カテゴリー

ゲーム関係  書評アニメ評  思想と学問  二次創作ブツ  ガジェット類

新着記事

ゲーム「Rift of the NecroDancer」Steamページ公開【クリプトからリフトへ】 | ゲヲログ2.0

ゲーム「Rift of the NecroDancer」Steamページ公開【クリプトからリフトへ】

Rift of the NecroDancer Reveal Trailer

ドイツケルンの地で開催されているgamescom 2022。MS/UBI/THQなどそうそうたるゲームメーカが出展し、ライバルと激しい”鍔迫り合い”を展開しているようだが、あたしがこのコンベで注目しているタイトルは、やはり大方が想定するようにインディーゲーム「Rift of the NecroDancer」である。AUTOMATONが本タイトルについて簡単に伝えている(関連リンク:AUTOMATON)。傑作タイミングローグライト「Crypt of the NecroDancer」とほぼ同じ布陣により、前作のスピンオフとして開発されているという。

ゲームの内容・その深さはまだまだわからない点が多いが、どうやらリフトを題材としたリズム系ゲームとでもいったところか。だが、トレイラー見る限りでは、明らかにリフト系のゲームだけ、それのみありきではない面が含まれており、この点が気になったのでちょっと調べてみた。結果、タイトル「Rift of the NecroDancer」はいくつかのゲームモードの集合体により構成されるようだ。

例えば、三つのゲームモードがある、という。このうち主軸となるのがリフトモードだ。これは動画内で伝えられている部分のメイン部の実装となる(リズムどりでリフト上昇していくゲームモード)。残りの二つは?というと…ミニゲームモードとボスバトルモードがあるという。これはその名が示す通り、ミニゲームとボスバトルという内容だが、どうやら”リズム”を刻んでいくというプレイスキームは同じ点で、太い共通項となっているらしい。

クリプトのころとはうって変わり、ビジュアル的にも優れたタイトルになっていて、なんといっても登場人物に可愛らしさが感じられる。前作は伝統的ローグライトゲーだったゆえ、表現がドット絵主体となり、イラストレーションの細やかさやその存在自体あまり確認できなかった。無論、スピンオフにはスピンオフなりのタイトルに潜む危険性もあるとは思うが、”クリプトからリフトへ”移り変わるそのデヴェロッピングの様相が成功裏に終わることを今から期待したい。

※画像:ゲーム「Rift of the NecroDancer」(Steam)より引用.