ローグライトRPG「Star Renegades」『戦闘システム解説編』 | ゲヲログ2.0

ローグライトRPG「Star Renegades」『戦闘システム解説編』

このIGNの動画でプレイされているように、タイムライン(60sで構成)に沿って行動の順番が決まるのが「Star Renegades」の戦闘システムの重要なところらしい。一人目、攻撃を当てれば、その攻撃に設定された分、敵はタイムラインの下位に落ちることとなり、その対象の行動が遅くなるのだ。ここで、チェーン(連続した攻撃)の意味が出てくる。例えば、一人目が敵を攻撃したとする。その結果、その敵が行動のタイムライン上、仲間二人目の予約攻撃分より下位に落ちれば、当然二人目の攻撃がその間に実行・入力される…というわけだ。

Defend CRIT Stagger Breakの概念のうち、抑えておくべき重要な概念はCRITStaggerだろう。CRITは敵より早く行動したときに出る効果で攻撃力が強まる、いわゆるクリティカルだ。Staggerは敵への攻撃に伴い起こり、ひるみ・遅延をその対象に引き起こし、さらにその対象の行動をタイムラインの遅い方向へ押し返す効果がある。ただし敵には、Stagger Limitが設定されており、これ以上の回数をStaggerの対象にはできない(Stagger Limitが0になったとき、さらにStaggerの対象にはできない)。そのターンの敵の攻撃を無きものにするBreakは、現在のタイムラインを次のラウンドの領域にまで敵の予約行動を押し返すことで起こる(ただし、押し返せて次のラウンドの最後尾までである)。次にヒットポイントの各種数値に関して解説する。

Shields Health Armorが体力の基礎となる概念だ。基本的にこの数値は次の順で削られる。

Shields Armor Health

Shieldsは戦いが終わると自動的に回復するが、そのほかの二つはそうはいかない。ArmorおよびHealthCampingするか、マップ上の特定の補給地点に行けばそれぞれ回復させることができるようになっている。ちなみにCampingは後述のComboの構築に関係してくる。

Core Damage Typesは敵の弱点を突くために設定された、各種攻撃の属性と考えてもらって構わない。Light Normal Heavy Flurry AoE Counter Comboがある。もちろん、敵によっては耐性もあるので慎重に弱点属性を選択するべきだ。そのためにInspection Modeが存在する。このツールによって、敵の弱点と耐性を観察することができる。また、Kill Shotsによって敵が倒せるか予測判断ができる(ただし、ダメージの予測は総じてあくまで目安であり、必ずしも攻撃した結果、予測のとおりの結果をひきおこすわけではない)。

敵のHPを削る重要な概念としてArmorを貫通してHealthに攻撃を加えることのできる、Pierceの概念もある。また、FuryComboを予約行動するために必要なゲージである。戦闘一回につき、どのComboも一回しか発動できないが、極めて強力な与ダメージ力を持つ。

Source: IGN