ゲームレビュー

ゲームレビュー
NEW

【Steamゲームレビュー】「Bat Boy」~少年よ、バットを抱け

ちょいとデモ版をさわっただけだが、神ゲーの雰囲気がある。ポイントを追っていこう。 【優れたゲームメカニズム】 バットを使う野球少年が主人公。そのリーチを活かした多彩な攻撃に特徴がある。ショベルナイトのある種、拡張版みたいな感じ。ショベルナイトは近接攻撃一辺倒でヴァニアの新時代を築いたけど、こちらは若干リーチが長めで、しかも活用方法がより多彩になってる。例えば、バットで敵の攻撃を跳ね返したり、回転手裏剣のように使ったりもできる。ステージのオブジェを稼働させることで、特定のエリアを解放したり、ジャンプ台を叩くことでハイジャンプが可能になったりと、この手のヴァニアの表現性の面で豊かである。 【マリオブラザーズのようなマップ踏破性】 マップがマリオブラザーズIPみたいに構成されている。マリオライクに、いくつもに分岐し構成されるステージで全体の巨視的なマップが出来ていて、それをひとつひとつ踏破していくシステムを採用している。従来から続くマリオ・ロックマソ・メトロイドヴァニア系の良い部分を上手く取り入れることで、大局的な踏破性を担保している。 【ビジ...
ゲーム関係

「Xenonauts 2」2023年リリースへ~「XCOM」リスペクトクローンタイトルの続編

ゲーム「Civilization」で一般的に知名度が高いスタジオ・フィラクシスが世界に誇るターン式タクティカルストラテジーゲームとして「XCOM」というタイトルがある。「Civilization」が文明・国家に焦点を当てているのに対して、「XCOM」はエイリアンとの闘いに身を投じる国際機関に焦点を当てているのがコントラストになっており、双方ともにフィラクシス開発IPの代表格といえる。 そして、この「XCOM」の系譜に属するタイトルとして「Xenonauts 2」のリリースが2023年に予定されている。こちらの開発は前作「Xenonauts」と同じくGoldhawk Interactiveが手掛けるもので、いわば、「XCOM」クローンという位置づけのリスペクトゲームである。国内のゲーム系メディアで、「Xenonauts 2」について報じているのはゲムスパとdoope!ぐらい。前作「Xenonauts」はそれほど国内では話題にはならんかったタイトルだが、この度紹介させていただくように、続編が作られる見込みとなっている。 「Xenonauts」ではパブリッシングもG...
ゲーム関係

新作ヴァーテンダーADVゲーム「N1RV Ann-A」~開発完了次第発売の公算

AUTOMATONがコトの詳細をかなり前(2022年5月)に伝えているが、Sukeban Gamesによるヴァ―テンダーゲームの傑作「VA-11 Hall-A」の正当な続編として制作されている「N1RV Ann-A」は、公式ウェブページも日本語で伝えるように、その開発チーム内でのサマザマな事情があったようだ。昨年5月のAUTOMATONの同記事によれば、この新作は当初2020年発売予定だった、という。だが、2023年を迎えた今でも発売には至っていない。そのサマザマな事情も含め、IP新作の遅延情報を箇条書きでちょっくらまとめてみよう。 ・2017年にスタートした「N1RV Ann-A」プロジェクトは発売時期未定となった. ・開発をほぼほぼ単独で進めるPG兼WRがバーニング(燃え尽き症候群)状態になってしまった. ・その後別のPGに開発を依頼したところ数か月のうちメッチャ開発がバリバリ進んだが... ・開発の細部を敷き詰める中齟齬が生じてしまい解決に時間がかかった. ・結果内部ストーリーの実装にあたってひと悶着あったがむしろ今その完成度が...
ゲーム関係

SIEが伝える2023年に最も期待できるPS5向けゲーム23選

SIEが海外PSウェブページを更新し『2023年に最も期待できるPS5向けゲーム23選』を伝えている。今年(2023年)になってからdoope!もそれを引じる形で報じている。期待できるタイトルのラインナップを見てみて、俺個人なりに感じるところを各タイトルごとに事前レビューさせてもらう。 (; ・`д・´)<なるべく自分なりの考え方を交えて解説するよ! 1.「Marvel's Spider-Man 2」 まず「Marvel's Spider-Man 2」が1.にリストアップされている。このゲームは、所謂アメリカハリウッド映画やアメリカンコミック(アメコミ)で有名になった、あなたもご存じのキャラであるスパイダーマンを主人公に据え、原作設定を引き継ぎそれらをゲーム化したタイトル。本格的3DオープンワールドACTゲームの代表格として有名なブツ。よくある『キャラゲーはクソゲーになりがちである』という説をことごとく覆すIPとしても国内外で広く知られ、シームレスでかっちょいいACT要素を多く盛った優良タイトルとして有名どころのシリーズ最新作がコレ。神ゲーデヴェロッ...
ゲーム関係

インフルエンサーJimmy Broadbentに学ぶ、レーシングゲームを上達するために必要な6つのコツ

今から2年ほど前の記事になってしまうが、BMWから(!)出稿されているインタビュー記事にレーサ・インフルエンサーのJimmy Broadbentに回答を求めたものがあった。題目は『レーシング・ゲームのプロに学ぶ、上達する10の秘訣』というもの。コイツを半分以上圧縮して、レーシング初心者でもわかりやすいように簡潔にまとめてみよう。 Q:『初心者はどのタイトルで遊ぶのが良いか?』 A:『それぞれ良点があるがオンなら「iRacing」・ソロなら「Automobilista」がベスト』 ※「Automobilista」はブラジルのdevが作る物理挙動に優れているレーシングゲームタイトル。 Q:『どのクラスから遊ぶのが良いか?』 A:『GTレースから遊ぶのが良い』 ※GTシリーズは初心者でもコントロールしやすいため。 Q:『トラックを学ぶにはどうしたら良いか?』 A:『ゆっくり走行し慣らすこと・ラインで勘所を覚えること・上級者についてくこと』 ※初めてプレイするのにフルスロットルで無理にコースにつっかけないことが重要...
ゲームレビュー

