「OMORI」パッケージ版発売決定も同じエディションは国内販売が若干遅れることが判明 | ゲヲログ2.0

「OMORI」パッケージ版発売決定も同じエディションは国内販売が若干遅れることが判明

既に四日前、Nintendo Switch 情報ブログが報じているが、ゲーム「OMORI」のコンソール機向けパッケージ版のリリースが決定的となった(Nintendo Switch 情報ブログ)。対応機種はSwitchおよびPS4となる。

OMOCATが34.99$にてFangamerが34$にて、それぞれ発売を受け付けている。このコンソール機向けパッケージ版の予約商品は2022/6/17までは輸送されないとのこと。Switch版は国内向けには今年春に発売されるとの情報が明らかになっているが、OMOCATやFangamerが伝える通り、発売日はほぼほぼ同定されたといっていいのではないか?

ただ…このコンソール機向けパッケージ版の国内販売が(EU版も含め)この2022/6/17よりも遅れるということはオフィシャルツイートからも明らかになっている。が、それほどシビアにならなくてもイイはず。

おそらく、日本語版もほぼ時同じくして発売に至るだろう。『PORTS & SUPPORT』は「Mighty Goose」「Iconoclasts」などの展開販売を担当している、MP2 Gamesが担っていることが明らかになった(MP2 Games)。