カテゴリー

ゲーム関係  書評アニメ評  思想と学問  二次創作ブツ  ガジェット類

新着記事

【連載:ローグライト探訪記】ゲーム「NecroBouncer」~2022Q3リリース、付近のローグライトで最強の一作 | ゲヲログ2.0

【連載:ローグライト探訪記】ゲーム「NecroBouncer」~2022Q3リリース、付近のローグライトで最強の一作

2022Q3リリースの間違いなく注目すべきローグライトだ!

久々にローグライトでアタリを見つけた!個人的にはガンジョン以来最強のローグライトという評価だ。

一見ありがちなローグライトに見えるかもしれないが、本作、実は個性的でゲーム性に優れている。リプレイ性が高いのだ!目を覚ますと、なんぞ暗い倉庫みたいなところにいた緑色の生物が主人公、アンデッドの下辺や魔術を駆使し、この不気味な世界で戦いを繰り広げる…というのがメインのプロットのようだ。

分岐していくルートどりで各ルームをクリアリングしていくことでゲームが進む。

特徴的なのは、近接攻撃とドッジロールといったような2Dローグライトおきまりのオーソドックスなシステムに加えて、魔術でアンデッドのゾンビを召喚したり、波動攻撃を使ったりできる点かな。このような戦闘を構成する各種アクション要素が、ゲーム全体の絶妙なバランスを保つことに貢献している。そこが最大の魅力かもしれぬ。例えば、召喚魔術や波動攻撃を使うにはマナを集めなければならず、このうちスロットにあてがわれた魔術の類を発動するにはクールタイムも必要。あと基本の近接攻撃とドッジロールもタイミングをうまく計って使いこなさんと、いい塩梅で敵を制圧できないようになっている。

例えば、スタチューを特定のエリアまで押しはめることでそのクリアができるちゅー条件付きルームもある。

各ルームをクリアリングしていき、次の分岐ルームに進むことでストーリーと戦闘が進んでいく。ルームには数多の設定が為されてて、クリア要件やステージ構成の把握が効率的な攻略のためには必須である。例えば、スタチューを特定の場所に運ばないと無限に敵が増殖するルーム・不気味なクリスタル構造体をすべて壊さないといけないルームなど、特殊なルーム設計が仕込まれていて、単調にならない工夫が随所にある(チャレンジルームもあるでよ)。各ルームはワンルームで構成されていて、特段大きくスクロールすることなく、クリアリングしていけるのが他のローグライトと違っている点か。そしてそのルームをクリアしていき、最後のルームにBOSSがいる、というワンステージの構成に仕上がっている。製品版では、もっとやりごたえある、こうした構成を持つステージが連なっていくことだろう。

Goldはバーでうまく使いライフ・装備ともに整え効率よくステージを進めるために重要な要素。

途中で、経験値を元としたレベルアップによりアイテムを獲得できたり、バーなどでそれらを購入したりできる。アンロック要素も豊富で、やられるとDayという日付設定が正順に増えていき、リプレイしていくというゲームの流れになっとる。大体Day10ぐらいで最初のかぼちゃのBOSSを倒せるかな?って感じっすね。モブ敵もけっこう多様で、魔弾で遠隔攻撃をしてくる敵もいれば、槍で近接攻撃をしてくる敵もいる。デザインも秀逸でこじんまりとしたドット絵の中に無限の想像力を詰め込んだような印象を受けた。デフォキャラ、はじめのライフは6かな?んでガードライフを増やせたり、上述のバーで集めたGoldを使い補給したりすることができる。ライフリソースのマネジメント力もしっかり問われる仕様だ。

このかぼちゃの頭を持った敵が初ステージのBOSSみたいです。

総じてみるとダンジョンクロウルに近く、それでいてローグライトとして評価しても面白すぎる、興味深い完成度を誇っているタイトルといえる。必要な英語力も中卒程度だし、こんな感動はガンジョン以来。ガチで素晴らしいゲームだ。製品版になるころこれらの各要素がどれぐらい増えるかマジで楽しみ。

ローグライト廃人のあたしにとって間違いなく”買い”のタイトルじゃね!

<イヤッホーウ!相変わらずこの手のローグライト大歓迎!即ウィッシュリスト逝きだッ!

※画像:ゲーム「NecroBouncer」(Steam)より引用.