格ゲー初心者にいまさらSkullgirlsを勧める7つの理由(わけ) | ゲヲログ2.0

格ゲー初心者にいまさらSkullgirlsを勧める7つの理由(わけ)

①プレイ人口が安定している(Steam版)

まず、過疎ってないかどうかですが、常時200~300人ぐらいは接続していて、プレイ人口(Steam版)が安定しています。コンソール版は過疎ってますが、Steam版は過疎ってません。

②根強い人気がある

このゲーム強い人気がある。ファンメイドのコスプレとかやるかたおる。やっぱ2D手書きグラの良さ・音楽センスの良さとか単なる格ゲーに留まらない要素が多いです。

③続編が出る(と思われる)

devでひと悶着ありましたが、精神的な続編・後継作は新devの元、確実だと俺は思ってます。さらにスカルガのサポートは本件の問題とは別にしっかりしていくっていう話がついてますから心配なさそうです。

モバイル版『スカルガールズ』を手掛けたHidden Variable Studiosと、『スカルガールズ』のIPを保有するAutumn Gamesは、今回同時退職したLab Zero Gamesのスタッフを全面的にサポートし、Lab Zero GamesやMike Zaimont氏との関係を断ち切ることを発表。今後もモバイル版『スカルガールズ』や『スカルガールズ 2ndアンコール』の新たなコンテンツを提供していくと宣言しています。『スカルガールズ』のLab Zero Gamesで複数スタッフが同時退職―ゲームデザイナーMike Zaimont氏の度重なる不祥事を受け | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト(2020年11月17日閲覧)

というわけで、新キャラ参戦も(本編に)確定なんで、期待ができますね!

④たしかにコンボゲーだがそれだけではない

コンボおぼえればいいんですけど、4000~5000帯の初級~中級コンボをつなげられるようにすればそれなり戦えるようになります。練習して実践する。練習を繰り替えし実践する。そのサイクルが明確、ガード系技術もある程度戦術的にとりまとめてあるので、『コンボゲーだが、初心者向きではないわけではない』というスルメゲーだと思われます(そうでなかったらこれほどの同時接続者数をキープはできてないはず)。

⑤コンボ練習を楽しめると時間泥棒

かなり長いコンボが多いんですけど、練習が苦でなく、コンボ習得が楽しい。練習が楽しいというかたにはかなりお勧めできます。そういう方にとってはスカルガは時間泥棒です。

⑥格ゲーとして(実は…)汎用性がある

最近、いろいろ格ゲーでてるけど、システム面でスカルガのそれを学んでおいて損もない。むしろ、このぐらいのコンボを覚えておくと、最近のほかの格ゲーのコンボは楽勝でしょう。

⑦実は努力と比例して勝ちやすい

けっこう勝ちやすいほうだと思われます。他の格ゲーだとようやっと1勝するまでに50敗とか当たり前ですが、スカルガはある程度の中級コンボを習得しただけで、10戦のうちで1勝ぐらいできるほうです。だから達成感があって、モチベーションを保ちやすいほうです。

ということですが、なんだかんだいって努力が本作にも求められます。スマホ版も出ており、最適化されているようですからぜひどうぞ。いまからスカルガの続編にも注目しておこう。