カテゴリー

ゲーム関係  書評アニメ評  思想と学問  二次創作ブツ  ガジェット類

新着記事

日本語化 | ゲヲログ2.0

日本語化一覧

ゲーム「Across the Obelisk」~日本語実装は”期待できる”【一次ソース有】

一言でいえば、共闘版StSフォロワーといったところか。カードデッキを組んで、協力パーティを運用するタイプのカードデッキ構築型ローグライトシミュレーションゲー、それが「Across the Obelisk」。優れたゲーム性はSteamで好評を博している時点で折り紙付きだが、邦語対応の情報はどのゲーム系メディアでもいまだに公開されていない。だが、タイトル「Across the Obelisk...

記事を読む

「Don’t Starve」「Don’t Starve Together」両タイトルの日本語化方法【2022/8最新版】

スタンドアローン版としてリリースされた、ドンスタCo-op版「Don't Starve Together」. 実はシングルプレイも可能で、これ一本でオフライン起動も可能なので、いまさら同IPの無印版過去作を買う意味はないっちゃない. 2DサバイバルACTADV「Don't Starve」はCo-op版が待望されていた時代があって、Kleiもけっこう渋ってた印象があたしなりに感じるところです...

記事を読む

GamePass(ゲーパス)版「Hearts of Iron Ⅳ」の日本語化方法を超簡単かつ丁寧に解説してみる【最適版】

6段階で解説・確認しましょう... 1・インストール後、HoI4本体(ゲーパス版)をまず起動しておく。 2・C:\Users\(ユーザ名)\Documents\Paradox Interactive\Hearts of Iron IV GamePass\mod となるようにmodフォルダを作成する。 3・Githubから日本語化MODファイルをDLする。 ☞リンク:...

記事を読む

【連載:ローグライト探訪記】「Darkest Dungeon」続編”Ⅱ”も販売絶好調~正式リリースおよび主要コンソールでの日本語実装発売はいつか?

記事の要約:暗黒に身を委ね、狂気に駆られることができるのは、早く見積もって2023Q2~Q3だろう(Steam/CS機). KADOKAWAから日本語版が各プラットフォーム向けに2018年8月9日に発売されてから、三年と余月あまり...早期アクセスタイトルとしてEpicから発売された傑作の続編がある。その名「Darkest Dungeon Ⅱ」という(Epic Games Stor...

記事を読む

ゲーム「Gravity Circuit」~日本語実装へ/コンポージング担当はDominic Ninmark氏

期待かかるゲーム「Gravity Circuit」のローカライズ言語に日本語が含まれることが決まったようだ。 これは現在、同タイトルのSteamページにて公開されている情報から読み取れることで、ゲームはマルチランゲージ対応になるもよう。日本語・韓国語・中国語などを含む9か国言語に対応するようにページ内の対応言語リストはアップデートされており、ページ自体に記載されている情報もすべて日...

記事を読む

ゲーム「Symphony of War: The Nephilim Saga」~日本語実装へ【一次ソース有】

既にゲムスパが報じているが、「伝説のオウガバトル」や「ファイアーエムブレム」に多大な影響受けたと思われるSRPG「Symphony of War: The Nephilim Saga」には日本語含むマルチランゲージ対応の見込みがあるという(Game*Spark)。説明するには、ちょっと複雑な段階を踏まなければならない故、その経緯を追ってみよう。 ①前述のゲムスパの記事におい...

記事を読む

現役ボードゲーム№1「Gloomhaven」~Steam版が日本語化可能に

世界のボードゲーム評価サイトで№1の座に長く君臨し続けている傑作「Gloomhaven」(BoardGameGeek)。2017年のアナログ版を端を発するその古株は、発売当初より、ボドゲのレビューサイトとしてかの有名なBGGで数ある栄誉を総なめにしてきた、という(ぼくとボドゲ)。もともとのアナログ・現物版の日本語版は、2020年春にアークライト様様によって既に発売されており、価格は税込みで330...

記事を読む

【連載:ローグライト探訪記】「Rogue Legacy 2」devによれば、日本語ローカリゼーションは”未定事項”

既にAUTOMATONなどでその片鱗が報じられているように、期待できるローグライトアクションゲーム「Rogue Legacy 2」の日本語ローカリゼーションは、”未定事項”であるようだ(AUTOMATON)。 この情報は、Steamニュースへの投稿「Road to Release -Update 2」と題されているページの中で公開されているもので、確かに次のようにある(Steam)...

記事を読む

伊藤潤二・ラヴクラフトの影響を受け制作されたホラー/怪奇小説系ADV「World of Horror(恐怖の世界)」【日本語実装の動向まとめ】

この記事はSteam/PS4/Switchで配信予定のホラー/怪奇小説系ADVゲーム「World of Horror(恐怖の世界)」(Steam)の日本語ローカライズに関する情報をまとめたものです。ファミ通.com/ゲムスパ/itch.io/GAME Watch/Steam/公式ツイッターの各種メディア媒体にリンクを貼ってまとめています。和文で確認できる情報を時系列順に網羅しているはずです。 ...

記事を読む