ダクソ系3Dアクションゲームを2Dに落とし込む難しさ「There Is No Light」にかかる期待 | ゲヲログ2.0

ダクソ系3Dアクションゲームを2Dに落とし込む難しさ「There Is No Light」にかかる期待

ダークソウル系の剣戟ゲームを2Dに落とし込む試みはいくたも見られている。

その試みはインディー系でも多く見られ、例えば、Steamでいえば代表的なものとして「Dead Cells」 「Salt and Sanctuary」 「Blasphemous」などが挙げられるだろう。ただ、そのうちのどれもが、3Dの世界のアクション性を2Dの世界に落とし込むことにはあまり成功できていないように、あたしはファメと同じく感じる。むしろ、3Dも含めたダクソ系で唯一工夫があるのは「Ashen」ぐらいで、これは『ボスを倒せば倒すほど固有能力が弱くなる要素』を持ち込んだという点で特異性があるものだ。

だが、ダクソの魅力はあくまで絶妙な剣戟のバランスアクションシステムとでもいうべきものであり、2Dアクションにこれを工夫して作りこむことはとてつもなく難しいことであることには、いささかの疑いの余地もない。例を挙げよう。

「Dead Cells」では、たしかにダクソ並みにボス強く、ステージバランスも一見いいように見映える。その点は、ちょっと粗目のグラフィックデザインである「Salt and Sanctuary」でも同じで、たしかに、一見2D版ダクソの代表格とも思える…のだが、実際のところ、能力のインフレのみに頼った、機動性があまりない単純な直線的アクションになっちゃっているってのが事実やと、あたしらは思ってる。

本家のダクソはルートをたどり、絶妙な3Dの世界観の中で描かれた、それでいて機動性ある直線的なプレイのみによらない、いわば『複合システムアクション』とでもいうような機能性がゲームに表れているのが最大の魅力だ。確かに、ストーリーラインも素晴らしいが、あくまでダクソの最強である点はそのアクションシステム性なんである。前述の例を挙げるが「Blasphemous」はその点で直線的すぎる。やはり2Dは2Dのゲームなんだろうか?3Dのアイデアをうまい具合に料理し、2Dに落とし込むことは難しいのだろうか?ここまで話を引っ張っておいて何を言うか!と感じられたかもしれんけど、あたしは”そうは思わない”。

その解となっているのゲームが冒頭の動画で挙げた「There Is No Light」だろう。

このゲームの優れているところは、ダクソの剣戟性・アクションシステム性を、今までになかったような、ボタンの配置設定によりうまくそれを再表現している点だ。例えば、ダクソやセキローで見えた、『とどめを刺す』強い攻撃は、相手の体幹(正確に言えば、本作では”Rage”という概念)を削ることで可能になる…が、まぁこれだけでは、ぶっちゃけ、セキローのパクリ要素なんでだめだろうねw だが、本作はそれだけじゃない。

例えば、攻撃ボタンを押す、ドッジを行う、体幹を削ってとどめを刺す以外にも、いくらかの攻撃系オプションを、ボタンの組み合わせだけで示すことにより、そのダクソのシステムを独自解釈したうえ、昇華に成功しているのだ。しつこいようだが、事例をまた挙げよう。言及し忘れたアビリティーが使えるのも従来からの共通点だが、最大の特徴は…

攻撃ボタンの連打と長押しによる強攻撃の使い分け・駆使によって連鎖反応が出ていること、また、体幹を削った後、武器種のアビリティーとの複合により、(相手の攻撃妨害のほかにも)こちらの攻撃コマンド進行にちょっとしたアクセントを用意していることだ。例えば、第一の武器で体幹を削る⇒第二の武器でアビリティーを発動、といったルートや、第二の武器の遠投攻撃⇒第一の武器での複合攻撃など。ここに第三の武器能力が適宜介入することで、さらなる情勢打開のための要素が複合的に組み合わさるのだ。これが”武器攻撃”のゲームであるダクソのオリジナリティを含んだ再現性につながっているようにあたし個人は思えた。2Dに落とし込んだ後、だいたいがはまってしまう罠である、能力のインフレとごり押しだけではない、独自性があるのだ!

あとでかいのはこういったシステムを横スクロールだけで表現したわけではないところだろうか。「Dead Cells」は完全横スクロールアクションだったので、この点で稼働性・いい意味での曖昧さがなくなってしまっていた。本作は、斜め見下ろし方の8方向システムを採用しているので、その点でのメリットをいかしきろうという気概がよく見て取れる。

というわけで、本格的に期待できるのでは?というゲームのデモ版は実はSteamですでにリリースされている。キックスターターでバックしても、アルファ/べータ先行アクセス権を得るには45ドルぐらいかかっちゃうんで、ちょっと慎重に考えたうえで、バッカ―になるかどうか考えてみることをお勧めする。リリースは来年のQ3・キックスターター上では8月以降と表記がされている。

あと、相変わらずこの手のゲームのコンセプトデザインは例のごとく間違いなく『神』だw

(※アイキャッチ画像は、公式ツイッター There Is No Lightさん (@ThereNoLight) / Twitter より引用させていただきました)

<了>