バンナム

バンナム

続:バンナムはガンダムの”SD化”を進めるべきだ

記事の要約:バンナムはガンダムの”SD化”のような、柔軟かつ自由な解釈ある姿勢で、世界に通じるIPをグローバル環境で売り出すべきだ。世界に通用するIPをいくつも抱えているのにそのチャンスをみすみす逃すのは、もったいなさすぎる。 ガンダムIPがSteam進出してからもうかなりの時間が経つ。なによりもまず問題なのは、版権元であるバンナムがユーザに寄りそう形でゲームリリースしてくれないところだ。アイマスIPの最新作「スターリットシーズン」でさえ、DLC商法が明らかに目に見てとれる。バンナムが世界で最高峰のIPを持っていることは、ゲヲログ2.0でも二度記事にして伝えてきたが、いくら待っても彼らの態度はあまり変わりがないようだ。やれるべきことは二つある。バンナムぐらいの会社であれば、経営陣の英断ですぐできる、簡単なことだ。 ①「おま国」をやめグローバル市場に打って出ること 国産のゲーム会社がSteamで「おま国」や「おま値」を設定することが多いのは有名どころ。こういう悪しき慣例はやめて、とっとと早売りせよ。DLC出すならばもっと中身のある本質をついたものにしろ。おかしな値段設...
バンナム

バンナム、アイマスIPをフル活用へ

バンナム、アイマスIPをフル活用へ バンナムは、既存IPであるゲーム「アイドルマスター」の楽曲など同シリーズの副次的な資産を今後、社としてフル活用する方針だという。バンナム公式筋が伝えている(関連リンク:バンダイナムコエンターテインメント)。IPをより強力に売り上げに転化・推進する試みを計画中であることを、先月7月末に伝えており、これまで”閉じられていた”アイマス人気楽曲のサブスク配信も決まった。ちょっと要点をまとめてみよう。 IP活用の勘所 ・ゲーム領域にこだわらずIPの関連アイドルの活躍を計画(公式は「IP軸戦略」と呼んでいる)。 ・その具体的な方針は「MRプロジェクト」として発表。 ・VR/MR/ARの三つをクロスさせるxR技術を基礎としたリアリティの拡張方針を打ち立てる。 ・キャラクターコントロール分野で最先端のIT技術を研究開発し駆使する。 ・アイマス関連楽曲の音楽ストリーミング解禁も計画(関連リンク:音楽ナタリー)。 といったところか。これは確かに有望な策だと思う。アイマスIPはゲームでこれまで展開してきたが、その潜在性はラ...
バンナム

バンナムはガンダムの”SD化”を進めるべきだ

記事の要約:シリーズが軒を連ねるコンテンツでは同じテーマに基づくデザインといえども(ひとつのゲームなどの)単一の作品に、様々なデザインキャラを一挙して登場させるにあたり、デフォルメ化は重要になってくる。ガンダムの場合はその有力な方法が”SD化”である。 バンナムで競争性あるコンテンツといえば、アイマスと並んで、ガンダムものが筆頭に挙げられることが多いだろう。ちょっとガンダムについて考えたことをつらつらと書いてみる。いわずもがな人気のシリーズなのが一連の『ガンダムもの』なんだが、俺はそのゲーム化と合わせてバンナムは”SD化”を進めるべきだという持論を持っている。これにはいくつかの理由がある。 ガンダムはコンテンツの中での機能性設定など専門性もあるが、それと同時にデザイン的にカッコいい、多様性のあるメカニズムを持つメカである。たしかに空想の中の機能性という点でも、独自の設定というオリジナルな発想も、同時に成り立っている”キャラもの”である。「そんな当たり前のこと言って何になる」っていうひとも多くいるだろうけどちょいと待った。ガンダムって時代ごとに描くひとがちがうやん。...