カテゴリー

ゲーム関係  書評アニメ評  思想と学問  二次創作ブツ  ガジェット類

新着記事

「フロントミッション」1st 2ndリメイク リリース決定記念~シリーズ黄金期を知らない方のためのFM-IPの簡単な復習 | ゲヲログ2.0

「フロントミッション」1st 2ndリメイク リリース決定記念~シリーズ黄金期を知らない方のためのFM-IPの簡単な復習

記事の完成度低かったし、「トライアングルストラテジー」関連の記事消しちゃったんだけど※註、「トライアングルストラテジー」はSteam配信今後あるんだから、FM-IPのSteam配信もあると思うんだがなぁ…

まず、ファーストの復習から行くか…こちらはFM-IPの記念すべき第一作で、まだSFCカセットが12000円とかしたころに出ていた言わずと知れた日本のSRPGを代表する古典的名作。てかストーリーとロボットが主で、ぶっちゃけ戦闘システムはロボ推しが好んでいる程度のものです。戦闘システムはごり押し単騎突撃がかなり有効なタイトルで、バランスはお世辞にもいいとは言えませぬ。ゲーム世代も世代交代が進んで知らぬ方もいると思うので、これ以下はネタバレになっちゃうけどそれでもいい人だけ読んでください。

てかこの堅物のジャンルだとこれが一番評価の高いSRPGです。演出とかキャラの描画の面で絶賛されていて、この群像劇とも言うべきつぶさな小説読む空気感と展開されるドラマチックかつ残酷な側面は、形を変えてとはいえども着実に次作セカンドにも受け継がれていきます。有名な最後のワンシーンは蛇足との意見もあり(そうではないとするひともいるw)。

ということで、セカンドの復習。記念すべきシリーズ第二作は、前作で評判が悪かった部分をしっかり直してきています。まず、ストーリーが骨太なことが特徴、ロボットカスタムにさらなる本格的な攻略性をもたらし、戦闘システムもファーストの時よりも格段に進歩しています。ファーストの時のように単騎突撃は有効に作用しませぬ。戦闘システムにAP(アクティブポイント)を採用していることも特筆すべき点か。これは敵機に囲まれていればいるほど、APの減衰・つまり行動制限がかかるという独自の発想で設計したシステムすね。

ただ、PS時代のハードシステムの処理能力の問題もあり、ロード時間がめっちゃながい(ふつーに処理待ちで1エンカウントにつき2~3分はかかるうえ、戦闘シーンはスキップできない仕様)っていう難点を抱えていることはあまりにも有名。この点さえなければ、かなりの良作となったことに疑いがないでふ。まぁ今回のリメイクでは、このロード時間の問題は強力に解決して来るでしょうけど…。戦闘スキップも搭載されるでしょうね。個人的にはセカンドのほうが好きです(ファーストも好きだけど)。

あとサードはやったことないからわからんwまぁ、トライアングルストラテジーがSwitchでリリースされてから、ようやっとSteamリリースされるようだし、スクエニとしてもマルチなプラットフォーム展開を見据えているようだから、例のごとく、安心して待った方が良いと思います(; ・д・´)

それでも待てねえwってかたには上記のような代替ゲームがそれなりあるのでよろしゅう。


※註そもそもゲヲログでは、完成度の低い記事を上げてから、ブラッシュアップし、さらに総合的に見て完成度の低いままの記事は、掲載からはじき出す(ありていに言うと削除するw)ように設計している。故にチェック体制が甘かったころは品質の低い記事が放置されている可能性が高いです...(; ・д・´)