伝説のフリゲ「奇譚イワナガ」の制作者、様々な試みを念頭にサークル「虚ろ船」をリブート(再起動)! | ゲヲログ2.0

伝説のフリゲ「奇譚イワナガ」の制作者、様々な試みを念頭にサークル「虚ろ船」をリブート(再起動)!

伝説のフリゲ作者である、ばすたー氏(現:蓮田氏)がComebackしてるぞ!

「奇譚イワナガ」といえば、日本のフリゲ業界が良作群雄割拠だった時代、名作フリゲ中伝説級ともいえるカルト的な人気を誇ったゲーム。最近、ばすたー氏は”蓮田”と名前を変えリブート、新作ゲームを制作していると聞いた。同作といえば、フリゲ厨で知らないならモグリともいわれる、伝説的な2D横スクロールシューティングアクションゲームだ。

☆ここからDL可能⇒https://www.freem.ne.jp/win/game/1550

イワナガのシステムはかなり特異で独特である。小さいウィンドウに綿密に凝られたドット絵、神がかった絶妙なアクションシューのシステムおよび敵弾幕との兼ね合い、そしてなんといっても和風とSFとがごくごく自然に融合した、勧善懲悪にとりきらない世界観など、当時時代を先取りしすぎた魅力が多くあったことを鮮明に覚えているゲーマも多いのではないか。これがコンパク金賞なのは当然のことだが、これだけのゲームフィロソフィーがかつて日本人をベースに存在したこと自体驚愕モンや…

現在は、Entyでの被支援活動を経て、そこを閉じ、PixivFANBOXのほうでカンパ募っているらしい。なんでもイワナガの3D版とか(現状どうなっているのか「イワナガ」IPのほうは不明だが…)、シューティングゲーム「マナザレイヲ」というタイトルを(仮)として制作しているようだ。デザイン、音楽、システム構築まですべて自前で取り繕うのは大変だと思うんで、俺もここに微額ながらカンパしておいた。

なお、同氏はpawootwitter、サウンド面ではsoundcloudを活用して情報を不定期的に発信してくれている。たしかにカンパしたからといってなにも得るものはなさそうwというのが率直なところだ。しかし、ユーザベースでこういった個人活動を支えていく意識をもつのも「ただ遊ぶだけではない」という意味で、ゲーマの楽しみ方の一環ではないか、そう思わされた次第である。

言い忘れたが、サークル名は古く昔と変わらず「虚ろ船」(旧サイト)…サークル運営の意欲は十分なようで、パッケージ版の発売やサントラの展開も視野に入れるなど、様々なコンテンツを多くの媒体で整えたいという心意気は十二分に評価できる。ゲーム制作は個人ベースなので、頼みの綱は蓮田氏の独力だけだが…それに期待しながら、みんなでカンパし、応援することだけは我々一介のゲーマにもできそうだ。

というわけで、みんなでカンパしようぜ!