カテゴリー

ゲーム関係  書評アニメ評  思想と学問  二次創作ブツ  ガジェット類

新着記事

カプコン | ゲヲログ2.0

カプコン一覧

「バイオハザード ヴィレッジ」~『イーサン待望説』を裏付ける可能性あるDLC「ウィンターズ・エクスパンション」発売へ【ネタバレ解説有】

DLC「ウィンターズ・エクスパンション」の発売は、カプコンにとってもゲームプレイヤーにとってもWin-Winの関係を構築するものだ. 素晴らしいシリーズ展開の手法だと俺は思う. イーサンの”実存” イーサンの”実存”とは、ゲーム「バイオハザード」シリーズにおけるイーサン・ウィンターズ最後の舞台となったシリーズ最新作「バイオハザード ヴィレッジ」におけるエンディングシーンに隠し...

記事を読む

ここがダメだよ、バイオ4【RE:4発売日決定記念】

バイオRE:4の発売日が決まった。2023年3月24月には『死を逸(かわ)し、倒す快感』を楽しめるだろう。さておき、なぜ、バイオ4はここまで絶賛されがちなのだろうか?レセプションの解説をしてみよう。 ここが良(イ)んだよ、バイオ4 まず、第一に挙げられる点がシリーズ通じてシステムの大改変(フルモデルチェンジ)が行われたことだろう。これがバイオ4が功を奏した第一の理由だ、という...

記事を読む

なぜ、奈須きのこ氏の命名した社名で”ラセングル”は独立したのか?

記事の要約:結論から言うと、新会社の人事や情報発信をつぶさに見る限り、関連各社の経緯を巡るガバナンス・内部統制の問題だと思われる。 ファミ通.comの記事によれば、ディライトワークスから「Fate/Grand Order」の開発・運営チームもとい同社ゲーム事業が、ラセングルに移管され独立、その上で、アニプレックスがその株式を100%買い子会社になった、と確かにある(ファミ通.com)。この...

記事を読む

「バイオハザード」シリーズの売上推移グラフ(2021年版)

結論から言うと...2が偉大過ぎた。 例のごとく、企画もの。やっぱり『やれ』って命令されたんでテキトーにやりますw これは主要タイトルをハードの垣根を取り払ってまとめてみたものです。いやぁ凄いっすねぇ...駄作と言われた6でさえかなり売れてる。リベレーションズも入れようかと思ったんだけど、名作コードベロニカとアウトブレイク以外は、加味しませんでした。あくまで主要シリーズにこだわった結...

記事を読む

「モンスターハンター」シリーズの売上推移グラフ(2021年版)

実は、モンハンの売上推移の元データはソース行方不明のサイトを通じてネット上で公開されている(Video Game Sales Wiki)。ちょっと驚いたが、本家、カプコンのサイトでもある程度は公開されている(カプコン)。これを元にグラフにしてみた。それを☟に示す。 これは2021年版ということで、モンハン最新作「Monster Hunter Rise」は中途半端になってることにはまず留意さ...

記事を読む

「バイオハザード」シリーズにスターシステムは必要なのか?【オンラインPvPタイトル「バイオハザード RE:バース」にかかる懸念】

シリーズが一貫して描き続けてきた、本当の恐怖・ホラー、そしてその中に頑としてある、人間に託された『希望』とは何だったのか?せっかくシリーズが巻き返しし始め、伝統を新しい形で復活させることに成功しつつある今だからこそ、カプコンさんにはもう一度再考してほしいと真に願う。~本文より カプコンの人気ゲームシリーズ、「バイオハザード」シリーズの最新作「バイオハザード ヴィレッジ」の購入者特典として、...

記事を読む