確認しましょう... 1・インストール後、HoI4本体(ゲーパス版)をまず起動しておく。 2・C:\Users\(ユーザ名)\Documents\Paradox Interactive\Hearts of Iron IV GamePass\mod となるようにmodフォルダを作成する。 3・Githubから日本語化MODファイルをDLする。 ☞リンク: ここまではまぁいいと思います。次がちょっと複雑ですが、ひとつひとつやっていけばごく簡単です。 ※画像:ゲーム「Hearts of Iron Ⅳ」より引用. 次ページ~MODファイルの適用
連載:ローグライト探訪記

【連載:ローグライト探訪記】「Darkest Dungeon」続編”Ⅱ”も販売絶好調~正式リリースおよび主要コンソールでの日本語実装発売はいつか?

記事の要約:暗黒に身を委ね、狂気に駆られることができるのは、早く見積もって2023Q2~Q3だろう(Steam/CS機). KADOKAWAから日本語版が各プラットフォーム向けに2018年8月9日に発売されてから、三年と余月あまり...早期アクセスタイトルとしてEpicから発売された傑作の続編がある。その名「Darkest Dungeon Ⅱ」という(Epic Games Store)。 今回のお題 約一日で既に10万本を販売したという本作(Twitter)、Epic StoreからしかEA版は発売されておらない現状を見て、皆が思うだろう...『なぜ?なぜ?Epicからなの?Steamじゃないの?』と。だが、Epicから発売されるのは、単純にロイヤリティの問題だろう。 となると疑問になるのは、この”Ⅱ”がいつSteamプラットフォームで発売されるか?その日本語化はいつになるか?という問題と、それに付随してPSなどの主要コンソールでいつ発売されるのか?という問題だ。これを予測してみよう。重要なのは前作”Ⅰ”のスパンと”Ⅱ”に関して声明を評している...
日本語化

ゲーム「Symphony of War: The Nephilim Saga」~日本語実装へ【一次ソース有】

既にゲムスパが報じているが、「伝説のオウガバトル」や「ファイアーエムブレム」に多大な影響受けたと思われるSRPG「Symphony of War: The Nephilim Saga」には日本語含むマルチランゲージ対応の見込みがあるという(Game*Spark)。説明するには、ちょっと複雑な段階を踏まなければならない故、その経緯を追ってみよう。 ①前述のゲムスパの記事において、確かに”日本語対応”と同SRPGタイトルが紹介されており... ②同記事のコメ欄に『日本語ないでよ☆邦語化MODもないよ!』とツッコミが入っていて... ③たしかに②のコメの通り、今のところは英語にしか対応していないものの... ④同タイトルの公式Discord鯖で、担当者がマルチランゲージ対応予定と明確に答えていて... ⑤その発言文中に日本語(Japanese)も確かに含まれている. ...ということとなる。一次ソースの詳細も含め、次ページで論理をテイネイに説明しよう。 次ページ~日本語化情報一次ソース
日本語化

現役ボードゲーム№1「Gloomhaven」~Steam版が日本語化可能に

世界のボードゲーム評価サイトで№1の座に長く君臨し続けている傑作「Gloomhaven」(BoardGameGeek)。2017年のアナログ版を端を発するその古株は、発売当初より、ボドゲのレビューサイトとしてかの有名なBGGで数ある栄誉を総なめにしてきた、という(ぼくとボドゲ)。もともとのアナログ・現物版の日本語版は、2020年春にアークライト様様によって既に発売されており、価格は税込みで33000円(!)・総重量10kgというカタブツ...(アークライト) コアゲーマが数多くいるSteamerの間でも、優れたボドゲタイトルのデジタル移植版がリリースされていることはあまり知られていない。だが、今年4月末ごろから入ってきた情報によるとその日本語化が可能になっている、というのだ(Twitter)。残念なことに、引じたツイート記載のDiscordグループへのリンクは踏めなかったが、実際懇切丁寧なガイドが執筆されているおかげで、我々二ポンジンも傑作ボドゲのデジタル版を邦語で遊べるようになったんだ! BGGランキング1位をひた走るGloomhaven。Steam版も有志日本語化が...
日本語化

伊藤潤二・ラヴクラフトの影響を受け制作されたホラー/怪奇小説系ADV「World of Horror(恐怖の世界)」【日本語実装の動向まとめ】

この記事はSteam/PS4/Switchで配信予定のホラー/怪奇小説系ADVゲーム「World of Horror(恐怖の世界)」(Steam)の日本語ローカライズに関する情報をまとめたものです。ファミ通.com/ゲムスパ/itch.io/GAME Watch/Steam/公式ツイッターの各種メディア媒体にリンクを貼ってまとめています。和文で確認できる情報を時系列順に網羅しているはずです。 ・2018年9月のファミ通.comの記事では、日本語が実装予定とのことが確かに書かれている(ファミ通.com)。 ・2018年10月のゲムスパの記事では、TGS2018にて公開されていたプレイアブル版には日本語が実装されていて、日本語も実装予定とのことが確かに書かれている(Game*Spark)。なお、中国語/イタリア語も実装予定とのことが確かに書かれている。 ・2019年6月のゲムスパの記事では、その時点で公開されたデモ版では日本語が実装されているとのことである(Game*Spark)。なお、このデモ版はitch.ioにて今でもDL可能である(itch.io)。 ・20...
日本語化

デッキ構築型カードゲームの元祖にて頂点F2Pタイトル「Dominion(ドミニオン)」~Steam版日本語化決定

4Gamer.netも伝えるように、デッキ育成型カードゲーム(デッキ成長型・デッキ構築型とも言われる)の元祖と崇められる傑作「Dominion(ドミニオン)」のSteam版(共にモバイル版も)日本語化が決まったという(4Gamer.net)。対応作業は間もなく終わり、当然基本プレイ無料という形を継続したうえで配布される。なお、邦語版の配布時期は未定。 Dominion coming in Japanese soon! iOS: pic.twitter.com/Eu1ssPZ7r9— Temple Gates (@Temple_Gates) October 10, 2021 この邦語化の対応表明は上述のとおり、開発会社であるTemple Gatesの公式Twitterにて表明されたものであり、確実に約束されたものだ。唯一J-Steamerとして問題だと思われる点はひとつだけ。「Dominion」と同じくデッキ育成型カードゲームとして名をはせる「Heart of Crown PC」の開発元FLIPFLOPsGamesから発売される予定の、ハトクラ新展開とされる新作デッ...