Steamで注目すべき「キングスフィールド」に似ているARPGを4つ紹介する

「キングスフィールド」というとフロムの”眠った財産”として有名ですよね。フロムがAC6を発表した今、今後の同社のゲーム戦略の未来を占ううえで、その運命を決定づけるIPのうちのひとつであることに間違いはない。今回は4つしか見つかりませんでしたが、似てるタイトルをSteamからご紹介します。 Devil Spire なんだかんだ言ってこれが筆頭かなぁって思いますね...「Devil Spire」。暗黒に覆われた世界の苦しみの根源を断つため、魔塔を踏破するというストーリー。クラシックスタイルの荒いピクセル3Dがいい味出してます。デモ版もあるのでドゾー。 次ページ~Lunacid
ゲーム関係

欧米で人気のフリーFPS「Urban Terror」~近いうちSteamで遊べるようになる?

フリーFPS「Urban Terror」がSteamプラットフォームに登録されているようだ。 このハナシは日本語sourceとしては、2021年4月1日のSteamグループへの投稿で詳細がわかっており、その筋によるとAppIDは659280になっている、という。同じ情報筋によると、UrTのDLCも登録されていて、そのAppIDは997400だ、という。4/1時点での投稿といえども、これらの情報は所謂エイプリルフールネタでない、と投稿者HOKKE氏は主張している。 現にSteamDBを参照することでその情報の一端がわかるだろうと踏んで調べてみた。まず、AppID 659280のブツを確かめてみると、確実にUrTが登録されていることが確認できる。こちらのSteamDBのページによれば、2022年12月に内部プログラムの範疇でアプデもされていて、近いうちにUrTがSteamプラットフォームで遊べるようになるのは間違いないといえそう。一方、DLCのほうのAppIDはまだ隠れたまま、Hiddenの状態で登録はされている。 ゲーム「Urban Terror」は...
ゲーム関係

【フラッシュポップン音ゲー】「Friday Night Funkin’」~その開発経緯を英語版Wikipediaから足りない英語力を振り絞って懸命に解説してみた

これ開発者Steamでも配信したいってホンマ言ってるかな...pixivの百科事典にはそう載ってるんだけどw。ちょっとsourceが見つからなかったんでそこは疑問っす。任天堂と交渉してSwitchにポートしたいって言ったのは事実らしい。というわけで英語の勉強も兼ね、足りない英語力を振り絞って英語版WikipediaからFNFの開発経緯を懸命にナナメ読みしてみた、というだけの恒例抄訳・お粗末な企画記事。誤訳は大目に見てね☆ Ninjamuffin99 assembled a small team of Newgrounds creators to develop an initial Friday Night Funkin' prototype as a submission to Ludum Dare 47 in October 2020, which contained only a handful of music tracks and lacked menus. Despite its rudimentary design, the prototype rece...
ゲーム関係

「Jump King」に見る苦悶を共有しながら共闘するゲームの発見

なにもこの発見は目新しいものではない。 Steamのゲームに「Jump King」というものがある。中世の騎士の格好をした鉄仮面マスク男が、ジャンプして超難易度を誇る高高度プラットフォームに挑む,,,という内容のゲームである。ありていに言うと、騎士コスプレのひとり男がジャンプで山登りをする、というだけの、とりわけ『ジャンプのタイミングと位置取りがすべて』の難しいゲームだ。このジャンプのための脚力を貯める動作がボタンのプッシュ&リリースと同期していて、操作性をわざと悪くすることで、シビアすぎる登山を題材に取っているゲームになっている。 ゲーム「Jump King」にストーリらしきものは特段ないに等しい。そもそも、この手のゲームの元ネタは幾らでもあって、天才ゲームクリエイターとして国内外でその名を馳せるベネット・フォディーの”壺おじ”こと「Getting Over It with Bennett Foddy」に始まり、多くが存在する。一昔前であれば、この手のゲームは酷評されるだけだっただろうが、ゼロ年代に入ってからそうとはいかない評論が度々出てくるようになった。”壺お...
ゲーム関係

傑作「Celeste」を生んだスタジオ、新作「Earthblade」ゲームプレイトレイラーを発表

高難易度ジャンピング2Dプラットフォーマー「Celeste」の開発元の後継スタジオExtremely OK Gamesが期待されている新作のゲームプレイトレイラーを発表した。新たなるタイトルの名称は「Earthblade」というもの。ちょっと前ここでも、「Hades Ⅱ」の発表についてリポートしたが、sourceは同じく米国ロスで開催のゲームアワードThe Game Awards 2022でのことだそうだ。 新作のリリースには長めのスパンがとられていて、2024年まで待たねばならないことが明らかになっている。もともと、このIPの開発は2022年4月にはその存在が明らかになっていて、同年同月に小規模プレイテスト募集もされている、経緯がある。今回は初めてそのIPのゲームプレイトレイラーが発表された、という段になるわけだ。 肝心のゲーム内容についてはあまり明らかになってはいないが、Steamレビューでも”圧倒的に好評”を得ている2Dプラットフォーマー「Celeste」でのノウハウを応用したと思われるタイトルになる様相を呈している。美麗な2Dドット絵と世界観、そして「Ce...