Steamで販売されるゲームタイトルのロイヤリティは何%が妥当か?【調査】 | ゲヲログ2.0

Steamで販売されるゲームタイトルのロイヤリティは何%が妥当か?【調査】

Statistic: What do you think is a justifiable amount of your game’s revenue for digital storefronts (e.g. Steam, Epic Games Store, App Store) to take? | Statista
Find more statistics at Statista

この調査はGCDの参加者4000件について行われたものであり、上記グラフはその結果の割合比率をまとめたものだ。この種の調査は毎年開催されるGCDの参加者について、例年行われており、2019年の統計もGamesIndustry.bizにてまとめられている(GamesIndustry.biz)。まず、2021年の調査結果をみて、その後2019年GamesIndustry.bizが提示している同様なものと比較してみよう。

ロイヤリティとは簡単に言えば、実際のゲーム開発者と配信プラットフォームの運営元との間で決める、利益分配のルールである。なお、Steamではこれは慣例的に30%となっており、ライバルであるEpic Games Storeでは12%となっていると言われている(GamesIndustry.biz)。つまり、Steamを運営するValveはゲームの収益の30%をマージンとして取り、Epic Games Storeを運営するEpic Gamesはゲームの収益の12%を受け取るわけだ。

グラフを見ると多くのゲーム開発者はValveの定める30%のロイヤリティに満足しておらず、比率でみるとその割合は3%にしかすぎない。現状のSteamのロイヤリティルールに満足してるゲーム開発者は3%しかいないのである。そして多くがロイヤリティ10%~15%の比率が妥当と考えており、合計すると全体の43%にもなる。ロイヤリティは5%が妥当だというゲーム開発者が続いて11%、5%より低いロイヤリティを望むゲーム開発者も8%もいる。しかしながら20%のロイヤリティが妥当とするゲーム開発者はそれ以上、9%いる。これら以上の比率を望むゲーム開発者の割合は合計しても8%しかおらず、多くのゲーム開発者はGCDでの調査によれば、現状のSteamのロイヤリティに不満を抱いているという結果と言っていいだろう。

ただし、事実上回答を避けたものも多く、22%が答えを明確にしていない。だが、2019年の同調査ではロイヤリティルール30%を妥当と思っているのは6%のみであると結果は出ており、2021年の3%と比べると、より厳しい判断がゲーム開発者からSteamを運営するValveに下っていたと過去形で結論できる。調査によればここ数年においては若干穏やかになった、といったところか。

たしかに、ゲーム開発者は物理的なリテイラーを通さず、利益をより多く確保できるようになった。寡占プラットフォームSteamが猛威を維持する以上、利便性の観点から言ってもユーザはその恩恵を受けている。アレクサンダー・セロピアンも指摘するように物理メディアの時代から確実にゲーム流通の流れは変わった(ゲヲログ2.0)。だが、より根本的な問題としての中間マージンの議題は依然として変わっておらずHotな話題になり続けている、そう言えるかもしれない。