カテゴリー

ゲーム関係  書評アニメ評  思想と学問  二次創作ブツ  ガジェット類

新着記事

【連載:ローグライト探報記】ゲーム「Chrono Ark」~コンソール展開は”予定されている” | ゲヲログ2.0

【連載:ローグライト探報記】ゲーム「Chrono Ark」~コンソール展開は”予定されている”

記事の要約:IGNの記事によれば、CS展開も予定されている。ただEAが長引いている点は懸念すべき点。一方、CS向けのインタフェース対応をどうすりゃいいかも課題。良ゲーであることには間違いない。

ゲーム「Chrono Ark」のコンソール展開は、IGNの記事によれば、あくまで”予定されている”ことだ、という(IGN)。邦語対応は”既に来ている”ので、あとJK期待できるのはコンソール展開ということになるだろう。ただ、若干気になるのはずいぶんと長い間、同作は早期アクセス状況から脱せていないという点かもしれない。

新コンテンツ「赤い荒野」などが実装され、雪だるま式にコンテンツが膨張している、という現状があるのも気になる。EAの予定は二年間程度・リリースが2019年12月だったことを考慮に入れれば、とっくのとうにEA脱出していてもおかしくはないだろう(Steam)。だが、いまだに本作CAはEA期間中なのだ。正直なとこ、もうそろそろ…EA脱出!してもらってもいい頃だ。

思うに今作ほどコンソール展開が見込める期待作も他にない。あたしもノーマル難易度で王を倒してから一年間ほど放置してあるが、やはり面白いものは面白い。コイントスとカジノのようなカード式のデッキビルド要素を多く含みながらも、多数のルートどり・最適解のありかたを提示しているローグライトゲームは珍しい。さらに、キャラ受けしやすいJRPGよりのデザインで立ち絵やドット絵を描き、敵キャラクターの描画も和ユーザにとって親近感の沸きやすいものがある。システムもJRPGを独自の解釈で描きなおしており、ストーリーも魅力的ときている。これをCS機で展開しない手はないだろう。

唯一、立ちはだかる問題は、ゲームの性質上、選択肢があまりにも多く複雑なので、どのようにコンソールコントローラでインタフェース対応させるか?という点だろう。今、Steamページを見ても、コントロール対応の表記バナーは見受けられない。まぁ、「Stellaris」でさえPS系で配信されている点をみると、それほど難儀なことではないとは思うが、難しい作業であることに変わりはない。柔軟に、スピーディーに、だが正確性をもってしての、CS対応を望みたい。

※画像:ゲーム「Chrono Ark」(Steam)より引用.