カテゴリー

ゲーム関係  書評アニメ評  思想と学問  二次創作ブツ  ガジェット類

新着記事

【連載:ローグライト探報記】期待のインディータイトル「Dome Romantik」~pubにRaw Furyがつき強化作「Dome Keeper」に進展 | ゲヲログ2.0

【連載:ローグライト探報記】期待のインディータイトル「Dome Romantik」~pubにRaw Furyがつき強化作「Dome Keeper」に進展

ハナシの始まり

期待のインディータイトル「Dome Romantik」がパワーアップしてリリースされるようだ。強化作のタイトルは「Dome Keeper」となり、このゲームのパブリッシングにインディー登龍の名門Raw Furyがバックにつくという。この経緯については同タイトルのSteamニュースページにかなり詳しく書いてある(Steam)。この『Dome gets a Publisher』と銘打たれたニュース記事をちょっと引用の上、抄訳してみよう。

引用と抄訳

We’ve got a publisher! And not just any publisher, but one of the best you can get when you want to make great indie games: RAW FURY.

パブリッシングにRaw Furyがついてくれることになった。この会社は開発スタジオとしても敏腕で知られてるよ!

Raw Fury has a ton of fantastic games, which we are very thankful to stand next to in the future. I’m a huge Kingdom fan, starting with the original. Many of you pointed out how Dome reminds them of Kingdom, which is a great sign of how influential it was on me as a Game Designer.

Raw Furyは素晴らしいゲームシリーズをもってるスタジオ。俺も大ファンのKingdomシリーズの販売スタジオでもあるんだ!ゲーム開発において、良い影響も大分受けた。

How it happenedBack in September 2021 we were really polishing basically an expanded game jam version of Dome Romantik. We also had our first playtest over Discord, to prepare entering the Steam Next Fest in October. Two weeks before that, Johan from Raw Fury sent me a little Tweet about maybe having a talk about Dome. I quickly made a pitch deck and sent over the Demo. It seemed to us the whole company took quite the liking to Dome, and so it only took a few days until we agreed we’d want to continue this together. I delayed the Steam Next Fest to be able to do more with it in the future.

コトの経緯をさかのぼると、2021年の9月になる。10月のSteam Next Festに向けて準備をしていたんだけど、その二週間前、Raw FuryのJoanがこのゲームについてTwitterで問い合わせてきたんだ。どうやら先方の担当者としても好印象のゲームに仕上がっていたようだ。かなり頃合い良かったというべきか。

During the talks about publishing, Raw Fury made a huge impression on us, with how they operate. So much so, that i often stopped to wonder “ok, what’s the catch? Is this for real?”. It turned out, no catch and very real. I’ve seen a lot of companies in my IT career, and also talked to a lot of people (lawyers, tax agents, grant people) about Raw Fury, and it’s clear they are an absolute outlier in the best sense. A ton of trust and support is put into us, with no corporate loopholes or exploitation. They take big risks to build a environment where we can really concentrate on making the best game we can. I and the many people i spoke to have never seen something like that. So, we couldn’t be happier with this and feel like we went from zero to indie heaven.

端折って言えば、よーするにRaw Furyは十二分信頼たるスタジオであって、しかもサポートに事欠かないことが多くの法務専門家との相談から明らかになってた。我々一介のインディーデヴェロッパがその世界の神の領域まで称揚することのできるいい機会だ、そう思った。

So, are we still indie developers? The answer for me is a clear “yes we are”. The reason for that is that we still have full creative control over Dome Keeper and it remained our IP. It couldn’t happen that Raw Fury dictates to make 2 or 10 domes, or to switch to a 3D style, or to add micro transactions. They took care to contractually fix it that way (with all their games, actually). Of course we would be stupid not to also rely on their advice, seeing their wealth of experience and success, so we always seek that.

我々はいまだデヴェロッパーと言えるのか?という問いがあるだろう。その答えに自信を持って言える、『イエス』と。開発環境はフルでコントロール下にあり、IPだって我々のものだ。マイクロトランザクションもないし、開発強制力もRaw Furyには一切ない。3Dにする予定もないんだ。彼らの助言はあれども、開発環境は我々の支配下にある。結論から言えばQA面での絶大かつ適切なサポート以外はほとんど自由なんだ。Raw Furyは、我々の成功のためにあらゆる開発販売上のリスクを背負って尽力してくれる力強いスタジオさ。心配いらない。

Dome Keeper – Raw Fury publishes Dome Keeper! – Steamニュースより
引用のうえ抄訳

という風なニュアンス。では、このSteamニュースを箇条書きでまとめてみよう。

マトーメ

・前節のSteamフェスの開催期間ごろRaw Furyのエージェントからコンタクトがあった。

・コンタクト以後、彼らをパブリッシングに据え、完全な掌握圏下で開発に注力できている。

・マイクロトランザクションなどの悪影響はまったくなく、IP所有権も自分たちのものだ。

・Raw Furyはあらゆる開発販売上のリスクを背負って尽力してくれる有力なスタジオだ。

・彼らの助言を耳に挟みながら、建設的な議論ができているから、ファンの心配は必要ない。

読み取れるコト

なぜ「Dome Keeper」にゲーム名が変更になったのか?という点も明らかにされている。これはReddit上のアンケに沿ってなされたものである、というのが真実らしい(Reddit)。

Raw Furyのサポートはインディータイトル開発者の視点にたってなされるもので、確かにグラフィカルな側面への影響・特にQA(品質保証)の面で助言・サポートはあるものの、彼らのドミナンスはありえないと開発者は主張する。むしろさらに良いゲームになる…とのことを強調している。あたしが思ったのは、Raw Furyがついたことで、日本語ローカライズの可能性が出てきたことだ(すでに各国言語のローカライズの助言は入っているというから期待ができる)。これはあまりにでかい要素だ…

開発者としては、サポートを受けながら、以前のようにハードワークをこなさなくてよくなったなどRaw Furyのイイトコドリの支援策に感謝の念を何度も繰り返しているようで、一介のインディータイトルが世界に君臨するタイトルに発展する機会が設けられたようにすら思える。

期待作「Dome Romantik」改め「Dome Keeper」は次節のSteamフェスでデモ版が配布されるという(Steam)。たしかにグラフィカルな面で改善が見受けられ、一粒分のインディータイトルは神ゲーになるポテンシャルを増幅させた印象をうける。期待値は高いよね、Steamerとして。

まぁ、読み取れることをまとめてみると、こうちゅえばこんなもんか…

※画像:Steamより引用