スクエニ

スクエニ

スクエニ、YouTubeにて広報活動活発化中

YouTubeのおすすめ欄を見ていたら、スクエニの公式広報動画が多く出回っていて、それらがかなり再生回数を稼いでいることに驚いた。確かに面白い試みだと思う。これまで『おま国』体制を長きにわたり敷いていたゲーム会社とは思えんほどの柔軟性とスピード感のある広報のやり方や。中には奇をてらったユニークなブツもそれなり多い。 これらユニークな動画はゲーム周辺領域に関する内容のものであり、スクエニに関連するゲーム関係者にスポットを当ててインタビューを試みたもの・ゲーム出自アートがらみのものが主だ。ちょっとばかし詳しく言うと、ゲームシナリオライター・ドット絵コンポーザ・ゲーム音楽制作者など多種多様なゲームクリエイターへのインタビュー企画に加え、ゲームに登場するマシンの模型制作企画があり、さらには、ゲームサーバ技術者へのテクニカルな質疑動画まである。 もちろんスクエニのYouTubeチャンネル全体でみると、ゲームそのものにまつわる広報動画の本数のほうがこれらのユニークなブツよりもずっと多い。だが、多様な広報動画をカバーリングしているという点でこの試みは評価できるはず。今回あたしが指摘...
ゲーム関係

『令和のアストロノーカ』は作られるか?

勝手に検証シリーズホニャララ。 モリカトロンの立ち位置 モリカトロンは、ゲーム「アストロノーカ」の開発会社ムームー代表の森川氏が設立したAI専業のゲーム関連会社。公式のTwitterアカウントもYouTubeアカウントも開設されているが(騙る人がわざわざ出てくるとは思えんのでおそらく公式)、ムームーが有限会社のころから、開発にサブとして接する、マネジメント・アナライズ・コンサルテーション専業な雰囲気は、森川氏がモリカトロンに経営の主軸を置いた今でも、いまだ健在のようだ。 なんだかんだ言って、インディーだって参入にはカネがかかる これは「がんばれ森川くん2号」や「アストロノーカ」が大ヒットしなかったという経験論からきているような気がする。ゲーム開発を直にやるにはカネがなんだかんだいってかかりすぎる。2Dゲー「ラムラーナ」IPでさえ、クラファンを募る必要性と計画性があるぐらいだ。ハードもソフトも進化して、ヒットIPを作る敷居は低くなったとは言えども、いまだに積極的にリスクテイクする方法は嫌悪されやすい。だから、GameWithはリスクをテイクしない方法でゲーム開発...
スクエニ

スクエニの海外IP・スタジオ売却は間違いなく正しいプロセスだ

スクエニの受難 思えば、スクエニは長い間苦しんできた。技術力はあり、たしかな人材も間違いなくいるのにもかかわらず、長年ヒットタイトルに恵まれず、『何を作ればいいかわからない』『顧客の欲しいものがわからない』という状況に落ち着いてしまっていたのだ。この流れは旧スクウェアから続く悪しき慣習のようなものであり、その最たるものが、『ゲームのアミューズメント化』だったことはあまりにも記憶に新しい。結果、エニックスに吸収され、社名は紆余曲折がありつつもスクウェア・エニックスとなった経緯がある(財務状況の観点から正確に言うとそうではないらしいが...)。これら関連情報については、かの有名な”スクウェア三大悪女”の解説元としても有名なWikiがあるのでそこに詳解を譲りたい次第だw(関連リンク:ファイナルファンタジー用語辞典 Wiki)。 流動性が高すぎるゲーム業界 あたしもファメの人づてに聞いた話だが、ゲーム会社がアミューズメント事業に乗り出して、利潤をさらに確保しようとして失敗・経営難に落ち込むのは珍しいことではないらしい。例えば、人材輩出企業として有名だったコンパイルもそうだっ...
スクエニ

スクエニJRPG「ブレイブリーデフォルトⅡ」Steam配信へ

2021年2月26日、Nintendo Switch向けに発売された「ブレイブリーデフォルトⅡ」が同年9月3日にSteamでWindows PC向けに配信される(国内配信有)。Steamでの価格は9月14日まで10%セールで6732円、フルプライスで7489円となっている。 本作「ブレイブリーデフォルトⅡ」は「オクトパストラベラー」を手掛けたスタッフも関わっているという、JRPGの王道と革新との両立を目指したタイトル。新しく立ち上がったクレイテックワークスが開発を、スクウェア・エニックスが販売を手掛けている。 ストーリーは大陸に募った登場人物たちがそれぞれの運命と向き合い、クリスタルを巡って旅をする...というありがちなJRPGのプロットに沿ったもの。王道のJRPGの方針を踏襲しながらも、ターン制コマンド式バトルに変形性を、また、ジョブチェンジのシステムを大胆に導入するなど、従来のJRPGからの脱却も目指したタイトルに仕上がっているという。 同タイトルはNintendo 3DS向けに発売された「ブレイブリーデフォルト」を初作とする「ブレイブリー」シリーズの最...