Steamゲームレビュー「Demon Turf」~傑作「クラッシュ」シリーズを超えた3DACTプラットフォーマー | ゲヲログ2.0

Steamゲームレビュー「Demon Turf」~傑作「クラッシュ」シリーズを超えた3DACTプラットフォーマー

結論:傑作3DACTプラットフォーマー
一言で言えば「Demon Turf」は神々しいゲームだ。

すとーりー

悪魔っ娘Beebzを操作して、悪魔世界の覇権争いを制し、悪魔の嬢王(Demon Queen)を目指せ!

げーむのしょうかい

端的に言うと、ゲーム「Demon Turf」は日本でもよく知られている「クラッシュバンディクー」シリーズのような3DACTプラットフォーマ―になっている。いくつか存在するエリアのステージを個別に攻略し、そのエリアを牛耳る悪魔であるボスを倒していくことでゲームは進行する。はっきり言えば、ゲームの主たる要素はこれだけである。

プレイヤーはBeebzを操作して、彼女お得意なジャンプを基礎としたアクションを使い、そのステージを攻略していくことになる。このジャンピングアクションの髄を凝らしている点が本作を傑作にしている一番の理由だろう。ただ、”ジャンプアクション”といっても単純なものではない。二段ジャンプやコウモリへの変化を利用した空中浮遊等も駆使して、入り組んだ複雑な構図を持つステージをこなしていくことが求められるのだ。個々のステージはそのジャンプアクションを攻略の肝たらしめるギミックに豊富であり、あれこれとプレイヤーを飽きさせない工夫がかなり凝らされている。自由なフィールドデザインと一体的に、フィールドの攻略バランス性もかなりの高レベルで保たれているので、攻略が苦ではない。途中でフラッグを揚げることで、その地点からリスタートする機能もあり、コアで、ユーザフリークな面がある一方で、難易度は比較的高めであるといえる。

また、ジャンプアクションだけではなく、掌圧のようなパンチアクションで適宜敵を倒したり、特定の条件を満たしたりすることで実績が解除されていく要素もある。ステージ攻略で得られたアイテムはゲーム内のMODである、能力の強化に使うことができる。例えば、ジャンプの飛距離を伸ばしたり、浮遊滞空時間を延ばしたり、掌圧の威力を増価させたり、と…これが街システムの中核となっている。また、この街のシステムにはさらなる実績が秘められている。例えば、写真館で特定条件の写真を各エリアで自撮り撮影して条件を満たし提出、報酬を獲得できる。このようにコアな攻略達成要素を多く持つゲーム作品ではあるものの、同時に王道もののアクションプラットフォーマーにもなっていて、プレイが苦にならない。YouTubeを見るとわかるように、既にスピードランの対象にもなっているようだ。

ぐらふぃっく

伝説のFPS「Marathon」のような、2Dと3Dとが融合されたグラフィックスデザインが独特なキュートな悪魔の世界観を構築している。このゲームはおそらくテクスチャを3Dの当たり判定に張り付けることで実現しているものと思われる。つまり、見たところ平面デザインのグラフィックが3Dの世界観と融合しているのだ。このグラフィックスの特異性もまた、本作品を独特なものに仕立て上げている要因のうちのひとつ。

みゅーじっく

ミュージックトラックたちは無料でBandcamp上で公開されている。ドラム・トラックベースのディスコ風の音楽が魅力的で、悪魔的な印象とキュートでコミカルな世界観を見事に表現している秀逸なゲーム音楽に仕上がっている。以下の文章は同リンクより引用したが、音楽の魅力を発信すると同時にゲームシステムの簡易な説明にもなっているので、ぜひ見ておきたい。

Demon Turf is 3D platformer with attitude! Join Beebz in her ambitious goal of taking over the Demon Turfs and becoming the Demon Queen herself! Jump, spin and punch your way across the turfs with unique mechanics like momentum-driven combat and self-placed checkpoints and experience a world chock-full of humor and style, from the music accompanied by the protagonist’s rapping to the colorful characters inhabiting the world! And face the Demon King head on!

Demon Turf (Original Game Soundtrack) | Fat Bard & M.R. Miller | Fat Bardより引用
にほんごか

SteamerであるASAHINA_1103氏のレビューにもある通り、開発者のかたFabraz氏は今後日本語化も”あるかもしれない”と言及しているらしい。ただ、コンテンツがけっこうな量でローカライズの実装にまでこぎつけなかったとのこと。同開発者の過去作も日本語化されているところをみると可能性はあると思う。日本語トレイラーも存在しているため(冒頭のものを参照のこと)、多くの日本人プレイヤーがこのゲームを買えばなおさらのことだと思うね。ということでガチで日本語化のためにも買ってください。

※アイキャッチ画像はBandcampから引用させていただきました。