管理人:綾野純 副管理人:fame(ファメルス)ご連絡は渉外課まで⇒ Tweet to @metta2tubuyak71 Tweet to @hanbun_bot
【期待できるゲーム特集】「Dandy Ace」Hadesライクなカードコンボゲー

【期待できるゲーム特集】「Dandy Ace」Hadesライクなカードコンボゲー

確かに、本作には面白い試みが盛られている。『スキルに自由度を大きく与えた』という点で、斬新さを失っていない。オープンデモを若干プレイしたうえで抱いた感想は大概これだけだ。だが、そこそれこそが彩り豊か…である。というのも「Hades」やその他のゲームの場合、やはりスキルアクションはボタンに割り振られただけで、発動したらワンボタンに付きワンパターンの攻撃が基礎システムになってることが多い。スキルボタンにカード系コンボを…思いつきそうで思い起こせなかった、地味なこの点を拡張したのが本作「Dancy Ace」の興味深いところである。

ちょっと概要だけじゃわからんだろうから、解説をばする。例えば、「Hades」や「Risk of Rain」などローグライトを標榜する他のゲームでは、攻撃詠唱コマンドを特定のACTボタンに割り振ることができる。これらのゲームでも、サブスキルとして得た能力でこういった詠唱攻撃コマンドを”強化することはできた”。だが、この詠唱攻撃のコマンド自体に紐づける、追加第二詠唱スキルとしてのコンボを割り振るような(つまり”第二アクションコマンドを、はじめの詠唱攻撃と同じボタンにコンボ的に、追加付与する”)ことはなかなかありえなかった。具体性のあるカード構築を、攻撃ボタンに拡張スロットのように次々と割り振ることで、1000を超えるコンボ能力の多彩さを開拓をしたのがこのゲーム最大の特徴だ。

はっきり言ってこの点はすごく斬新、あと残った部分はほぼほぼ「Hades」と同じなんだが…

あえて苦言を呈すれば、グラフィックデザインで「Hades」に大きく劣るといわざるを無いだろう。というのもゲームプレイしていく中で視覚的に入るグラフィック、これが全体的にピエロチックで、魔法の世界を設定しているだけに、色使いが派手・画面が見にくい…というレビューが、25日リリース直後にでも今後間違いなくつくだろう。あとなんつっても、立ち絵がダサいw、せっかくキャラ立ってる主人公もところどころ見受けられる立ち絵のダサさのせいで、ずいぶん見劣りしている。カード構築デッキゲームの新機軸を切り開くべくして開発されたであろう新しいローグライトなんだから、この辺りの純粋なグラフィックデザイン面で、あまさが残っているのは気になる。とはいえリリースはまだだし、本編リリース後果たしてどういった評価が付くかはちょっとプレイしただけではわからなかった。

ストーリーとしては、鏡の中に閉じ込められた魔法使いがカードアクションを駆使し、呪われたこの鏡から脱出する…というもの。発想・着眼点はすばらしいだけに、ゲームグラフィックスの面で見劣りしてしまうのはやはり大きい。NEOWIZはこれを許容範囲ととらえたのだろうか?ちょっとココは理解できませんねぇ…

※アイキャッチ画像:Steamページより