OPUS 星歌の響き

ゲーム関係

台湾産ADV「OPUS 写心吾山(仮題)」発表~OPUS-IP第四作目

台湾のインディーゲームデヴェロッパSIGONOが2023/1/6にOPUSシリーズ最新作「OPUS 写心吾山(仮題)」を発表した。OPUSシリーズとしては、第一作「OPUS 地球計画」・第二作「OPUS 魂の架け橋」・第三作「OPUS 星歌の響き」に続く、IPの第四作目となる。4Gamer.netやAUTOMATONが報じている。これらの報道によれば、第四作「OPUS 写真吾山」は、主人公が写真撮影を通じて、迷い込んだ世界の謎を解き明かし、元いた世界に戻る術を見つけるADVタイトルになるという。マルチエンディングシステムを採用しており、一本道のADVになるわけではないとも。なお、IPの過去作との関連性は不明。 SIGONOは投稿されたYouTubeティザーサイトで、関連Twitterアカウントへのフォローを、また既に作られているSteam配信ページでのウィッシュリスト入りを、それぞれ促している。既に当該YouTubeディザーサイトでは新作に期待を寄せる※が複数寄せられている。Twitterアカウントから辿ることのできる、SIGONOのHP上では、リクルート・プレス募集・...
二次創作ブツ

ゲーム「OPUS 星歌の響き」再涙シーン振り返り

『学名:エイダ・ラム』 『品種名:魂芳花(こんぽうか)』 『原産地:鉱業連合アリアナン』 紅楼は退役後、お師匠の手によって改造され、今の形になったの. お師匠は草花の種々を大切に保存しててね. いつか星々を回って、花で商売をしようって. それがお師匠と私の、私たちの夢だった... いつの日か紅楼が山塊を離れたら、故郷に来ない? 私たちの故郷に. 私たちの故郷... そこはね. 一年を通して四季があって... ” いつも花が咲き乱れているの (There Are Always In Full Bloom) ... ” ※画像:どぴかす氏(線画修正・彩色をご担当)との合作・ゲーム「OPUS 星歌の響き」より引用. ☞拙著:日本語レビュー ☞ご購入はSteamで
ゲーム関係

【涙腺崩壊】なぜ「OPUS 星歌の響き」を数多のゲーマがプレイするべきか?

記事の要約:ゲーム「OPUS 星歌の響き」はテーマ性・うまいこと取り込んだACT性・さらに、音響性の三点の、それぞれどれもが絶賛されるべき出来である。多くの人がプレイ後、感動するだろう。多くのゲーマに、ゲームのあるべき形を別な側面から提示することに成功している。 『見て、リバク。この光って、まるで花が散っていく様じゃない?』 -エイダ 確かにSIGONOによる最新作「OPUS 星歌の響き -Full Bloom Edition-」は素晴らしい出来のADVです。皆が絶賛するように、ここ数年のADVタイトルの中で最も魅力的で、最も儚く、最も小奇麗で美しいタイトルです。なぜそうなのか?ということをネタバレなしで書こうと思いました次第です。 ADVとして優れたテーマ性を持つ点・矛盾や齟齬の少ない点 宇宙探索というSF的なアイデア・宇宙に抱く虚無で雄大な心を、個人個人の心量の動機づけでごく自然体に描きあげている。ふつーSFとファンタジーとかってあんまり...こう...合わないじゃないっすか。でもキャラクターを3Dで書いたり、服装とか背後にある世界設定を...