統計と推論 | ゲヲログ2.0

統計と推論一覧

にじさんじ総本山ANYCOLOR上場から一週間内での時価総額推移を観察する

※本記事は、YouTubeライバー支援および開発を主業にしている、にじさんじ運営・総本山ANYCOLOR社(ANYCOLOR Inc.)の6/9からの上場後一週間での時価総額推移を表・グラフにまとめてみて各種メディア報道との内容の比較考察を行う...という企画記事です。 プロの投機家のかたからは杜撰に見えるだろうけど、どうか寛大な目で見てね(^_-)-☆ 【ANYCOLOR時価総額推...

記事を読む

Steamで日本語対応タイトルはすべてのゲームタイトルのうち何パーセント程度存在するのか?

タイトルの通り「Steamで日本語対応タイトルはすべてのゲームタイトルのうち何パーセント程度存在するのか?」を検証する。いかんせん、Steamはユーザベースの言語使用状況などはうまく発表されているものの、タイトルごとにいくつの言語に対応しているかの比率(ratio)を公開したものはあまり見て取れない。だが、簡単にこの検証は可能である。そう、検索機能を用いればよいのだ! これは、電ファミニコ...

記事を読む

Steamにおける格闘ゲームの初動がその後のユーザ数確保に重要なことを回帰分析及び相関分析で検証する【改訂版】

イントロダクション 当然、初動プレイヤー数が多ければこの後もプレイヤー数の確保に成功する...とみられるが、そのファクトを、格闘ゲームを題材にとって、回帰分析と相関分析で検証してみよう。特にPSネットワークや任天堂ネットワークを使っても、APIが公開されていないからみで、プレイユーザ数の推移を把握することは実に困難を極める。よって、Steamプラットフォームをベースに検証する。 メ...

記事を読む

ここ15年でMSの時価総額はどれぐらい伸びたのか?

時価総額の計算は簡単で、掛け算ができれば誰でも計算できる。今、 時価総額 = 株式単価 × 発行済株式数 という方程式が成立する。MSがXbox20周年記念ということで注目を浴びているので、これを例にとってみよう。 ここでは、年単位で発行済株式数が出算されていたので(YCHARTS)、通常、市場終株単価を利用するところを、大まかに幅をとって年単位での株単価をとり(MacroTr...

記事を読む

「BattleField」vs「Call of Duty」【シリーズ売り上げ解析編】

BFのデータもCoDのデータも一元化したところからのほうがいい比較になると思ったので、Video Game Sales Wikiからデータを借用した(Video Game Sales Wiki )。このグラフを見る前に注意しておきたいのは、三点ある。 ・BFとCoDとでシリーズ違いを色分けで判断していること。これが第一の注意点。 ・次に、ふたつのシリーズ種ごとに上に行くほど最新作...

記事を読む

Steamで販売されるゲームタイトルのロイヤリティは何%が妥当か?【調査】

Find more statistics at Statista この調査はGCDの参加者4000件について行われたものであり、上記グラフはその結果の割合比率をまとめたものだ。この種の調査は毎年開催されるGCDの参加者について、例年行われており、2019年の統計もGamesIndustry.bizにてまとめられている(GamesIndustry.biz)。まず、2021年の調査結果をみて...

記事を読む

Steamでリリースされてきたゲームタイトル本数の年推移についての調査

Find more statistics at Statista Statistaにこうあるが、かなり興味深い推移を取っている。わかったことを簡潔にまとめよう。 ・2004年リリースされたタイトル本数は7本に過ぎない ・おそらくValve謹製のゲームが主だったころだろう ・当時は他社製品ゲーム配信プラットフォームとしてはあまり機能していなかったと思われる ・翌20...

記事を読む

ウイイレvsFIFA 世界市場での売上推移グラフ(~2019改訂最新版)

ここを参考にして作ってみました。前のファメの企画記事と同じように”それなり”だけれども信用できる値なようです。おそらく、VGChartzを情報元としたSports Kingのページで示されているものと同じ値なんですけど... FIFAはやっぱ強いですね~。でも、これだけのデータ示されても売上面で ・2009年以降FIFAがPESの追随を許していない ・同じく20...

記事を読む

2016年~2020年までの四半期ベースで全世界Nintendo Switchの売上を観察する

別のアナリストのかたがまとめたものですが、ご紹介します。 PSの記事と比較してみると面白いと思います。左軸に対応する青がSwitch、同じく左軸に対応するオレンジがSwitch Lite、そして右軸に対応する灰色が累計出荷台数ということですね。公式サイトをみるとわかりますが、任天堂社はSwitchと単に呼称したとき、それはLiteも含む定義なようです。若干このツイートをしたアナリストのかた...

記事を読む