カテゴリー

ゲーム関係  書評アニメ評  思想と学問  二次創作ブツ  ガジェット類

新着記事

【連載:ローグライト探訪記】「Rogue Legacy 2」devによれば、日本語ローカリゼーションは”未定事項” | ゲヲログ2.0

【連載:ローグライト探訪記】「Rogue Legacy 2」devによれば、日本語ローカリゼーションは”未定事項”

既にAUTOMATONなどでその片鱗が報じられているように、期待できるローグライトアクションゲーム「Rogue Legacy 2」の日本語ローカリゼーションは、”未定事項”であるようだ(AUTOMATON)。

この情報は、Steamニュースへの投稿「Road to Release -Update 2」と題されているページの中で公開されているもので、確かに次のようにある(Steam)。

TRANSLATIONS

– As mentioned earlier, translation work is moving full steam ahead with RL2 being translated into 10 different languages. The current list is French, German, Russian, Italian, Spanish (Spain), Brazilian Portuguese, Turkish, Korean, and Chinese Simplified and Traditional. While this is the complete list for version 1.0, we’ll always consider additional languages for the future.

Rogue Legacy 2-Road to Release – Update 2-Steamニュースより

この投稿によれば、同タイトル「Rogue Legacy 2」はとりあえずのところ、フランス語・ドイツ語・ロシア語・イタリア語・スペイン語・ポルトガル語・トルコ語・韓国語・中国語に対応することが決まっている、という。『なんだ、日本語は蚊帳の外か…』と思いきや、『将来的にさらなる追加ローカリゼーションも考えている』との文言もあるので、おそらくその”二次候補”のうちの有力なものが、日本語、と考えてもいいのではないか。同ページによればほかにも、エンディング・最終ボス・ストーリー・追加コンテンツ・最適化・さらなる未定な実装予定についてもふれられている。

ゲーム「Rogue Legacy 2」はSteamにて定価2570円にて、配信中。2022年2月11日現段階で早期アクセスタイトルとなっており、直近のSteamレビューでは、全てのレビューにて”非常に好評(3805件)”・最近のレビューにて”圧倒的に好評(181件)”を達成している(なお、Metascoreにおいても85スコアとグリーンレビューを達成)。

前作、「Rogue Legacy」は公式による日本語ローカリゼーションは残念ながらなかった(日本語化MODは有)。本作はそのIPのナンバリングタイトル”2”ということになるが、ビジュアル面でもシステム面でも、ファーストタイトル”1”を優に凌いでいることは、誰の目からしても明らか。日本語対応・ローカライズに期待して待とう。

※画像:ゲーム「Rogue Legacy 2」より引用.