カテゴリー

ゲーム関係  書評アニメ評  思想と学問  二次創作ブツ  ガジェット類

新着記事

「Call of the Wild: The Angler」~ハンティングシミュレーションゲームデヴェロッパ-釣りシミュという新たなジャンルへ挑戦 | ゲヲログ2.0

「Call of the Wild: The Angler」~ハンティングシミュレーションゲームデヴェロッパ-釣りシミュという新たなジャンルへ挑戦

2022年8月31日、ゲームデヴェロッパExpansive Worldsによる、超本格的釣りシミュレーションゲームが発売される。タイトルは「Call of the Wild: The Angler」というもの。デヴェロッパExpansive Worldsといえば、傑作ハンティングシミュレーションゲーム「theHunter: Call of the Wild」のリリースで有名、本格的なシミュレーションタイトルで広くその名が世界各国で知られているゲームメーカだ。釣りシミュレーションという新しい挑戦は、当の前作「theHunter~」とほぼ同じゲームクリエイターたちによって制作され、販売されるという。

彼らによると、このゲームは、前作「theHunter~」と同じようにオープンワールド式のゲームになるという。広大なマップを徒歩だけでなく、ボート・オフロード車で移動でき、風光明媚な景色を観光できるという。このあたりは、ハンティングシミュレーターと同じ勘所を突いていて、”ゆるやかなプレイ”を標榜するあたり変わりがないようだ。

シミュレーターだけに、ゲーム性とリアル性という矛盾する二極をどうまとめあげるかが気になるところだが、”本格的に”しかも”遊べる”タイトルになるという。水深・水温などの環境要素が、魚のアタリへの影響に加味されるほか、ゲーム設計全体を通じて個々の魚やそもそもの魚種によって挙動が微妙に異なる、という。タックル・ファイトある引きなどの釣りの醍醐味がよく感じられるシステムを採用。また、釣り具の活用のみならず、その収集要素にも焦点を当てており、コンプリ―ションなゲーム性は前作と同じどころかより強化されているという。釣りに焦点を当てているだけに、釣り仲間とのつながりも見て離せない。ソロだけでなく、マルチ環境でも遊びつくせるという。ゲーム内でのオン仲間はいつだって釣り仲間なわけネ。

また、ゲーム買い切りのみならず、長期的なサポートも欠かさない姿勢を貫くことも同メーカから表明されている。コミュニティとの意見交換から、実装されるコンテンツが決まるらしく、Pは今から公式Discord鯖などを通じたフィードバックに念を入れたいところだ。おそらくよりゲームのコンテンツを強化・拡張するDLCもリリースされることだろうと思われる。本体価格は30ドル程度に収まるようだ。日本語対応(インターフェース・字幕)。

では、ここで一句!

( ー`дー´)<白夜まで・釣りに・釣られる・釣り仲間(キリッ)