「バイオハザード RE:4」~変わらんトコ/変わるトコ | ゲヲログ2.0

「バイオハザード RE:4」~変わらんトコ/変わるトコ

「Capcom Showcase」で明かされたバイオRE:4の追加情報について

主として平林Pが伝うるところによると、「バイオハザード RE:4」には次のような特徴があるという。…とはいっても、情報がまだ出てばかり・リメイクとはいえ生まれたてなタイトルであることもあってか、原作と変わらんところ、変わるところがあま~り明確ではない。まず、公開された、変わらんところを追ってみてから、変わるところを追って報じてみる。

※参考リンク:Capcom Showcase | 2022.6.14 – YouTube

変わらんトコ

・ラクーンシティー事件から六年後、ヨーロッパのとある村が舞台に

・RE:2から続いて主人公を務めるレオンは大統領直属のエージェントになっている

・誘拐された大統領令嬢救出の任務にあたるレオンの様子を描く

・視点としてはFPSではなく、原作に忠実に配慮したビハインドビューを採用

変わるトコ

・主人公レオンのキャラクターデザインは若干大人びた感じに

・RE4では生物兵器クリーチャー「ガナード」のデザインが刷新される

・(森林などのシーンを例にとりホラー感を強調する)奥行の感じるマップを表現する

RE:4に望む声/それに答える声

RE:2/RE:3を楽しめればRE:4も楽しめるようになる、とのことで安心して見て取れるかどうかはいまだわからんが、どちらかというと、評判著しくなかったRE:3ではなくRE:2のようなもの…さらには、シリーズファンとしてはRE:2よりもより原作原案により逆らわない形でのRE:4制作を望む声が多いだろう。カプコンとしてもバイオシリーズ最高傑作といわれその誉れ高いナンバリング”4″のリメイクに使う労力・努力・熱意は並々ならないものがあるはず。


なお、重ねて言うが、これらの情報は2022/6/14の「Capcom Showcase」で明かされたもので、その内容が配信されている動画内では、新規コンソールに対応した7/RE:2/RE:3の発表もあった。待ちきれないファンは、この高解像度対応・高クオリティの音声対応させられた、”かつてのバイオ新章”で思う存分遊びつくしてほしいとのこと。

期待かかる「バイオハザード RE:4」は、発売日 2023/3/24となっている。