「EVERSPACE 2」バッカー向けβ配布へ

「EVERSPACE 2」バッカー向けβ配布へ

期待作「EVERSPACE 2」…前作からの続編となるが、そのゲーム内容はかなり”変わってくる”ようだ。

まず、第一にローグライトの要素が削られなくなっているのが最大の特徴だ。シリーズ一作目はローグライトだからこそスマッシュヒットした簡易スペースコンバットシムだったが、2ではこの要素が完全になくなり、むしろ小さめのスペースオペラを感じられる、オープンワールドRPGの様相を呈しているのが、β版からわかる。

このβは、従来から提供されてきたバッカー向けのプロトタイプとはさらに別に、今回用意されたものであり、本作リリースが延期された分、ゲーム内容を一部俯瞰できるように配布されたものであるようだ。ゲームは基本操作といったチュートリアルから始まり、すぐにメインストーリーに移る。どうやら、外敵のエイリアンのような生物に捕縛されるというところから話がスタート。行き当たりばったりの人間の仲間と共闘し、このエイリアンの拘束から脱出する…というのが大まかなプロットなようである。

やってみればわかるが、アイテム要素・育成要素が基盤となっており、オープンワールドの仕組みをうまく利用できているのがわかる。オープンワールドというと「Gears 5」のように典型的な失敗に陥りがちだが、スペースコンバットシムという”絶滅危惧種のスパイス”とストーリー・システムのわかりやすさとがミクスチャされて、本作の場合は”OWの可能性”を感じる一作となっているのがわかる。私は期待は裏切られないと見た。宇宙ものと機器デザインの着眼性、絶妙な操作性に優れどの点を取っても、バランス力が色濃いゲームとなっている。

上手い具合に流行りのローグライトから脱却してきたとみられる「EVERSPACE
2」は2021年1月にリリースされるという。AAAタイトルと比べれば、かなりこじんまりとしたゲームであることは間違いないのだが、普段Steamにふれてきているゲーマーもといスペースコンバットシム好きであればさらに太鼓判を押してプッシュできる一作となることは間違いない。残念ながら、今回βをプレイできるのはバッカーだけである仕様…なようだ。

※追加情報:バッカ―向けが撤廃された模様…ソース:スペースコンバットシム「EVERSPACE 2」,デモ版の配信が本日スタート。早期アクセス開始は2021年1月中旬に変更へ