ゲーム関係 | ページ 6 | ゲヲログ2.0

ゲーム関係一覧

Radeonドライバインスコ時に”205 Error”でインストールが差し戻されるときの対処方法

目次(クリックすると各項目にジャンプ)DDUを使ってドライバ情報をクリーンにするWindows Update機能をこなすシステムの復元ポイントを無効化するsysdm.cplの設定を変更する ☞DDUを使ってドライバ情報をクリーンにする これについては解説記事が他サイトのほうが充実しているので一任させていただきます。 ※一番わかりやすかった外部リンク記事: ☞Windows...

記事を読む

Steamと親和性の高いランチャーは「Orchis」で決まりだ!

というわけで俺の久々の投稿。『Steamと親和性の高いランチャーは「Orchis」で決まりだ!』 ☞導入方法 インスコは超簡単です。Zipではないけど、テキトーにいれてくらさい。 窓の杜やVectorからDLできるほか、Go Kuroda氏によって仮構築されている公式サイトからもDLできます。なんと最新版はしっかりとWin10対応。ありが...

記事を読む

【連載:ローグライト探訪記】「Abandoned Archive」~お手軽魔法使いの深イイ話

ゲーム「Abandoned Archive」、あたかも『お手軽魔法使いの深イイ話』を実現した、シンプレストローグライトといえるタイトル。感覚としては「The Void Rains Upon Her Heart」をローグライトにシステムオーバーホールしたような、無限に遊べる中毒性の高い”単純な”タイトルといった感触。ちょっと解説しよっか。 ・基本操作 基本の基本...

記事を読む

【連載:ローグライト探訪記】50ぐらいローグライトをプレイしてきたハードコアローグライト廃人のあたしが、Amplitude StudiosのTD系ローグライト「Endless Dungeon」に期待を寄せる3の理由

ガッツリとこれまでゲーム買ってきたSteamerならば、有名なdevであるAmplitude Studiosの「Endless」シリーズと聞いただけで、記憶に新しい傑作ばかりが思いつくことだろう。無論、Steam歴10余年のあたしにとってもそうだ。直近・next comingが「Endless Dungeon」というローグライトタイトル。じゃあなぜ、コイツに期待できるのか? ...

記事を読む

【Steamゲームレビュー】「Young Souls」~単なるソウルライクにとどまらず工夫趣向に富んだオリジナリティのあるベルトスクロールACTゲーム

今日リリースされたゲーム「Young Souls」のレビュー。どうも、肝心な根幹の部分はすごく他のメディアが解説してくれているので、はしょって自分の感じれたところをレビューする。 Winストア版はなぜか現状”日本語サポートがない”と表記されているが、起動すりゃわかる通り、日本語ローカライズに『バリバリ対応しています』(w)。☟ごらんのとおり、敵キャラの発言に至るまでしっかり...

記事を読む

【Steamゲームレビュー】「ANNO: Mutationem アノー:ミューテーショネム」~SFACTADVの傑作

ゲームの紹介 ひとことで表すのであれば、本作「ANNO」はすさまじいゲームだ。あたしはデモ版だけで感動した。主人公アン(Ann)がエージェントとしてハッキングやバトルスーツを駆使して、この巨大SF都市に潜む不正企業・地下活動団体・生物兵器などに立ち向かうというゲーム。デモ版をプレイしたトコでは詳しいところまではツッコめず、これぐらいしかストーリーは追えない。物語の導入部分で、主人公...

記事を読む

WB Games新作「ゴッサム・ナイツ」~事実上の「バットマン」シリーズの後継作、2022年10月リリースへ

もともと、ゲーム「バットマン」シリーズは全編通じて、傑作との評価を受けることが多かった。大概のキャラクターヒーローもののデジタルゲーム版がクズとの評価を受けがちなように、WB Gamesの作るゲームも、そうであるかのように思えるだろう。だが、WB Gamesによるゲーム「バットマン」シリーズはそうではなかった。 キャラ立ちしつつも、ビークルの操作をはじめとしてマップを自由に行き来で...

記事を読む

OMOCAT、英語圏版ホロライブとのコラボ作「OMOCAT x hololive English」再販へ

昨年、12月、ゲーム「OMORI」の製作者名でありその展開ブランド名でもあるOMOCATが、英語圏VTuberグループhololive Englishとコラボレーションアパレルブランドを展開・販売開始していたことは記憶に新しい。PR TIMESは、かつて、次のようにこの”動向”を伝えていた。 英語圏VTuberグループ「ホロライブEnglish」1stジェネレーションである「hololiv...

記事を読む

『社会化』するゲーム

たしかに今回ageられた澤田記者によるゲムスパの記事は良い記事だ。澤田記者も同記事内で言うように、ゲームの発展の方法論として『社会化』という概念はあって良い。”ゲームはゲームだけで完結することがない”というニュアンスはNFTの導入議論も含め、しっかと討論すべきテーマだとあたしは思う。つまり、”ゲームがゲームだけで完結することなく”、我々人間社会の種々の”外縁”にある、あらゆるメメントとコネクトす...

記事を読む