Steamで配信中、弓オンリーの弾幕系ローグライト「IRA」簡潔に紹介 | ゲヲログ2.0

Steamで配信中、弓オンリーの弾幕系ローグライト「IRA」簡潔に紹介

韓国大邱に位置する独立系デベロッパであるAB Shotが手掛ける「IRA」のSteam早期アクセス配信が始まっているノウ。弓オンリーの弾幕系ローグライトACTシューティングの本作はうまいこといくつかのゲームの『良いトコ取り』をしている佳作やと思うき。それんじゃ、ゲームプレイのトレイラーを紹介したうえでシステムを追っていこうか。

ゲーム「IRA」は、弾幕系STGのアイデアを盛り込みつつ、弓を主武器としてステージをクリアしていく…というこれまであまり見受けられなかった斬新な一面も持つローグライトになっている。とはいえ全体としては今流行りのローグライトの考え方に忠実な出来で、安心してプレイできる一作でもある。

見た感じオーソドックスなSTGローグライト、確かにその通りだが、いわゆる弾幕系のアイデアを盛り込んだものになっとる。敵の弾幕があって、シビアな当たり判定があってと、いわゆる東方系のゲームに影響されながら、ローグライトらしいエレメントを軸にしたようなゲームデザインが特徴的な一作に仕上がっているといえるん。ただし、弓が主武器であるがゆえ、(わかりずらい表現だが…)弓らしくAimした後、矢を発射する…という一連のモーションは必須になっているのがほかのローグライトとは決定的に違う点だ。ステージの最後にいるボスを倒せばステージクリア→次のステージへ、ちゅ流れは同じやけんどもな。

この手のゲームにありがちなキャラクターのデザインが粗いってことがまったくない。例えば、キャラクターの躍動感のあるステージ中のモーションも、2Dの立ち絵も、ともに素晴らしい出来で、ゲームの素材として非の付け所がない。これでまだEA、今後高品位なローグライトに発展していくだろう。
初期のApostleであるTifというエルフは時間のサポートをしてくれる、弾幕系ゲームにとってはいいとこづくめのサポ―ターである。危ないと思ったら、弾幕系STGのボムのようにうまく活用したいところ。ドッジ(躱し)のアクションもあるため、Tifの時間系特殊能力と併用したい。

ステージを共にする伴侶であるApostle(”伝道者”の意)はその種類ごとに、ステージ中で発揮可能な特殊能力を持つみたい。このエルフの場合は、時間系の特殊能力を持つようだ。Apostleの能力はIRAの欠片を用いることでアップグレード可能らしい。また、新しいApostleのアンロックも可能なのや。

ショップで買えるアイテムは攻略を楽にする。HP回復アイテム・宝箱(Jar)を変えるための鍵・各種武器(様々な特性のある弓)を購入することができる。ステージを進めると、さらに活用できるNPCが増えていくみたいだね。
いわゆるHades式三択基礎能力のパワーアップ要素もある。ここはローグライトの最近の流行りの手法を取り入れた…といったところか。画像は得られるゴールド量を10%増やす”恩恵(Bless)”だ。

道中ではショップを開いている少女に出会うことができる。ここで、ステージ内で稼いだコインでHP回復アイテム・宝箱(Jar)を開けるための鍵・各種武器(様々な特性のある弓)を購入することができる。いずれもステージ攻略を楽にするものじゃ。

弾幕系と一言でいっても、名作「Maiden&Spell」や、それこそ今でこそ王道になった東方系のSTGに慣れ親しんだ方にとってはかなり楽なほうのゲーム難易度になっているのではないか?ただ、難易度調整が可能なので、どれだけ”鬼畜”に発展していくかは、これからの見どころ。

今のところ日本語のローカライズがないのは気になる点。だが、まだまだバージョンナンバリングは低く、2021年9月時点でv0.1.4となっている。今後の開発が楽しみじゃのうての、ローグライトになっているんだわし。

そんな「IRA」は1640円でEA配信中、最近韓国製のゲームで高品質なものが増えていて、しかも独自色の強いものが印象に残るのがあたしの正直な感想ってところ。このままでは、今流行りのローグライトゲームのお株も、アジア勢含む海外勢かっさらわれてしまうでよ、和製devさん…

※アイキャッチ画像はTwitterより、画像はゲーム「IRA」より引用させていただきました。