バイオ

バイオSS

バイオハザード RE:2 SS「第四の生存者」

合衆国の静寂の街Racoonにて... いつもそうだ。あいつが帰ってくるときはいつでもあいつひとりだけだ。 発煙筒を焚いて建屋屋上にて待つ、ガスマスクをつけたジャケット姿の男。ショットガンを小脇に抱えた孤独に佇むその男を見て、ヘリを操縦するUmbrellaのαチーム救援航空部隊の操縦士は思う。 その男”だけ”は生き残る。いつでもだ。 仲間を無理に助けることなく、一人淡々と仕事をこなして来る。どんなに困難で無理無謀なオペだってこなしてひとりで帰ってくる。名を明かすことない、Umbrellaの直属の伝説部隊の隊長。あいつのことを俺らは”Grim Reaper”と呼ぶ。「死神」のことだ。 Operation Racoon...ここでの生還もあの死神に課せられたひとつの任務に過ぎない。ヘリのOperatorは正確な操縦をこなし「死神」を機内へ迎い入れた。 「またあんたか...HUNK、死神の名は建前じゃないな」 ”死神は死を未だ知らず” 今、ReaperのRacoonでの任務は、閑静な街に鮮烈な禍根を残して去ろうとしていた... ※画...
バイオSS

バイオハザード RE:2 SS「背後・そして少女とその父の婚約指輪」

「あなたもゾンビ?」 少女は一人の女性に呼びかけるとその女性は答えた。 「私は人間よ。安心して。」 「ほんとに?そういうのがうじゃうじゃいるの...」 「本当に本当よ、ご両親は?」 ひとことふたことのやり取りのあと、少女は質問に答える。「あたしの両親はUmbrellaの科学者よ。お母さんはお父さんを探しに行ったの…」女性―Claireという名の―強い瞳をした女性はさらに続ける。「大丈夫、私が守ってあげるから。お父さんはどこにいるの?」 Outbreakの後わからないことがあまりにも多すぎる。そのようにClaireは思うと、かの少女の次のか細い声を聞いてハッとした。「パパはね...もういないの...」Claireが”そのこと”に気がついた後、何か心の深部で動く、元来人間だったあるものに対する疑念が生じた。人間でもないが、怪物でもないもの。その”もの”はつぶやくとClaireの背後に迫ってきた。 「SHERRY...」心の闇から発せられたうめき声の音。直後、Claire Redfieldの後ろから、まだ原形をとどめている薬指の部分に確かに指輪...
カプコン

「バイオハザード ヴィレッジ」~『イーサン待望説』を裏付ける可能性あるDLC「ウィンターズ・エクスパンション」発売へ【ネタバレ解説有】

DLC「ウィンターズ・エクスパンション」の発売は、カプコンにとってもゲームプレイヤーにとってもWin-Winの関係を構築するものだ. 素晴らしいシリーズ展開の手法だと俺は思う. イーサンの”実存” イーサンの”実存”とは、ゲーム「バイオハザード」シリーズにおけるイーサン・ウィンターズ最後の舞台となったシリーズ最新作「バイオハザード ヴィレッジ」におけるエンディングシーンに隠し伏せられていたもののこと。「バイオハザード ヴィレッジ」というゲームは、そのラストシーンでイーサンから助け出されたイーサン自身の娘ローズが少女に育ち対テロ部隊の一員になっていることが示唆され終わるのだが、そのラストシーン最終盤でイーサンがローズの乗る車と相対して歩きながら近づいてくるのだ。 ※参考リンク:【ネタバレ注意】EDに映るあの人物を視点変更で確認したら予想外の人だった【ホラーゲーム 実況】バイオハザードヴィレッジ BIOHAZARD VILLAGE バイオ8 - YouTube 『イーサン待望説』 このつべ動画は(おそらくMODのようなものを駆使してだろうが...)そ...
カプコン

ここがダメだよ、バイオ4【RE:4発売日決定記念】

バイオRE:4の発売日が決まった。2023年3月24月には『死を逸(かわ)し、倒す快感』を楽しめるだろう。さておき、なぜ、バイオ4はここまで絶賛されがちなのだろうか?レセプションの解説をしてみよう。 ここが良(イ)んだよ、バイオ4 まず、第一に挙げられる点がシリーズ通じてシステムの大改変(フルモデルチェンジ)が行われたことだろう。これがバイオ4が功を奏した第一の理由だ、という。最大の特徴は誰もが認める通り、TPS気味のビハインドカメラというカメラシステムを採用したことだ。これは正統派TPSから若干ずれた形のカメラワークを主としており、システム全体に良好なデザインワーク上の影響を及ぼしている、と言われることが多い。かの傑作「Gears of War」もこのバイオ4に多大な影響を受けている、とゲーム評論Wikiには記載がある(ゲームカタログWiki~名作からクソゲーまで~)。本来、FPSだったGearsがTPSになり世界を代表する3DシューティングIPに成り遂げたのには、本作バイオ4という、ゲームの歴史のうちでも特筆すべき転換点があった、というのだ。いわば、バイオ4は...
カプコン

「バイオハザード」シリーズにスターシステムは必要なのか?【オンラインPvPタイトル「バイオハザード RE:バース」にかかる懸念】

シリーズが一貫して描き続けてきた、本当の恐怖・ホラー、そしてその中に頑としてある、人間に託された『希望』とは何だったのか?せっかくシリーズが巻き返しし始め、伝統を新しい形で復活させることに成功しつつある今だからこそ、カプコンさんにはもう一度再考してほしいと真に願う。~本文より カプコンの人気ゲームシリーズ、「バイオハザード」シリーズの最新作「バイオハザード ヴィレッジ」の購入者特典として、オンラインPvPタイトルである「バイオハザード RE:バース」が付属するという。公式サイト左下にはバイオシリーズ25周年記念の碑をかたどった紋章が表示されており、カプコンとしてはちょうどシリーズ25年目となる節目に彼らなりの”新しいスタンス”を示すため、この完全オンラインタイトルをリリースするようだ。既にクローズドβが実施されており、プレイしたというファンも多いだろう。だが、懸念がないはずがない。 まず一点目に、シングルプレイを貫いてきた「バイオハザード」シリーズのスピンオフとしてオンライン専用タイトルをリリースする必要があるのか?という根本的な疑問が挙がるだろう。もともと、このシリーズ...