横スクロール式ローグライトACT「Skul: The Hero Slayer」詳解プレイレポート『骸の章』 | ゲヲログ2.0

横スクロール式ローグライトACT「Skul: The Hero Slayer」詳解プレイレポート『骸の章』

簡単に言えば、『1.0になってから大化けしたゲーム』だ。粗のあるグラフィック・とろめのACT要素・コンボの爽快感のなさ…当初、これはダメだなと思ったゲームがアプデで”化ける”ということがありうることを示した珍しいゲームだと、あたしは評価する。

たしかに、2Dを基盤とするドット絵は詰めのあまさが残り、依然として”粗いまま”だが、世界観の構築に伴って、その粗さが見事に調和しているので気にならなくなっている。このゲームのストーリーは、”魔王軍が主人公サイド”で進むという、肝入りのレア・オブ・ザ・レアなケースのゲーム。骸骨そのもの(このゲームで言う『装備』)をとっかえながら戦う(つまり、主人公スカルの骨パーツをとっかえながら戦うw)というこれまたレアすぎるほど特異なシステム設定のゲームにもなっとる。

そのストーリーの”軸”がアプデで洗練されていくに従い、本来のコアな要素である『良しき悪仮面の主人公』という構図が、より深まっているので、この特殊な骸骨のギミックが当初よりずっとずっと不自然さを呈さなくなっている。むしろ、韓国産らしく、グラフィックの周辺まわりがすっと、スリムに、絶妙にプロットにマッチしており、早期アクセスの時よりも違和感が極限まで低減している。対勇者戦という謎(?)な側面も見ていて興味深い進行を辿っているンダ…

ACTシステムとコンボ要素も、早期アクセス当初よりも、爽快感の面でかなり上がっている。ドッジロールを基礎とする回避行動との兼ね合いだけでこれほど拡張性があるのか!と驚かされた。攻撃システムにも様々な工夫が施されており、属性やスタン効果は当然のこと、特に攻撃力のインフレーションがすさまじいので、やってて、『敵多く沸いてきて萎えるよ…』という形になりにくいのが最大の魅力だとあたしは思う。いわば、CoDみたいにKストリークlikeに実績を積み重ねることで、上達が簡単に実感できて、それでいて後々のことも考えて、各種要素を配分しなけりゃならんという、『インフレとその調整のゲーム』に見事に進化を遂げた。

その各種要素ってのは…?というと、これまた多彩。エリアに点在する人質の救出に伴って、魔王城自陣が強化されたプラントに進化していくほか、そもそもの仲間の魔女の助力を借りて、集めた魔力で自分=スカルを多彩に強化できる。しかもそのやりこみ要素も極めて高い。例を挙げると、自分のHP(ヒットポイント)を上げるだけでもかなりの稼ぎが必要となっており、実質的なインフレACTとの兼ね合いでこれらの魔石やコインの集め作業が、単純作業のように苦じゃなくなってる。だからバランスが絶妙に、全体的に、取れている。

ぶっちゃけ、やってて苦じゃないローグライトってめっちゃ珍しいと思うのよ。一つ例外があるとすれば、「Enter the Gungeon」だけだったけど、これはそれに次ぐ、やってて苦じゃないローグライトゲームになっておるのデフ。

勇者軍にとらわれていた人質開放に伴い、結構にぎわってきた『魔王城の図』…

また、コイン、つまりお金は道中でレジェンダリーアイテム含めた強化アイテムの購入・HPの回復などに使える。コインも魔石も道中の敵を倒したり、ひとつひとつのステージをクリアーしていく中で手に入れることができる。んで、注目すべきなのが、骸骨(つまるところ『装備』)を、アイテム解体することで得られる骨ポイントを使用することによって、大幅に強化できるってところかな。これは道中で女のクモみたいなキャラに依頼すればできるようなっとる。

コインを使う道中の休憩エリア。標準のステータスアップアイテムのほかに、毒や出血などを伴わせる属性攻撃付与のためのアイテム、さらに局面を打開できるレジェンダリーアイテムなどを購入できる。
アイテムを解体して得る骨ポイントを使って自キャラの主装備を大幅にパワーアップできる。これは”やりくり・取捨選択”という意味で、プレイヤー側に提示される魅力的なシステムになってるネエ。中には100の骨骸を集めなければならん状況になることもあるようだ…(集めなければ当然パワーアップはできない)

ステージには隠し要素とか門をあしらうオブジェのヒントなどもあり、まだまだ攻略していく価値がありそうな、奥深さも随所に感じる。韓国がこういう高度なゲーム作っちゃうんだから、ちょっと脅威覚えるヨ、あたし。一言で言えばローグライトであっても、新鮮さのある、これまでプレイしたことのないローグライトという斬新さが光る傑作だと思う…。さらにアプデでどう進化するか見せてほしいノゥ…

※画像類はIGNおよびゲーム「Skul: The Hero Slayer」内から引用させていただきました。