【SNK&TiMi Studios始動!ライバルはガチョウの英雄?】「Metal Slug」シリーズ復活作「METAL SLUG CODE:J(仮称)」リリースへ | ゲヲログ2.0

【SNK&TiMi Studios始動!ライバルはガチョウの英雄?】「Metal Slug」シリーズ復活作「METAL SLUG CODE:J(仮称)」リリースへ

『2D横スクロール式ACTシューティングゲームの名作「メタルスラッグ」シリーズ・カムバック!』SNKがテンセントグループの開発会社TiMi Studiosと組んで、”由緒ある”シリーズ新作を制作するという。かの傑作攻殻戦車シューとして名高い”メタスラ”がとうとう現代版となり復刻するのだ!

既出情報はまだ少ないが、スマホ向けに最適化され、開発されるという本作”Code:J”は、どうやら3Dグラフィックスのゲームになるという。3Dとはいっても表示グラフィックスがそうなるだけで”横スクロールACTシューティング”という原作の基盤システムは堅持。トレイラーを見る限りでは、懸念すべき”妙なソシャゲ”の類ではないようで、それだけに、この情報にコアゲーマ・メタスラファンは狂喜乱舞だッ!

新しいギミック、凍結アクションや本拠地ベースのシステムなども実装されるようだが、原作に対して忠実な雰囲気。全体的に原作へのリスペクトを忘れない、コンパクトにまとまった印象を受けるゲームトレイラーに仕上がっている。SNKとしては、テンセントのゲーム部門と組んだのが功を奏するか?ここ最近、”寂しかったエンターテインメントメーカ”だけに、格ゲー”サムスピ”リブートに続き、興味深いゲームニュースの話題のタネといえるのではないか。

「メタルスラッグ」はシリーズ全編通じ、現代から見ても依然として、そのクオリティの高さで知られる、傑作アクションシューティングの境地を極めた作品。神がかったドット絵・システムの単純さ/明快さと、チャレンジャブルな難易度を両立させた、言わずと知れた良ゲーシリーズだ。攻殻戦車に乗り相手をバッタバッタと”刈り込んでいく”個性的なシステムも名高い。ただ、まだ情報が少ないため、今後このタイトルについては追っていきたいところだが…

ちなみにちなみにの情報で言っておくと、ニュアンスとして似ているゲーム「Mighty Goose」というものも別会社からリリースが予定されている。”横スクロール式ACTシューティング”というジャンルでもまた、注目すべきタイトルが複数上がってきた!

本物のサバイバリストはマルコ?それともガチョウの英雄?

”ガチョウ様”のほうは有料でパトロンを募集していたのでパトロっておいた。あたしとしては両方楽しみたい気分じゃ!

※アイキャッチ画像は、Amazonより引用させていただきました。