管理人:綾野純 副管理人:ファメルス ご連絡は渉外課まで
【ドン引き】与党の現職議員、国会で衝撃の『アジアンビューティー発言』【驕り】

【ドン引き】与党の現職議員、国会で衝撃の『アジアンビューティー発言』【驕り】

まだ、議事録が出ていないので一時ソースには当たれないが、どうやら複数のメディアが報じているので、間違いはないのだろう。国会は自賛の場でも容姿を評する場でもない。国会をエンターテイメント会場とはき違えているのは与党も野党も同じではないだろうか?かつて池田信夫氏は山本太郎議員(当時)の質疑を評してこのように言った。

「国会はお笑い芸人のステージじゃない。泡沫政党は黙ってろ。」

(山本氏のミサイル防衛・軍事関係の質疑に関して)

国会にお笑い芸人はいらない – アゴラより

このケースだと、山本氏はまぁ合理的なことを言っているといえないこともない。例えば、今現在、あたしの手元にある、この分野の唯一の定本ともいえるであろう「マレー原子力学入門」を読むと、ミサイルによるテロが既存の原発に向いたらどう対応するか?という定義はあっていいとされている(特定の軍事的状況下という条件付きの話なので山本氏があながち間違っているとは一方的には言えない)。

だが、今回の鬼木某の質疑のレベルは山本氏のさらにさらにさらに下をいく発言に過ぎない。もう二度と自民にも立憲にも票をくれてやらん。最後に、もう一度二度だけ繰り返そう。

国会はエンターテイメント会場じゃない。かつて民主党が選挙で勝ち、自民党が下野した要因を徹底的に分析したんじゃなかったのか?これが与党の質疑対応の資格を持つ有力議員なの?この期に及んで、まだ余裕があるんだね。あたしは自民も民主も嫌いだが、それ以前の問題として、この議員のコト、大嫌いになりました。

『国会は おまえらのための エンターテイメント会場じゃ ないんだよ』

あ、ポスターのこともね☆