「バイオハザード ヴィレッジ」~『イーサン待望説』を裏付けるDLC(「ウィンターズ・エキスパンション」)発売へ【ネタバレ解説有】 | ゲヲログ2.0

「バイオハザード ヴィレッジ」~『イーサン待望説』を裏付けるDLC(「ウィンターズ・エキスパンション」)発売へ【ネタバレ解説有】

カプコンも売り方がかなりわかってきている。素晴らしいシリーズ展開の手法だと俺は思う。

イーサンの”実存”

もともとイーサンの”実存”は、イーサン・ウィンターズの最終章「ヴィレッジ」における”最後の項”でふれられていたことは、シリーズファンの間で有名なことだ。簡単に言うと、ヴィレッジ最終章でイーサンから助け出された、イーサンの娘ローズが少女になり、対テロ部隊の一員になっていることが示唆され物語は終わるのだが、そのラストシーンにイーサンがローズの乗る車と相対して歩きながら近づいてくるというものだ。

※参考リンク:【ネタバレ注意】EDに映るあの人物を視点変更で確認したら予想外の人だった【ホラーゲーム 実況】バイオハザードヴィレッジ BIOHAZARD VILLAGE バイオ8 – YouTube

『イーサン待望説』

このつべ動画は、(おそらくMODのようなものを駆使して、だろうが…)そのイーサンの”実存”を確認するものだ。曰く「手が粉々になっていたり手に包帯を巻いていたりすることからイーサンで間違いない」とのこと。このことから、毎度毎度のシリーズ恒例の考察の一環として『イーサン待望説』が巻き上がっていたわけだ。事実、この動画のチャンネル主催者は、イーサンの”実存”についてこのように言う。理由は三つ考えられる、というのだ。

その”実存”が考えられる理由三つと成否

①’シリーズ~イーサン’のラストを飾るイベント的要素

②イーサンがイーサンの娘ローズのお助けキャラとして活躍するというルートのための設計

③イーサンの顔データがTPS版「ヴィレッジ」(DLC)のために保存されているという説

今になってこそ、モノホンとして納得させられるが、①②③どれも正しいのだ。つまり、①イーサンのラスト登場を飾った、もカプコンの立場としても意味が十二分あるだろうし、②ローズのDLCがこの度発売されることは昨日あたりプレス発表の形で決まっている(し、4Gamer.netなどもそれに応じて報道している)。なによりも③イーサンの三人称視点というモードもそれら今回の「ヴィレッジ」のDLCでも実装されるということまでもが確定。もちろん、TPS関連DLC開発情報も以前からあったものの、このチャンネル主催者の言っていること、すべてが正しかったことが裏付けられた結果だといっていいだろう。というところで…此度のプレスリリースの解説に入ろうか。

今回発売が決まったヴィレッジDLCの解説

まんず、今回発表されたDLCはヴィレッジの追加分「ウィンターズ エキスパンション」という名称。発売日が今年(2022)の10/28になっているとのことだ。本編とこのDLCがセットになっている商品も発売されるという。あとよっぽどのことがなければwありゃりゃ黒歴史確定と思われるリバースも同日リリース決定!(これについてはゲヲログ2.0で純が懸念を随分と前から十二分に伝えているのでその点は彼女の解説に譲りたい次第だ)。

ケツローン

再度確認しておくが、ローズが主人公のエピソード(②の伏線回収だと思われる)・さらにイーサンの章のTPS版(もう言わずもがなだが、③の伏線回収だろう)が、本DLCで実現するというわけだ。というわけで、②はまだまだ不透明感はあるが仮確定、③は確実、といったところが結論といっていいだろう。いずれにしたって、『イーサン生存説』までが叶ったわけではないが、『イーサン待望説』は”ある意味”叶った、といっても差し支えないわけだ。

※なお、このDLCには「ザ・マーセナリーズ」の強化版も含まれるという(ローズ編・イーサンTPS版と並び、DLCによる三つのコンテンツが揃ったことになる)。また、PSVR2対応版「ヴィレッジ」も開発中らしい。さらには、Macでも遊べるように…との配慮もあり、まだまだ”イーサンの章”は注目すべき動向が残りそうだ。