【MLB】500本塁打達成最速は次のうち誰?A・ロッド/プホールズ/バリー・ボンズ | ゲヲログ2.0

【MLB】500本塁打達成最速は次のうち誰?A・ロッド/プホールズ/バリー・ボンズ

三章のとおりですが選手を指定してみた他(表題のとおり…A・ロッド/プホールズ*現役/バリー・ボンズの三名)、ここだけコードを変えてます。600本塁打までを見て、TRUEを返してくれる領域だけ切り取ります(最初から数字でフィルターかけりゃいいじゃんって思うかもしれんけど、テーブルの様子を伺いながらできるようにしました)。

その後、500本塁打を表すプロットに横線を入れて誰が一番早いねん!あいや、MLBでは500本塁打クラブってのがあるそうです。

さて、気になるプロット結果ですが…こうなりあした、あい。

検証すると…まずA・ロッドは18歳でメジャーデビューしてるので、はじめの方やけに早いスタートだなぁ、と思いますがその分がしっかりとデータに反映されているようです。

500本塁打達成年齢は、Wikipediaより三名がそれぞれ、

A・ロッド(32歳)

プホールズ(34歳)

バリー・ボンズ(36歳)

だそうです。

確かに、グラフのプロットの交わる点を見ると、A・ロッドが一番500本塁打達成まで早いです。32歳ぐらいだね。今回メンツに入れてみた最有力候補となる唯一の現役選手プホールズは34歳付近で達成してます。以外にも、MLB歴史上最多HR達成数を誇る、かの有名なボンズは36歳とかなり遅めなんですね!確かにプロット結果に表れています(もちろん整数値になりますが、コード上のテーブル HRdata も同じようになっておりまっす)。

現時点でA・ロッド(引退済)よりもプホールズのほうがHR数多い、しかも現役なんで、ボンズ(同じく引退済)のデータも含めると、500本塁打までの道のりがその後も、それまでのペースのとおり、順調にいくとは限らないという事が読み取れると思います。